名古屋ウイメンズマラソン2018スポンサーのティファニーってどこの会社?

  • 名古屋ウイメンズマラソン2018スポンサーのティファニーってどこの会社? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

3月11日は名古屋ウイメンズマラソンですね。

そこで完走するとティファニーから賞品がも
らえるって聞いたんですけど、
すごいですね!
私は篠山ABCマラソンで完走したことがあり
ますけど、賞品はTシャツでしたからねー。
まあそれでも十分満足していました。

今回はティファニーっていう会社に興味が湧いたので、その歴史なんかをまとめてみます。
歴史とか興味のない人、ごめんなさーい!


スポンサーリンク


ティファニー

まず、ティファニーっていうのは人の名前で、
創業者の一人です。
で、創業は何と江戸時代の1830年代!
たしかその頃って、安政の大獄とか桜田門外
の変くらい?
ちょっと調べてみると・・・ちがうちがう!もっともっと前!
じゃあ黒船のペリーとか?
いやいやもっと前!
ということは本当に古いんですね。

そんな頃に
まずは銀製品を扱うカンパニーを作ったみた
いですね。


ベンチャー

そうニューヨークで。

当時のニューヨークってアメリカ建国から
まだ50年くらいだったから、
今とは全然違ったでしょうね。
今と違って世界の中心は圧倒的に
ロンドンだった頃ですからね。


でもそれだけに、熟し切った都市である
ロンドンよりもベンチャー精神のある
カンパニーはニューヨークに集まった
でしょう。
その一つがティファニーだった
ってことじゃないかな。
そしてティファニーの歴史を変えたのが
1840年代に起きたフランスの二月です。

1789年のフランス革命でルイとマリーが
ギロチンにかけられたあとも、
フランスの貴族は生き延びていたんですが、
この二月革命で完璧に息の根を止められます。


宝石

フランス貴族たちは土地やお城、財産を没収
されるんです。そこで、宝石を現金にしよう
としたわけです。

現金にしておけばいくらでも隠せます。
スイスの銀行に入れておくとかね。
でも宝石だと絶対に取られちゃうのです。
そこに目をつけたティファニーは、フランス
へ行き、貴族から宝石を買いまくったのです。
もちろん「買いたたき」です。足下を見るっ
ていうのはこういうのを言うんですね。
ちなみにフランスの「元貴族」っていうのは現在ホントに何の遺産もなく、安いアパートで暮らしている人も多いのです。
ティファニーはフランスで仕入れた宝石をニューヨークで高く売りました。

こうして「ジュエリーのティファニー」が生まれるのです。


スポンサーリンク


ダイヤモンド

その後、ダイヤモンドを細い6つの爪に乗せ
る指輪を作ります。今じゃ世界のスタンダー
ドになっているものです。あの方式は「ダイ
ヤが一番キラキラ輝く」ということで、これ
また「ダイヤモンド」「エンゲージリング」
などの分野で高いステータスを得るようにな
るのです。
歴代のデザイナーがイタリア系なんですけど、
やっぱりイタリア人の美的感覚ってするどい
し、遊び感覚がありますよね。

そんなティファニーをさらに有名にしたのが
映画です。


オードリー・ヘップバーン

オードリー・ヘップバーンの「ティファニー
で朝食を」っていうやつね。

オードリーといえば東大を受験しようとがん
ばった芸人の春日を思い出す人の方が多いと
思いますが、彼も絶対にヘップバーンからイ
ンスパイアされているんじゃないかな。
映画からすると「ティファニーって食事がで
きるところ」って思いますが、実際はアクセ
サリーや高級時計のショップなので、食事は
できません。
だから映画でも、ショップのウインドウを眺
めながらヘップバーンは路上で食事します。
でも最近、ニューヨーク本店では「食事スペー
ス」をつくったようですけどね。

というわけで、浮き沈みの激しいジュエリー
業界のトップグループで150年以上君臨して
いるティファニーは「時代に乗る」努力を惜
しみません。
ブランドに胡坐をかいて殿様商売をする会社
ではないのです。


幼児向け

 

私が特に心を打たれるのが、数万円で買える
幼児向けのアクセサリーがあることです。
つまり、すこしづつ大人になるたびに、保護
者が子どもの成長を喜びながらプレゼントを
していくというストーリーが設定されている
のです。
庶民にしてみれば、ちょっと努力の必要な値
段なわけですが、働く方も「娘が10歳になっ
たらあのティファニー」「15歳になったらこ
のティファニー」と、思えば楽しいですもの
ね。
もらう方も、愛のこもったティファニーを節
目節目で贈られれば、グレたりしないでしょ
う。
虐待を受ける子どもとは全く逆の環境ですよ
ね。


そんなティファニーが日本の女子マラソン大
会のスポンサーになって、ゴールした女性た
ちに「タキシードを着たイケメン」がティフ
ァニーのペンダントをかけるって・・・。

どんだけ粋やねん!
人を幸せにするっていう精神に充ち溢れてい
ますよね。

幸せにしてもらう対価が、そのエクシペンシ
ヴな値段ってわけで。

世界中でその値段を妥当だって感じる人がた
くさんいるわけです。
そんなブランドイメージに奢ることなく、こ
うやってスポーツにも投資する企業。

ますますティファニーのファンが増えそうですね。


スポンサーリンク

 

  • 2018 03.06
  • 名古屋ウイメンズマラソン2018スポンサーのティファニーってどこの会社? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー