夏の甲子園2018プロ注目のピッチャーは?吉田輝星以外にも逸材あり?

  • 夏の甲子園2018プロ注目のピッチャーは?吉田輝星以外にも逸材あり? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

いよいよ2018年も8月を迎え、恒例の甲子園が始まりますね。

 

去年は早実の清宮が予選段階から注目されましたが、結局甲子園の土は踏めず、変わって大ブレークしたのが広島代表広陵高校の中村奨成でした。

 

今年は大阪桐蔭が大本命で、プロ注目選手をたくさん擁しています。

 

そんな大会で、プロ注目のピッチャーをまとめてみました。


スポンサーリンク


柿木蓮(かきぎ れん)

 

2018夏の甲子園で、一番テレビに映りそうなのが柿木です。

 

なにせ、「負けたらニュース」になる大阪桐蔭のエースピッチャーなのです。

 

身長181センチ、体重85キロと、すでにプロ並みの体格です。

 

 

低めに決まるストレートにはスピードと高校生離れした威力があります。

 

変化球も、内角、外角によくコントロールされており、試合を作ることのできるピッチャーです。

 

出身は佐賀県なので、一般的な野球留学とは逆の方向、つまり都市から地方という方向ではなく地方から都市というパターンです。

 

まあ大阪桐蔭は全国から選手が集まっているので、地方から大阪へ来ているのは珍しくありません。


横川凱(よこかわ がい)

 

こちらはメジャーサイズの190センチ左腕です。

 

まあ体重が85キロなので、ちょっとガリガリくんって感じです。

 

おそらく、体重が100キロくらいになれば150キロ台の球を投げられると思います。

 

高いリリースポイントから出てくるボールは、かなりの角度を感じます。

 

 

左バッターにとっては非常に打ちにくいピッチャーでしょう。

 

力みのない柔らかく美しいフォームを身につけています。

 

下半身の安定感が無いため、今はコントロールに難がありますが、年齢と共に体重が増えると大ブレークしそうな選手です。

 

出身は滋賀県米原(まいばら)市で、かなり岐阜県に近いところです。

 

もちろん大阪桐蔭へ通学できる距離ではありませんから、柿木と同じく「野球留学」選手といってもいいでしょう。


根尾昂(ねお あきら)

 

おそらく今大会一番の注目選手。

 

ピッチャー、内野手(ショート)、外野手、打者、どれをとっても超一流という「ありえない」選手です。

 

プロのスカウトも当然注目しているわけですが、「打者とピッチャー、どっちが良いが迷う」という贅沢な悩みを与えています。

 

最速148キロのストレートも力がありますが、試合では変化球を中心にした非常に丁寧なピッチングをします。

 


スポンサーリンク


 

甲子園球児としては珍しい、両親が医師という家庭環境にも話題が集中しています。

 

その頭脳は、インタビューなどでのクレバーな返答にも発揮されており、「将来の日本球界を背負う逸材」ともいわれているほどです。

 

出身は、岐阜県北部の飛騨地方で、こちらも地方から大阪桐蔭への野球留学組です。

 

飛騨地方は豪雪地帯ですから、中学までは冬にスキーをしていました。

 

そして中学生の全国大会で優勝するという、これもまたすごい記録をもっていて、本当にネタの宝庫という感じです。

 

優勝したのはアルペンスキーで、つまり旗を左右にクリアしながら高速で滑り降りる競技です。

 

これはとんでもない下半身の力が必要で、現在の彼がバネのある動きができるのは、スキーのおかげもあるのでしょう。

 

私個人としては大学へ進学し、医師免許を持ってプロ野球選手になったら面白いと思います。

 

身長は177センチ、体重は77キロと7づくしです。


吉田輝星(よしだ こうせい)

 

かがやくホシってどんだけスターやねん!というイカした名前の吉田は、高校生としてはスーパーな150キロ右腕です。

 

秋田県の公立高校である、金足農業(かなあしのうぎょう)高校に所属しており、プロの注目を浴びだしたのは高校に入ってからです。

 

このレベルのピッチャーにしては珍しい「中学は地元の軟式野球部」という経歴なので、全国的には無名だったわけです。

 

身長は大型化が進む高校野球選手のなかで、176センチと標準サイズです。

 

 

やはり身長が高く、手の長いピッチャーの方がスピードは出やすいわけで、そういう意味ではこの身長で150キロというのは、素質と努力があってのものでしょう。

 

しかし体重は81キロありますから、非常に重心の安定したピッチングを見せてくれます。

 

また、フィールディングのうまさにも定評があり、緩急をうまくつけて安定したピッチングと合わせて「桑田2世」と呼ぶ人もいます。

 

今回が甲子園初登場となる吉田ですが、全国的に名前を売るのは間違いないでしょう。


 森悠祐(もり ゆうすけ)

 

178センチ、70キロの149キロ右腕。

 

昨年から注目されていた投手ですが、平元銀次郎という大エースと中村奨成というスーパースターの陰に隠れていました。

 

広陵高校からアストムラインとJRで1時間ほどの広島市東区出身で、バリバリの地元っ子です。

 

ストレートの勢いは相手にとって脅威的です。

 

 

スライダーとスローカーブも良いタイミングで際どいコースに投げてきます。

 

勝ち進めば進むほど実力を発揮するタイプのピッチャーといった感じです。


まとめ

 

今大会は、地区予選で消えた注目ピッチャーも多く、大阪桐蔭の3人がやけに目立っています。

 

しかし、吉田や森も高い能力を持ったピッチャーですから、大阪桐蔭と当たった場合、非常におもしろい試合になるでしょう。

 

それでは、熱中症に注意しながら高校野球を楽しみましょう!


スポンサーリンク

 

 

  • 2018 08.03
  • 夏の甲子園2018プロ注目のピッチャーは?吉田輝星以外にも逸材あり? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー