ロイドのメガネといえば大島優子?アンダーリムのメガネ販売店はどこ?

  • ロイドのメガネといえば大島優子?アンダーリムのメガネ販売店はどこ? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

人気ドラマ「東京タラレバ娘」で居酒屋の娘「小雪」を演じた大島優子さん。一見落ち着いてしっかり者なのに、不倫にハマってしまう役を上手く演じてしました。私自身、実は初めて彼女の演技を見たのですが、すっかりファンになってしまいました。さて、その小雪のかけていたメガネが気になった人も多いのではないでしょうか。

(引用元:大島優子さんのインスタグラム)

フレームが下側にしかついていないという珍しいものです。それが大島さんを大人っぽく見せていました。しかし、老けている感じは全くなく、独身、30歳、居酒屋の娘という絶妙の雰囲気を出していました。今回は、大島優子さんとそのメガネについてまとめます。


スポンサーリンク


大島優子さんのプロフィール

1988年生まれ、栃木県出身、身長152センチ。AKB48でデビューしたと思っていましたが、実は8歳から劇団に所属して、子役をしていたんですね。12歳の時には、アルフィーの高見沢さんがプロデュースするアイドルユニットの一員でした。

17歳でAKBのオーディションに合格。その後、AKB総選挙では1位になるなど中心メンバーとして活躍します。そして2014年、25歳でAKBを卒業し、映画、ドラマ、舞台に活躍の場を移しました。

お母さんがアメリカ人とのハーフですので、本人はクオーターです。趣味は旅行、映画鑑賞、舞台鑑賞とのことです。出身は栃木と書かれていますが、小学校までは横浜に住んでいたそうです。

演技は高い評価を得ていて、アカデミー賞優秀助演女優賞も得ています。東京タラレバ娘でも、演じているという感じが全くせず、「小雪」のキャラクターになりきっていて本当に自然でした。


ブランド名は?

大島さんが使用していたメガネのブランドはLoydです。Loydを扱うセレクトショップは東京の原宿にあり、ショップの創業は1985年です。有名なメガネとしては、アンジェラ・アキさんが愛用していたモデルがあります。

(引用元:mora)

リム(ふち)のあるメガネが特徴のようです。残念ながら、アンジェラ・アキさんのモデルは今、生産していません


価格はいくら?

大島さんのメガネは、なんと特別に作られたものなので、値段がありません。

日本テレビ系列で水曜22:00から放送されています「東京タラレバ娘」

鳥居 小雪 役で出演の大島優子さんが当店のメガネを着用して頂いてます。

原作のキャラクターが掛けているのと同じアンダーリム(下だけに縁があるメガネ)のタイプでクリアグレーと黒×ベージュの張り合わせの2種類。

黒×ベージュ(参考商品)の方は元々フルリム(全部枠があるタイプ)だったものを、上の部分だけ切り取りナイロンの糸を通しアンダーリムに加工しております。

引用元:ショップの公式サイト「staff’s note」

 

上のリムを切り取ったあと、レンズが外れないようにナイロンの糸で上から押さえているようです。細かい技術ですね。お金をたくさん払えば同じものを作ってもらえるかもしれません。

 


スポンサーリンク

 


アマゾンで似たモデルをさがしてみました。

(引用元:アマゾン公式サイト)

ただし、「メンズ」のカテゴリーでした。ちなみにフレームのみの値段です。メガネの愛眼だと、持ち込みフレームに1万円くらいでレンズを入れてくれるようです。


作ったショップはどこ?

最初に紹介したセレクトショップの名前は「オプティシアンロイド:Opticien Loyd]です。

住所等は以下の通りです。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-26-35 FARMビル
TEL 03-3423-0505
営業時間/A.M.10:30~P.M.8:00
年中無休(年末年始除く)

地図です。

(引用元:グーグルマップ)

メトロの明治神宮前(原宿)駅から徒歩5分です。原宿の近くにいかれたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。素敵なメガネがいっぱいあります。

たとえば、これ。

フレームに七宝加工が入っていて、とても上品でおしゃれです。価格は43.200円です。YELLOWS PLUSというブランドです。

また、こんな面白いサングラスもあります。

医学博士の川崎和男氏によるデザイン監修のサングラスとの事。普通な感じですが、フレームについているスイッチを押すとなんと・・・

色が変化します。

釣りやドライブに役立ちそうです。


 

まとめ

メガネからコンタクトにする人も多いですが、似合うメガネをさがしてみる努力も大切ですよね。どういう自分を見せたいかというイメージをしっかり持って、それに合った色やデザインのメガネをさがしましょう。

今回、大島優子さんの「小雪」役にメガネが果たした役割は小さくありません。

多少痛い出費になったとしても、服と違って毎日使うものですし、何年も使えます。そして何より、自分にあったメガネは、きっとあなたにエネルギーをくれます。新年度で人間関係が変わる時など、思い切ってメガネを新調すると良いかもしれませんね。


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです

  • 2017 04.03
  • ロイドのメガネといえば大島優子?アンダーリムのメガネ販売店はどこ? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー