大崎事件みたいに無実で逮捕されて冤罪になったらどうする?無罪になる方法は?

  • 大崎事件みたいに無実で逮捕されて冤罪になったらどうする?無罪になる方法は? はコメントを受け付けていません。

この記事は5分で読めます

Pocket

大崎事件によって無実の人が刑務所に入ることもあるという事実が広く知られるようになってきました。いわゆる冤罪(えんざい)です。

参考→大崎事件ってどこでいつ起きたの?なぜ無実のおばあちゃんが懲役10年?

その中でも栃木県の足利事件は本当にひどいえん罪です。Sさんは不当に逮捕され、無期懲役とされて17年間も刑務所に入っていました。

彼がなぜ有罪になったのか、そしてどうやって無罪になったのかをまとめてみます。さらに足利事件を元に、もしも無実のあなたが逮捕された時にどうしたらよいかについても書いておきます。


スポンサーリンク


事件の概要

1990年5月、足利市のパチンコ店で5歳の女の子が行方不明になりました。そして次の日の朝、近くの河川敷で女の子の全裸死体が発見されました。

事件から1年半以上たった1991年の12月、Sさんがわいせつ目的誘拐と殺人の容疑で逮捕されました。

証拠は、遺体の近くにあった女の子の下着に付着していた精液のDNAと、Sさんの精液のDNAが一致したから、というものです。


なぜSさんが狙われたのか

不自然なほどの長い時間が事件から逮捕までに流れています。この間に警察は聞き込みや、事情聴取を行っています。

実はSさんのところへも、逮捕の1年くらい前(事件の半年後)に警察がやってきて事情聴取が行われました。

Sさんはその当時、幼稚園バスの運転手でした。小さい子にやさしいという評判だったそうですが、40代で独身という境遇を知った警察が「ロリコン」というレッテルを貼って捜査したのです。

Sさんは警察に目をつけられたという噂がたったので、幼稚園を解雇されてしまいました。

40代で無職となったSさんは、地方の狭い世界で悪い噂が邪魔をしたために定職につけませんでした。


1年以上かかったナゾ

その後、警察は何とかSさんを犯人にするために作戦を考えます。

そして採った手段は「Sさんの出すゴミから精液を見つけてDNA鑑定すること」だったのです。まずここに大きな問題があります。

・本当にそのゴミはSさんのゴミなのか。

・捜査令状もなく、ゴミ置き場からゴミを持って行って良いのか。

といった問題です。しかし、ゴミ捜査班は警察の方針にのっとって何回もゴミを持って帰り、「本人のものらしい精液」を採取し、DNA鑑定に回します。

そして「非常に良く似ている」という鑑定を得て逮捕するのです。

これは私の推測ですが、何ヶ月もかかったのは「DNAが良く似た精液」がなかなか見つからなかったからではないでしょうか。

つまり、足利市内のさまざまなゴミを持って帰って、精液を見つけるたびに鑑定に回し、DNAが良く似たものを発見するまでに時間がかかったということです。

つまり、鑑定されたのはSさんの体液ではなかったということです。なぜなら「Sさんのゴミから採取した」という証拠は示されていないからです。


犯人のでっちあげ

1年もかかったということは、何千人ものゴミを調べた可能性があります。

警察にしてみれば、DNA鑑定について詳しく知らない民衆に「一致した」と発表すれば、世間は納得するだろうという読みがあったでしょう。

さらに、逮捕してしまえば長期間の拘留と厳しい尋問によって「やりました」という自白をさせる自信もあったでしょう。

実際それは簡単です。私は身をもって体験しました。

この記事に体験を書いています→大崎事件の他にもえん罪があった?なぜ若い先生が生徒殺しで逮捕されたの?


疑惑のゴミ

私が「他人の体液説」を主張する理由は、17年後の再鑑定で「下着の精液と採取された精液はDNAの型が一致する部分が少ない」という結果が出たからです。

つまりほんの少し一致しているというわけです。それは別人ということの証明でもあるわけです。

ほんの少しでも一致する部分があれば証拠にしてやると考えた警察でしたが、Sさんの体液は全く一致しなかったために他人の体液を使うという非常手段をとったのではないかと想像するのです。

多くの警察官がSさん逮捕によって、警視総監賞をもらっています。当然昇進にも役立ったでしょう。

Sさんは人生を台無しにされました。17年も刑務所に入りました。彼のお父さんは逮捕によって体調を崩し、2年後に亡くなりました。

無罪が確定した17年後に、もらった警視総監賞は返還したそうですが、降格はなかったそうです。

なお、再鑑定ではSさん本人の体液と採取した体液の比較はありませんでした。残念です。


スポンサーリンク

 


DNA鑑定が始まったのは1986年の英国

Sさんが逮捕された当時はDNA鑑定が始まったばかりで精度はかなり低かったのです。

当時から30年近くたった現在では、間違う可能性は1兆分の1くらいのようですが、当時は千分の1くらいだったようです。

そんな証拠で逮捕して良いのかという疑問が浮かぶわけですが、実際に逮捕して有罪(無期懲役)まで持っていっているんですね。

千分の1で間違いがあるということは、かなり曖昧な鑑定をしていたということです。つまり、千人のサンプルを集めれば1つくらいは「(部分的に)一致した!」と発表できるものに出会えるということです。そしてそれを本人の体液だ、と主張すれば良いわけです。


Sさんが犯人でないと気付いたのは誰か

「DNA鑑定」という権威によって誰もが信じていたSさんの有罪に、なぜ疑問が持たれたのでしょうか。

実はその当時、Sさんが犯人とされた事件以外にも幼女を狙った5件以上の殺人または失踪事件が足利市の近くでは起こっていたのです。

それらは、パチンコ店で幼女を誘拐し、河川敷に遺体を放置するという手口が似ていることから同一犯であると考えられていました。

当然、Sさんはそれらの事件も犯したと思われたのです。

しかしSさんが刑務所に入っている1996年に、近くの群馬県太田市で幼女がパチンコ店から失踪する事件が起きたのです。

これらの事件を追いかけていた記者が「Sさんは絶対に犯人ではない」と確信します。そして「真犯人は別にいる」という番組を作ったのです。それが放送されたのが2008年でした。

そこでは、Sさんとは全く別の外見を持つ人物が犯行現場近くで赤いスカートの幼女(被害者)と一緒にいるのを目撃されていることも明らかになりました。

SさんやSさんの支援者たちは、その記者が盛り上げてくれた冤罪説によって鑑定のやりなおしを申請したのです。鑑定結果は「別人」でした。Sさんは全く事件と関係の無いことが証明されて自由の身となりました。45歳で刑務所に入ったSさんは62歳になっていました。


 

濡れ衣を着せられたら

こんな話は他人事ではありません。誰の身にも起こり得ます。日本の警察は世界最高の検挙率を誇っていますが、その裏には勇み足も多々あるのです。

身に覚えのない罪で逮捕されたらどうすればよいか、まとめておきます。


とにかく早く弁護士

まずは弁護士を呼びましょう。逮捕されて連れて行かれた警察署で「弁護士を呼んでください」と言えばOKです。

24時間待機している弁護士さんが無料で来てくれます

万が一のために下のサイトをブックマークしておきましょう。

参考→逮捕されたらここに電話

法律上、72時間(丸三日)は誰とも会えません。その間に厳しく取り調べられたら、やってないこともやったといってしまいます。絶対にそうなります。しかし弁護士さんだけには、すぐに会えます。

状況を話す相手がいれば、取り調べの厳しさにも冷静に対処できます。証拠不十分で釈放の可能性もあります。


黙秘権

「弁護士を呼んでください」以外の言葉はしゃべらないようにしましょう。少しでもしゃべったら調書を作られて指紋を押すことになります。そうなったら弁護も難しくなります。

しゃべると「やりました」という自白に向けて絶対に誘導されます。

「あなたには黙秘権があります」と容疑者に説明する義務が警察官にはあります。しかし言いません。違反しても罰則が無いからです。そしてそんなことを言えば検挙率が下がるからです。

参考→大崎事件以外の冤罪事件まとめ!こんなにもある無実での逮捕そして死刑執行?


ハッタリに屈するな

「DNAが一致した」と言われても動揺する必要はありません。DNAが一致したというだけでは有罪の証拠にならないからです。それにあなたの髪の毛とか皮膚の一部をどうやって採取したのでしょう。普通は無理です。心を揺さぶられたら黙秘が一番です。

反論は弁護士に任せましょう。拘留が長引いて弁護士費用が必要になったらその弁護士に相談しましょう。無実なら弁護士費用がまかなえるだけの補償を裁判で勝ち取れるはずです。

万が一補償額が弁護士費用に足らないとしても、冤罪で刑務所に入るよりは100倍マシです。

残念ながら、日本にはたくさんの冤罪事件があります。被害者にならないように注意しましょう。

参考→大崎事件と狭山事件の共通点は?2016年の新証拠で石川さんの無罪確定?


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

 

  • 2017 07.04
  • 大崎事件みたいに無実で逮捕されて冤罪になったらどうする?無罪になる方法は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー