ダイエット大成功!おなかや顔をスッキリさせてプロポーズまで!

  • ダイエット大成功!おなかや顔をスッキリさせてプロポーズまで! はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

4月になり、新しい生活が始まると、人間関係も変わります。そこでは、第一印象がかなり重要です。新しい出会いが良いものになるよう、自分のイメージアップにつとめたいものですね。

さて、第一印象とは何でしょう。髪型、服装、表情などいろいろな要素はありますが、圧倒的に大きい要素は「体型」です。私の地元では「しゅーっとしてていいね」などといいますが、要するに細めだけど、細すぎず、背筋が伸びている感じの人のことをそういいます。

今回は、実際に20キロの減量に成功し、現在はしゅーっとしている私の同僚から聞いた話をもとに、効果的なダイエット方法をまとめてみます。


スポンサーリンク

 


顔がパンパン!

彼女は現在約30歳です。身長は163センチ。体重は現在53キロで誰が見ても、細めです。しかし最高体重は75キロ。このままでは80キロになる!という危機感からダイエットを始めたそうです。当時は、風船のような顔で、顔の面積は半分以上が「ほほ」だったそうです。そして、ほほの肉(脂肪)が下まぶたを押し上げることによって、目が細くなり、さらにほほが脣をも圧迫し、常に口がスネ夫のように尖っているという状態だったようです。


最初の10キロ

そんな彼女が最初におこなったダイエットは、夕食からフライと揚げ物を除去することでした。おかずは野菜を中心としたものを二品とり、あとはごはんと味噌汁というメニューにしたところ、半年で10キロの減量に成功しました。それまでの食習慣は、油濃くて味も濃い、というもので、それが家庭の味だったので何とも思わず食べてきたとのことです。


家庭の味は大敵

ここで1つ言えることは、ダイエットの敵は「家庭の味」ということです。子どもの時から、食べ慣れた食習慣は簡単に変えられません。特に家業の都合で、従業員にまかないご飯を出していた家や、肉体労働をしていたおじいさんがいた家などは、高カロリーのおかずを普段から料理する傾向にあります。


習慣の改善

そういう環境で育った人は、コンビニでお弁当を買うときも、必ず油濃いものを選ぶでしょうし、外食しても、高カロリーのメニューを選択するでしょう。「その人の普通」は、普通ではないということです。習慣は、こわいものです。彼女が、フライや揚げ物をやめただけで10キロ減量できたのは、「食習慣の改善」ができたということです。


さらなる仕打ち

さて、10キロの減量に成功し、喜んでいた彼女ですが、まだ「太め」でした。当時、163センチ、65キロです。絶対に細いとはいえませんね。そして、ある日、医師に「高コレステロール」と宣告されて、さらなる食生活の改善に挑む必要ができました。


脂身の除去

医師に動物性の油を避けるようにと指導された彼女が、次に取り組んだのが、鳥の皮や肉の脂身を除去して食べることでした。さらに、「低カロリー」「低脂肪」と書かれた食材、食品を買うことにも留意したようです。それらは若干高価だったようですが、背に腹は代えられないので、買い続けたようです。


食べるものが無い・・

また、牛乳やチーズも「動物性油」を含んでいると、医師に指摘され、避けることになりました。そうなると、メニューが制限されます。しかし、世の中に食べるものはたくさんあります。食べていたものが食べられなくなると、最初は「食べるものがない」と感じるようです


グルテン制限

ライスを食べ過ぎる傾向があった彼女は、0.8合くらいでいっぱいになるタッパーを大量に買い込み、ご飯やおかずはそれに入れて保存し、常に量を意識できるよう工夫したそうです。それによって、夕食は400から500キロカロリーに押さえていたようです。


安い方を買いたいが・・・

低カロリー食品は割高といっても、ジムに通うよりは確実に安いと言い聞かせて手に取ったようです。確かに30円くらい差があると、よっぽどの理由が無い限り、安い方を買います。しかし、これも購買習慣です。簡単には変えられません。何か、自分を説得する理由を作っておく必要があります。


そしてまた10キロ減量

当時は、立ち仕事で、歩いての移動も多く、消費カロリーも結構あったとのことですが、またまた半年で10キロの減量に成功したのです。そしてめでたく、すらっとした美人になり、実はプロポーズまでされたのです。


スポンサーリンク


モチベーションの維持方法

彼女がダイエットへのモチベーションを維持できた理由は、体脂肪計で毎日測定しカレンダーにその数値を記入したことで、減っていくのが見られて嬉しかったからとのことです。体脂肪計も安くはありませんが、やはりそういう物にお金をかけるのがコツかも知れませんね。


褒められると続く

彼女曰く、恋人や夫など、身近なパートナーに「褒めてもらう」のも効果的とのことです。誰かに「ダイエット宣言」をして、褒めてもらったり、声かけをしてもらったりすると良いですね。


住んでいる地域も関係?

私が一番「これは!」と感じた情報があります。それは、「住んでいる地域も体型に影響する」という話です。彼女の実家の近くにある、大型ショッピングセンターでは、割高の「低カロリー」「低脂肪」食品は、ほとんど売られていないことに気づいたそうです。


阪急沿線は肥満が少ない?

なぜ気づいたかというと、ダイエットに成功したときには実家から出ていて、阪急電車の沿線にすんでいたのです。阪急沿線というのは、わりと地価が高いのです。つまり所得もある程度高い人たちが住んでいるわけです。そこにあった大型スーパーには、豊富な「割高健康食品」が揃っていたとのことです。


同じスーパーでも違う商品?

商品はコンピューターで管理されています。あまり売れないものは入荷しません。だから、同じ名前のスーパーでも、置いている物が違うわけです。当然、地域によって買える商品は違ってきます。知らず知らずのうちに、高カロリーの食生活になる、という可能性もあるわけです。


お客さんを観察

それに気づいた彼女は、お客さんたちの体型を観察してみたそうです。すると、やはり阪急沿線の方が、太った人が少ないということがわかったとのことです。つまり、住んでいる地域によっては、ダイエットが難しいこともあるということです。低カロリーで高品質な食品を買おうとしても、目の前に無いわけですから、どうしようもありませんね。


さて、今回の記事はどうでしたか?少しでもあなたの健康に役立てれば嬉しいです。


スポンサーリンク

  • 2017 03.08
  • ダイエット大成功!おなかや顔をスッキリさせてプロポーズまで! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー