バレンタインデーのプレゼントって自由?もともと何の日なの?

  • バレンタインデーのプレゼントって自由?もともと何の日なの? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2月14日はバレンタインデイです

バレンタインってどんな人?

と中学生に聞いてみると

ほとんどの答えが「お菓子会社の人」です

そりゃそう思いますよね

チョコレートが飛び交う日ですから・・

 

しかし実は違うんですよ!


スポンサーリンク


バレンタインさんについて

バレンタインさんは実在したという

100%の確証はありません

しかし言い伝えによると

彼がいたのは

日本が「弥生時代」つまり古墳が作られる前の時代

これも実在したかどうかわかりませんが

卑弥呼さんがいたとされる時代あたりです

つまり2000年近く昔の事であり

権力者以外の記録はあまり残っていない時代です

しかし 亡くなった日が2月14日であるとか

遺骸を納めていると主張している教会が7つあるなど

まず実在の人物だと考えていいんじゃないでしょうか


バレンタインさんの職業は

まず彼の職業ですが キリスト教のちょっと偉い人です

いくつかの教会を仕切っていた人という感じです

その頃実はヨーロッパでは

キリスト教が一応禁止されていました

禁止といっても日本の江戸時代みたいに

踏み絵をさせるとかいうことはなく

国としては認めないが

特にチェックもしないという状況でした

ギリシャ文明以来

神がたくさんいるという建前の国に

神は1人であるという宗教は

一応「だめ」だったわけです

しかし信者はどんどん増えていきます

そんな時代に事件が起きます


ローマ帝国の皇帝

バレンタインさんの国では皇帝がいました

しかし下剋上が多くてよく殺されていたのです

だからその頃の皇帝は自分を守る強い軍隊を作っていました

その軍隊は反乱が起きた時に活躍しました

兵士は皇帝にとって自分と自分の権力を守る

重要な役割を果たしていました


皇帝の命令に背く愛の聖人

そんな皇帝が「兵士は結婚禁止」

という命令を出しました

妻や子がいたら殺されるのをおそれて

戦闘能力が落ちると考えたからです

キリスト教の信者は教会で結婚をします

つまりバレンタインさんにもその命令は届いたのです

しかし彼は

「死ぬかも知れない兵士こそ 愛する者とむずばれるべき」

と考えて 結婚させていたのです

それが皇帝の耳に入り彼は処刑されました

その日が2月14日というわけです


スポンサーリンク


処刑後

その後 50年ほどでキリスト教は許され

さらにキリスト教以外は禁止というレベルまで上がります

そして今ヨーロッパでの主な宗教となっているわけです

そんなヨーロッパでバレンタインさんの伝説が広まり

恋人に贈り物をする日が生まれるのです

日本では源氏と平氏が戦った頃に

最初の記録が残っています


日本のバレンタインデイ

日本はヨーロッパから遠く

江戸時代には鎖国もしており

キリスト教も禁止していましたから

バレンタインデイが広まることはありませんでした

その風習が広まったのは1970年代です

70年代後半には中学生に定着していました

少なくとも私の通っていた中学では

盛り上がっていました

私も懐かしい思い出があります


チョコが送られる理由

これがはっきりしません

いろんな説があります

神戸のモロゾフという会社が

1936年(昭和11年)に新聞広告を出していて

そこで「恋人にチョコを送ろう」と書いているのです

私が一番押したいのは

そこから少しずつ広がったという説です


欧米のバレンタインデイ

日本と違って

贈り物はお花やカードが主流のようです

そして一番の違いは女性から男性へのプレゼントではなく

カップルのどちらが贈っても良いという点です

そしてカードには

「あなたのバレンタインより」とか

「私のバレンタインになってね」と書きます


その他の国では

ベトナムでは日本の真逆で男性が女性に尽くす日です

韓国ではバレンタインデイにプレゼントがもらえなかった男女が集まって

ブラックコーヒーを飲むブラックデイというのがあるそうです

ホワイトデイは日本だけです


まとめ  

ここ10年くらいは

私の職場でも女性たちから男性たちに

「義理チョコ」が送られるようになり

お返しに1人1000円くらい集金して

女性たちにお返しする という風習が定着しています

しかし 私はそんなにチョコが好きでもないし

このイベントいらんなーと感じています

中学生時代のピュアな思い出があるだけに

「これはちがうでしょ」と思ってしまいます

まさしく虚礼ですよね

そして女性から男性へという矢印も不思議です

同性のカップルだとどうすればいいのでしょう

性も2つではないというのはもう常識です

形式だけのプレゼントは無くして

好きな相手には性や年齢に関係なく

贈り物をする日になるのが私の理想です

相手が好きなら 嗜好もわかっているので

嫌いなものを送ったりしませんしね

 

感想や質問を募集していますので ぜひコメント欄にどうぞ!!


スポンサーリンク

  • 2017 02.09
  • バレンタインデーのプレゼントって自由?もともと何の日なの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー