オーストラリア節約旅行の不便体験まとめ!有料道路の延滞金が10倍って詐欺?

  • オーストラリア節約旅行の不便体験まとめ!有料道路の延滞金が10倍って詐欺? はコメントを受け付けていません。

この記事は5分で読めます

Pocket

時差なく直行できる英語の国オーストラリア。豊かな大自然とフレンドリーな国民、そしてヨーロッパの文化が漂う都市と魅力たっぷりです。2016年には40万人以上の日本人が渡航しました。前年比20%以上のすごい伸びです。

2014年の夏(現地は冬)に9泊10日の節約旅行をした私がその時の体験をまとめます。今後も日本人渡航者の増加が見込まれるこの素敵な国を楽しむために、参考にしていただけると嬉しいです。

なお、この記事は続編です。第1回の記事もぜひお読みください

前回の記事→オーストラリア格安旅行の不便だった失敗談まとめ!物価が日本の2倍って本当?


スポンサーリンク


なぜオーストラリア?

前回の記事では触れませんでしたが、私がオーストラリアへ旅行しようと決めた理由は、

・以前から行ってみたかった。(憧れの国だった。)

・本当は1ヶ月くらい英語の勉強に行きたかった。

・息子がキャンベラのオーストラリア国立大学に留学中だったので訪問したかった。

・直前にとった英検準1級とトーイック755点の実力を試したかった。

というものでした。5月ごろにワイフが「行っていいよ」と言ってくれて、その数時間後には飛行機を予約していました。

タイミングが合ったというか、例年は業務(部活動指導)で長期間休めないのですが、2014年は珍しく顧問が2人いて相方の先生がメインで見てくれていたので「ごめんなさい休みます」と言いにくかったけど言える状況だったのです。私は当時中学校の先生でした。


機内泊で地獄を見た件

50代でLCCはつらいなーというか死にそうになったフライトを終えてメルボルンに着いたのが翌日の午前11時頃。

メルボルンは真冬でしたが快晴で、そんなに寒くはありませんでした。写真は着陸直後に写したシリア航空の飛行機です。

そしてレンタカー会社に着いたのが13時ごろ

なぜフライトが死にそうだったか、そしてレンタカーの事務所へいくのに2時間もかかったのかは前回の記事を読んでください。私じゃなくても多くの人がそうなってしまう可能性があります。是非参考にしてほしいです。

参考→前回の記事


レンタカー会社での説明が・・・

ようやく到着したレンタカー会社「イーストコースト」。こぎれいな受付と大きめの車庫がありました。なるほどこの敷地を空港近辺に得ようとしたら、この値段で提供できないな、と納得しました。

8日間のレンタルに車両損害補償とカーナビをつけて約4万2千円でした。保険とカーナビ付きで1日当たり5250円は、その時に調べた中では最安でした。

しかし、レンタルするに当たっての説明が始まると、これまたほとんど理解できないのです。トーイック755点とか英検準1級とか本当にダメです。


YES-MAN

とにかく YES を連発してサインをしました。もうやけくそです。いやなげやりと言った方がいいかな? 「実は10万円ですけどいいですか?」と言われていても「YES」と言ってサインしていたでしょう。本当は「もう一度ゆっくり言ってください」と頼んだ方が良いのでしょうが、ここに至るまでのプロセスでかなり疲弊していた私にはそんなエネルギーが枯渇していました。

日本でも行われている一般的な説明だったのでしょう。「満タンで返してください。」「カーナビ保証料を一旦払ってください。無事なら全額お返しします。」などなど・・・。

しかしそれにしては長かったのです。そして帰国してから驚くことになりました。


国際郵便にびっくり

帰国後3週間ほどして、レンタカー会社のイーストコーストからエアメールが届きました。そこには、「交通局から請求がきたので、払ってください。」と書いてありました。

なんと、料金所がないので「高速は全部タダ」と思っていた私はバカでした。高速はタダのところも多いのですが、橋とか郊外と都心を結ぶバイパス道路などが有料なのです。

そこは、日本のNシステムみたいなカメラが道路の上方からナンバーを読みとって、持ち主に請求するしくみなのです。それで私の場合は交通局がレンタカー会社に請求したわけです。

その後、レンタカー会社は国際郵便で私に請求書を回したという仕組みです。


ひもづけしておけば・・・

そこで気付いたのです。あの長い説明はこのことを言っていたのか?と。もしもその説明が理解できていれば、初日に車のナンバーとクレジットカードをひもづけて自動ふりおとしにできたのか・・・・。

通行料は300円から500円くらいなので知れているのですが、メルボルンやシドニーにある有料部分を何回も通過したのです。そして驚くのは延滞料の高さです。3週間の延滞で6倍くらいにはなっていたと思います。1万円近く納めました。

初日にネット上で手続きしてカードとひもづけしておけば延滞金を払うことも無かったのです。

これが3カ月くらい経つと10倍以上になるそうです。おそるべしオーストラリア。フレンドリーな国なのは間違いありませんが、イギリス系の文化なのか法律とか警察とかはものすごくストリクト(厳しい)です。観光客とか留学生を大目に見るなんて絶対にありません。その文化についてはまた後日記事にします。

レンタカーを借りる人は事前に絶対この記事を読むべきです。

参考→オーストラリアの有料道路について


スポンサーリンク


カーナビの説明に苦戦

カーナビの説明が必要ですか?と聞かれて当然 YES と答えたら、すごいスピードで説明がスタート! 向こうは毎日何十回も同じ説明をしているのでものすごい早口です。でもこっちはたかがトーイック755点です。だいたい英検にもトーイックにも「カーナビ関連」のリスニングはないよ!

しかし何とか基本的な操作は聴きとれたのでなんとかなるか、と考えて説明後にサンキューを言いました。微妙なサンキューでしたけどね。いまいちわかんなかったけどっていう。

今考えれば、説明を動画撮影しておけばよかったのです。しかし「英語に挑戦する」という目的もあった私は必死に聞いて理解しようとして失敗しました。

とりあえず白いヒュンダイが出てきました。結構かっこいいです。荷物を助手席に乗せて、いざホテルへ!


ホテルへ!

さっき操作方法を聞いたばかりだったので一応覚えていた通りに操作してホテルの電話番号を入力し案内スタート! おー!この車なんかいいじゃん! 乗り心地も良いし運転しやすい! 韓国車に初めて乗りましたが一瞬で気に入りました。

そしてスムーズに到着しました。ホテルは The Victoria Hotel Ibis Styles Melbourne です。大阪の都心を思わせるごちゃごちゃ感を持つ路地にそれはありました。

ホテルの前まで来ましたが、駐車場がわからず何度か通過しては回って帰ってきました。そうしているうちにようやく30メートルほどはなれた場所にホテルの駐車場を発見! そこに乗り入れると駐車場係のにーちゃん登場。


有色人種だらけ

このにーちゃんの英語もちょっとわかりにくかったけどなんとかクリアして駐車完了。見た目は中東系でかなり濃い目だけど愛想の良さはさすがオージーでした。

ちなみにレンタカーで対応してくれたおねえさんはアフリカ系でした。愛想は抜群に良かったです。

そしてホテルのフロントへ。フロントのおねえさんはインド系でした。もう本当に多様な国です。この多様性がエネルギーを生み出しているような気がしました。

そして部屋へ入り荷物を置きました。こんな部屋でした。

シングルの部屋って無いみたいです。この時点では息子と合流していなかったので、この部屋に1人で泊まりました。日本のビジネスホテルとあんまり変わらない雰囲気です。

金庫と冷蔵庫に電気ケトル、インスタントコーヒーや紅茶のセットも置いてあります。

 

その後、夕食を求めて街へ出ました。


夕食調達と街探検で

街に出ましたというか、ホテルが街の中にあるので「外に出ました」と言った方が正解です。

ホテルから歩いて50メートルでメルボルンの目抜き通りです。

こんな景色が広がります。

ipodtouchでの撮影なので(私の腕前もダメで)ヘタな写真ですが、手前の道路の真ん中に見えるのは路面電車の線路です。トラムと呼ばれています。歩道は車道並みに広く、建物は近代的なビルと歴史的なものが混在しています。日本でいえば、神戸の旧外国人居留地的なところです。もちろん神戸とはスケールが比べ物になりません。

とりあえず節約旅行です。レストランで食事をすれば軽く2000円以上とんでしまいます。ですからファストフードかコンビニをさがしました。

ファストフードはたくさんありました。しかし良く考えたら油に弱い私が外国で油系の料理にトライするのは危険です。そこでセブンイレブンに入りました。そして、そこで売られているものに驚きました。やっぱり国が違うとこんなものを売ってるんだな!その件はまた次の記事で!


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです。

ブログ村ランキングにも参加しています。よろしければクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

  • 2017 05.21
  • オーストラリア節約旅行の不便体験まとめ!有料道路の延滞金が10倍って詐欺? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー