キョンキョンの夫いびりは原作通りで最高!ダンスの振り付けと最終話は?

  • キョンキョンの夫いびりは原作通りで最高!ダンスの振り付けと最終話は? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

スーパーサラリーマンが大人気ですね

まだ1回しか放送していないのに

大ブレークしているのはどうしてでしょうか?


スポンサーリンク


まずキャスティングですね

堤真一さんは この手の役にぴったりです

 

私は彼の演技をみていて

ダディ フライ、ダディ、フライ

という映画を思い出しました

これは私の大好きな金城一紀さんの本を

原作にした映画です

ダメな父親が

娘のピンチを救うために

トレーニングをして体を鍛え

すごい事をなしとげるという話でした

 

もうこの人しかいないな

というハマり加減に感心しました

 

今回も冴えない係長というキャラ

はまりにはまってます

彼からにじみ出る「やさしさ」が

すごくいいですね

 

妻の小泉今日子さん

われわれ世代にはキョンキョンですが

 

もうアイドル時代のキュートさは

かけらしか残っていませんね

 

かおや首のしわを隠さずに

老いをさらけだして勝負しています

 

もともとシャープな印象のあるアイドルでした

喫煙者という噂とともに

結構 イメージがかわってきてました

 

もう この役にハマるために

イメージを育ててきたと言っても

過言ではない!という

演技です

もう演技と感じない

自然な暴言!

実はこの人

こういう人だったんじゃない?

と思わせてくれます

プロですねー

 


脚本・演出は福田 雄一さんです

僕にとって、今回、藤子・F・不二雄先生の原作を実写化させていただけるということが、一番の栄誉なんです。さらに、自分の部屋に、一番最初にポスターを貼ったアイドル、キョンキョンとご一緒できる!これが最大の二つの幸せです。堤さんとは、いつもの感じで(笑)いや、いつも以上にたくさんいじり倒そうと思います。

(引用元 番組公式サイト)

そして プロデューサーは高 明希さんです

やっと皆様にお伝えできます。ドラマが好きな一視聴者として、ただただみたい贅沢な座組が実現してしまいました。皆様、平日に蓄積された疲れは、土曜の夜、このドラマを見て吹き飛ばしてください。

(引用元 番組公式サイト)


スポンサーリンク


高さんの言うとおりで

これをみている全国のお父さんは

妻にも上司にも偉そうにいわれて

「おれたち結構つらいんだよ」

「このドラマの主人公って俺みたいだな」って

共感しているでしょう

さらに

夫が偉そうにしている家庭で

言いたいことをがまんしている

お母さんたちは

「キョンキョンみたいに言ってもいいかも」

と思うでしょうね

つまり

どんな夫婦が見ても共感できるという

不思議なドラマなわけです

そりゃ 人気がでますよね

 

娘役は島崎遥香さん

AKB48の元メンバーです

このドラマ撮影時で22歳ですが

高校生らしいキャラクターを見事に演じています

 

さて原作となったのは

1970年代の漫画です

作者は藤子・F・不二雄さん

40年も前に このストーリーを作るとは

さすがドラえもんの作者です

未来を予想する力がすごいですね

というか

40年前には

すでに

亭主関白とか尽くす妻とか

会社に人生をささげるとか

そういう価値観が崩壊しつつあって

本当に大切なものってなんだ?という

テーマが作者にはあったのでしょう

 

2017年

社畜ともいわれる深夜勤務のサービス残業社員が

当たり前の社会

 

過労で自殺者が出ても

俺なんかもっと働いているのに

生きてるよ

同情の薄い社会

 

しかし多くの人は

気付いているのではないでしょうか

 

こんな社会でいいわけない

 

しかし 政治も当てにならず

経済の先行きは不透明で

子どもの教育も不安だらけで

年金制度も行き詰っていて

高血圧に高コレステロールと

加齢臭と口臭で

おじさんたちはどうしてよいのかわからない

そんな現代です

 

スーパーヒーローが少し

土曜日の夜に

現実を忘れさせてくれて

本当に大切なものを見せてくれて

心を温めてくれたら

来週もがんばれる気がします

最終話には菅田将暉さんも登場してハラハラドキドキ

そしてあったかい気持ちで終われます


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!


スポンサーリンク

  • 2017 01.22
  • キョンキョンの夫いびりは原作通りで最高!ダンスの振り付けと最終話は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー