ドラフト2017田嶋大樹の特徴は?イケメン左腕を指名するのはオリックス?

  • ドラフト2017田嶋大樹の特徴は?イケメン左腕を指名するのはオリックス? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

ボンジョルノ! ウッチーです!

  

ドラフトが近づいてきましたね!

 

今年の目玉は早稲田実業の清宮と言われていますが違いますよ!

 

JR東日本の田嶋大樹(たじま だいき)です。

 

12球団の中で田嶋をリストに入れていないところは数球団でしょう。

 

今回はそんなイケメン左腕についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 特徴

 

彼の特徴は左投げのサイドスローということです。

 

スリークオーターに入るとは思いますが、一般的なスリークオーターよりは肘の位置が低いです。

 

182センチという身長以上に長い手が横から出てくるので、左バッターだとボールが背中に向かってくる感じになります。

 

右バッターだと、角度的にかなり食い込んでくるので左右どちらのバッターも打ちにくいことこのうえありません。

 

さらに得意な変化球がスライダーなんです。

 

 

ホームベースの一塁側から入って三塁側へ出ていくようなスライダーです。

 

あのボールを右バッターが引っ張って長打にするのはかなり技術が必要でしょう。

 

そしてサイドから投げるというスタイル以外に彼のボールを打ちにくくしているのがタイミングです。

 

普通のピッチャーがリリースするタイミングにボールが出てきません。

 

いわゆる「遅れて出てくる」投手です。

 

その遅れ方が尋常ではありません。

 

ピッチャーが足をあげて1.2.3!ブン!で打つとしたら、田嶋大樹の場合、1.2.3.4!で出てきます。

 

それもきっちり4ならまだいいのですか、3.75くらいで出てくるのです。

 

非常に合わせにくいピッチャーです。

 

動画で確認すると、肩甲骨周辺の柔らかさが目立ちます。

 

 

ゴルフの石川遼みたいに両方の肩甲骨が接近します。

 

そして肘や手首の可動域も非常に大きいです。

 

ですから、力みが無く非常にしなやかなフォームです。

 

以前はスタミナに問題があったため、試合の終盤に打たれる傾向がありました。

 

しかし最近は130キロ台で制球を重視したストレートと遅いスライダ―で試合を作るようになりました。

 

本人いわく、「6割から7割でもコースを間違えなければ長打はないとの事。

 

そしてピンチになると150キロ近いストレートと130キロ台のフォークで押さえにくるというメリハリの利いたピッチングができるようになりました。

 

押してくるストレートはフォーシームで、ぐんっと伸びるので迫力があります。

 

あのボールだとファウルチップが多く、なかなか前に飛ばないでしょう。

 

その安定したピッチングがプロのスカウトをうならせないわけがありません。

 

12球団ほとんどのスカウトが彼をマークしています。


スポンサーリンク


性格 

 

そんな彼の性格はとにかく「地味」です。

 

常にテンションは低めで冷静です。

 

「希望の球団はありません」

 

「先発へのこだわりはありません」

 

「プロを目指したのは最近です」

 

「速いストレートを投げたい気持ちもあるが、勝てる投手になるのが目標」

 

「プロ入り1年目の目標は、できれば10勝。しかしそれよりも2年目にもっと勝てるような何かを感じることが大切

 

というようにインタビューにも淡々と答えます。

 

 

社会人ということでベテランなのかと思いきや1996年生まれの21歳です。

 

おそろしいほどの落ち着きはやはり、もともとの性格に加えて社会人としての2年半が糧になっているのでしょう。


スポンサーリンク


 インナーマッスル

 

そんな彼がレベルアップしたきっかけは「インナーマッスルが弱い」ことに気づいたことだそうです。

 

ボールを持った時、軽く感じる場合に投球が不安定になることに気付いた彼は、JR東日本野球部のトレーナーに相談しました。

 

すると「インナーが人よりも緩い」と診断されたそうです。

 

力こぶとか、ものを握った時に浮き出る筋肉はアウターマッスルです。

 

しかしインナーマッスルはそのように皮膚を隆々と盛り上げることはありません。

 

しかしピッチングには非常に重要なんです。

 

特に重要なのは、「円回内筋(えんかいないきん)」です。

 

ボールが軽く感じるときはこの筋肉が疲れていて上手く動いていないため、アウターマッスルだけで持っています。

 

何十キロでも持ちあげられるアウターマッスルにしてみれば150グラム弱のボールなんて空気みたいなものです。

 

 

しかし円回内筋がうまく働いている時は150グラムなのか、120グラムなのかがわかるくらいです。

 

その円回内筋は、親指の付け根から肘に向かって腕の内側を、たすき掛けのように結んでいます。

 

実はこの筋肉が腕の「内転」をコントロールします。

 

つまり投げ終わった後に親指が地面の方を向いている形です。

 

バレーボールのアタックやテニスのサーブでも重要視されている「内転(プロネーション)」ですが、野球でも大切な動きです。

 

その筋肉が緩い、つまり「極端に弱い」と言われて田嶋大樹はチューブトレーニングに励んだそうです。

 

その結果インナーマッスルのしまり具合(使えているかどうか、そして疲れていないかどうか)をつかめるようになったそうです。

 

ダルビッシュが腸腰筋(ちょうようきん)というインナーマッスルのしまり具合を意識しているという話は有名ですが、やはり一流選手は自分の体に対して非常に敏感です。

 

自分の体に向き合い、勝利に向き合うという彼の性格は非常にプロ向きだと言えます。

 

多くの球団が彼を1位に指名したいのは、即戦力であるという点に加えて、イケメンであり、さらに体を大事にするので長く活躍してくれそうだという点もあるでしょう。


 指名球団

 

さて、そんな彼を一番欲しがっている球団はどこか?

 

そりゃあどこも欲しいでしょう。

 

しかし緊急事態なのはオリックスです。

 

なにしろ先発ローテーションに左腕が一人しかいません。

 

その松葉貴大は、ここ2年間通算で10勝15敗、防御率は3点台後半とピリッとしません。

 

 

ぜひとも京セラドームに田嶋大樹を迎えたいところでしょう。

 

他には菊地雄星のメジャー移籍が噂される西武ライオンズ、オリックス同様左腕不足のロッテ、日本ハムなども1位指名の可能性があります。

 

間違いなく競合となり、抽選となるでしょう。

 

以上、田嶋大樹の特徴と指名球団についてでした!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんなブログですが、毎晩更新していますので良かったらブックマークしてください!

 

ドラフト関連記事

東克樹ってスローボールが特徴?ドラフト2017での指名球団は西武ライオンズ?

宮台康平のドラフト2017指名球団はロッテ?特徴と経歴そして出身校まとめ

ドラフト2017安田尚憲の性格は?希望球団は阪神じゃなくて中日ドラゴンズ?

ドラフト2017中村奨成の1位指名はどの球団?捕手でなく中日で三塁手に転向すべき?


スポンサーリンク

  • 2017 10.21
  • ドラフト2017田嶋大樹の特徴は?イケメン左腕を指名するのはオリックス? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー