厄年って数え年の何歳?厄払いをやらないとどうなるの?

  • 厄年って数え年の何歳?厄払いをやらないとどうなるの? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

 

よくないことが続いたりすると、

 

「今年は厄年かなー」

なんて言ったりします。

 

「厄払いしなきゃ」

とか言っている人もいますよね。

 

今回はそんな

「厄年」についてまとめます。


スポンサーリンク


 

厄年っていつ?

 

 

厄年っていうのは、

 

「一生のうちで

特定の年に

悪いことが多く起きる」

 

とされている年齢のことです。

 

その年齢は

「数え年(かぞえどし)」で

女性が19歳、33歳、37歳

 

男性が25歳、42歳、61歳

 

とされています。

 


 

数え年って何?

 

かぞえどし

 

これは昔使われていた年齢です。

 

正月が来るたびに年齢が上がったのです。

 

母親のおなかにいるときに、

人生が始まっているという考え方です。

 

つまり、生まれた時に「1歳」なのです。

 

そして始めてのお正月を迎えると、

「2歳」になります。


 

 

 

何年生まれが今年の厄年?

 

 

それでは、何年生まれが該当するのでしょう。

 

女性

 

2000年生まれ

1986年生まれ

1982年生まれ

 

 

男性

1994年生まれ

1977年生まれ

1958年生まれ

 

以上が「本厄(ほんやく)」となります。

 

厄年は「本厄」を含め、

その前の年を「前厄(まえやく)」

翌年を「後厄(ごやく)」と言って

3年間を指します。


 

 

 

「厄」とは何?

 

 

「厄」は

くるしみ

災い(わざわい)と言う意味です。

 

もともとは、

陰陽道(おんみょうどう)

に基づいて広まったもの

とされています。

 

陰陽道とは、

中国の古代思想を元にして、

日本で作られた考え方です。

 

簡単にいうと

「よく当たる占い」です。

 

科学や医学の発達してなかった時代

 

人々は占いによって、

戦い方や外出先を決めたのです。

 

そこでは、

「いつ」

「どちらの方角が」

吉(きち)なのか

判断されたのです。


スポンサーリンク


 

 

どうすごせばいいの?

 

 

 

さて、それでは

 

厄年にすべきことは

何でしょう?

 

簡単にいえば

 

「慎重に過ごす」

ということです。

 

つまり、

「確率の低い事」

には取り組まないということです。

 

具体的には、

 

起業

 

結婚

 

新築

 

引っ越し

 

などがあげられます。

 

さらに

 

健康にも注意すべき

とされています。

 

病気やケガをする確率が高いと言われています。

 

確かに、「体質が変化する」

といわれる年齢ですよね。

 

「もう若くない」とか

「無理がきかなくなった」

なんていうことが多くなる

そんな年齢でもあります。

 

人間ドックの受診もオススメです。

 

暴飲暴食の制限も必要です。

 

つまりヤケ食いをやめるとか

深酒をやめるとかです。

 

軽い運動を始めるのも良いでしょう。

 

そして何より大切なのは、

 

「ストレスを溜めない」

 

これですね。

 

現代病と言われている

「うつ病」にかかりやすい

 

そんな年齢とも言われています。

 

つまり、

 

厄年を気にし過ぎるのもストレスです。

 

あまり気にせず、

 

仕事や人間関係にも

 

「テキトーさ」を取り入れて

 

できるだけ気を楽にして過ごす

 

そんなメンタルが一番大切かも知れません。

 

どうしても気になる人は、

 

神社で

「厄払い(やくばらい)」をしてもらいましょう。

 

決して安くはありませんが、

 

一年間、リラックスして過ごせます。

 

それではみなさん

 

「テキトー」に過ごしましょうね!

 

人生100年の時代ですから!


スポンサーリンク

  • 2018 01.19
  • 厄年って数え年の何歳?厄払いをやらないとどうなるの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー