全但バスで宝塚から帰省した感想まとめ!渋滞時にあるといいものって何?

  • 全但バスで宝塚から帰省した感想まとめ!渋滞時にあるといいものって何? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

 

ボンジョルノ! ウッチー(mattt@リトグリとワンオク好き)です!

 

私は現在、大阪の近くに住んでいるのですが、実家が兵庫県の北部にあります。

 

お盆とお正月は必ず帰省しているわけですが、今回は高速バスを使ってみたので体験記を書きます。

 

 


 

スポンサーリンク


断言!

 

まず、結論から言うと「高速バスでの帰省は避けたいな!」。

 

私がそう主張する理由を体験と共に述べてみます。


 ニオイ

 

まず、くさい!

 

たぶん愛煙家が何人か乗っているんでしょうね。

 

タバコを吸う人の持つ体臭が鼻を突きます

 

特に私は出発地点から乗らないので、すでに充満したニオイの攻撃を受けることになります。

 

もう、乗った瞬間に「オエっ」っていう感じです。

 

ネックウォーマーをしていたので、マスクの代わりに鼻と口を覆いましたが、それでも来ますね。

 

弱いニオイなら次第に慣れるのですが、高速バスって空間が狭いせいかな?慣れないっす。

 

愛煙家の体臭とか、服や髪についたニオイだけなら、たぶんまだましなんです。

 

そこにミックスされているのは、たぶん「柔軟剤」です。

 

「ソフラン」とかいろいろありますよね。

 

ソフランはまだマシな気がしますが・・・・。

 

とにかく柔軟剤とタバコ系の匂いがミックスされた高速バスの室内臭は「地獄」です。

 

ちなみに、今回は後ろの人が食べていたスナック菓子のニオイも加わったので「最強」レベルでした。

 

ニオイ対策としては・・・・マスクかな?

 

それでも匂うと思いますが・・・。

 


スポンサーリンク


狭い!

 

続いて、バスの横幅です。

 

4列シートって、男性Mサイズの自分でも横の人と近すぎます

 

両方が厚めの服を着ていると、動いた時に擦れたりします。

 

隣の人が寝た時には、頭がぐんぐんこっちのエリアへ入ってきました。

 

バス会社は同性が隣になるように配慮しているので、女性同士だとまだましなのかもしれませんね。

 

今回は隣の人が、パンなどをお召し上がりで、食べている音が耳の横30センチくらいで発生しているので何かストレスがありました。

 

まあそのあたりの問題にはイヤホンで音楽を聴くと対処できますね。

 

それでもやはりすぐ近くに赤の他人がいるっていうシチュエーションはストレスです。

 

寝ちゃえばいい??

 

そうですね。

 

ただねえ・・・、なぜかすぐに目が覚めるんですよね。

 

背もたれのリクライニングもそんなに倒せませんしね。

 

とりあえず、アイマスクと耳栓、首枕(ネックピロ―)などを用意した方がいいかもですね。

 


渋滞

 

そして極め付けはこれ!大渋滞!!

 

今回は朝の9時台に乗車して、宝塚インター下車11時台、時刻表では乗車時間2時間少しだったのです。

 

しかし、事故渋滞によって到着は13時半!

 

乗車時間は約4時間でした。

 

まあそれでも3列シートで、消臭ばっちりみたいな車内環境なら耐えられます、多分。

 

しかし、柔軟剤とタバコ系とお菓子の悪臭。

 

すぐ隣には赤の他人のお兄さん。

 

そして・・・若干トイレ気分・・・・。

 

車内トイレに行けばいいのですが、なんか気が進まないのです。

 

「くさいかも」「狭いから気分悪くなるかも」「隣の人に通路へ出てもらうのもなあ(私は窓際席)」など・・・。

 

いよいよ限界!っていう感じなら行くのですが、「限界までがまんしようか」って思っちゃうんですね。

 

まあこれは性格の問題かな?

 

トイレはともかく、同じ姿勢で、しかも左右は狭く、前後もそんなに広くない。

 

そんな状況で、ちょっと進んですぐとまる、を繰り返すっていやなものです。

 

私は特にADHD系なので、どこでも寝られるタイプでもなく、常に動いたりしゃべったりしていないと気分が悪くなるのです。

 

そんな私にとっては拷問ですね。


スポンサーリンク


 ストリーミング

 

そんな私を救ってくれたのは、「ドラマ」です。

 

スマホで「パーソン・オブ・インタレスト」っていうアメリカのドラマを見て、なんとか耐えました。

 

ただし、ずっと見ていると乗り物酔いするので、ブレーキがかかったなと思ったら視線を窓の外に移すというテクが必要です。

 

全但(ぜんたん)バスはWIFIがつながるので、最初にコネクトしてみたのですが、つながるのに「No internet」という反応でした。

 

そんなことも忘れて、もう退屈やらくさいやら、いろいろでHuluを見始めたのです。

 

当然2ギガ契約の私にとっては、とんでもない行為ですよね。

 

あっと気づいたときには大幅に残り容量を減らしていましたので、すぐに切りました。

 

しかし結局大渋滞の最中にネット接続が始まったので、続きを見ることができました。

 

ですから、高速バスの渋滞対策としては、ちゃんと安定したWIFI環境があるかを確認すること、またはギガ無制限のポケットWIFIを持ってくことですね。

BroadWiMAXはこちら
【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

 

 UQはこちら
【WiMAX2+】【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】

とりあえず、NetflixやHuluなどのストリーミングサービス、またはVODの契約はしておくと良いですね!

 

まずは無料期間を試してみるといいです。
フジテレビの番組見放題はこちら

日本最大級、ディズニーからNHKまで


ブランケット

 

あと助かったのはブランケットサービスです。

 

暖房はしっかり入っているんですが、太もものあたりとか結構ひんやりします。

 

とくに私は細マッチョ系なので冷えやすいんですよ。

 

だから、乗車するときに1列目に置いてあるブランケットを取るっていうのはMUSTです。

 

これがあるのと無いのとでは大げさでなく天と地の差があります。

 

あとで気づいて隣の人に通路に立ってもらって取りに行くっていうのも気が引けます。

 


スポンサーリンク


まとめ

 

というわけで、軽い乗り物酔いと軽い頭痛、そして尿意をおみやげにもたせてもらい下車しました。

 

そんな私の感想「やっぱり鉄道っていいな」「でもバスは安いね!」

 

まあこれで、鉄道、飛行機、高速バス、自家用車、バイクと試したので、後日それぞれの長所短所を記事にします。

 

ではでは、駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

みなさんが高速バスを使う時の参考になれば嬉しいです 

  • 2018 01.04
  • 全但バスで宝塚から帰省した感想まとめ!渋滞時にあるといいものって何? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー