感染性胃腸炎と胃腸風邪は同じもの!下痢嘔吐の予防と治療の方法は?

  • 感染性胃腸炎と胃腸風邪は同じもの!下痢嘔吐の予防と治療の方法は? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

お正月明けに

おなかの調子がわるくなる

という人がよくいます

そして

病院へ行くと

胃腸風邪ですね

といわれることもあるようです


スポンサーリンク

昔は胃腸風邪

今はおなかのカゼとか

ウイルス性胃腸炎と診断される

とってもつらいこの病気

自分がかかるのもつらいですが

小さな子どもがかかると

世話をするのもひと苦労という

この病気

さて

風邪というなら

何ウイルスですか?

 

医師に聞いてみたいのですが

聞いたことはありません

 

まあノロウイルスとか

ロタウイルスといった有名どころは

知れわたっていますが

それら有名ウイルスでないときも

ウイルス性胃腸炎とか

感染性胃腸炎と

診断されることがあります

 

ちょっと

もやもやするので調べてみました

 

その結果

わかったのは

この胃腸風邪の原因は

ウイルスでなく

細菌だという事です

 

ウイルスと細菌はどうちがうのか?

 

それはまあ

ややこしくなるので

ふれません

 

両方とも

人間の細胞より小さく

そして

人間の細胞をいじめるという

共通点があります

 

さて

O-157やノロなどの場合

症状は「胃腸風邪」レベル

ではありません

 

私もカキのノロウイルスで

やられたことがあります

これは食中毒といわれたり

感染性胃腸炎といわれたり

どっちやねん!

という感じですが

とにかく

死ぬかと思った

という月並みなセリフを

こころゆくまで味わえます

 

実際に高齢者など

すでに弱っている場合

亡くなることもありますが

自分が感染してみると

それが嘘でないことを

実感できました

 

 

ここではそういう

はげしいものではなく

いわゆる

下痢がひどいとか

むかむかするとか

頭痛もあるとか

熱もあるとか

そういったものについて

調べました

 

さて

人間の内臓には

たくさんの細菌がいます

大腸菌 ビフィズス菌

ピロリ菌などなど

その数は400種類以上

そして何兆個だそうです

 

O-157は大腸菌の一種で

とても悪い細菌です

そういう細菌は普段体内にいません

いたら即

重い症状が出ます

 

では

医師に

感染性胃腸炎です

といわれて

2,3日で治るでしょう

といわれ

ビオフェルミンなどを処方され

実際2,3日でなおるタイプのものは

何ウイルスでしょう?

どうも釈然としないのはやはり

原因がはっきりしないからです


スポンサーリンク

インフルエンザなら

インフルエンザウイルス

それもA型とかB型とかまで

教えてくれます

そして

あー 学校でもらったな とか

お父さんから感染した! などと

納得もできるわけです

 

しかしビオフェルミンをのみつつ

感じるこのもやもや感!

 

ここで大胆に

医師でないからこそいえる

自説を述べます

 

「有名なもの以外

ウイルス性胃腸炎

(感染性胃腸炎または胃腸風邪)の

原因は解明されていない」

のではないでしょうか

 

解明されていれば

インフルエンザに対する

薬のように

劇的に回復するものが

あるはずです

 

そう考えて

いくつかサイトを

あたってみました

すると

大幸薬品さんのサイトに

すごく納得できる説明がありました

 

それを噛み砕いてまとめると

1)

内臓の中にいる細菌には

良いもの

悪いもの

どちらにでもなるもの

の3種類があり

ほとんどが

どちらでもなるものである

2)

「どちらにでもなるもの」は

普段「よいもの」である

代表的なものは大腸菌などで

消化を助けたりしている

3)

「どちらにでもなるもの」は

時として

「悪いもの」になることがある

 

というものです

 

これですよ!

 

3)が原因ですよ!

だから医師は

はっきり言えないのですよ

○○菌のせいですとか

なぜなら普段は悪い細菌では

ありませんからね

 

それでは

どんなときに

悪くなるのか

人でいえば

グレるのか?

 

これがまた

おもしろいのが

大幸薬品さんによる説明では

「免疫機能が低下した時」との事

つまり噛み砕けば

「環境が悪い時」です

まるで人間と同じですね

 

環境が悪い

つまり免疫機能が低下する時とは

どういう時か?

それは

「寝不足」

「飲みすぎ」

「食べすぎ」

「人間関係のストレス」

などがあるときです

つまり

心や体に負担をかけてる時には

体内の細菌にとって

環境は悪いという事です

 

それってまさしく

正月に実家へ帰ったときの

自分を思い出せば

多くの人が

ビンゴ!ですよね

 

おなかの調子が悪いと

何をするにも億劫になりますよね

 

来年の正月明けは

体内の細菌をグレさせず

「おなか 絶好調!」

といえるようにしたいものです


スポンサーリンク

  • 2017 01.09
  • 感染性胃腸炎と胃腸風邪は同じもの!下痢嘔吐の予防と治療の方法は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー