スマートパーキングの使い方は?白いコーンについて簡単に説明してみた

  • スマートパーキングの使い方は?白いコーンについて簡単に説明してみた はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

ボンジョルノ! ウッチーです!

私の近所に最近見慣れないものが置いてありました。

高さ50センチほどの「白いコーン」です。

あの、三角形で円筒状のアレです。

道路工事などで良く見かけるものは赤いのですが、それが白いのです。

近づいて見ると「スマートパーキング」と書いているじゃないですか。

今回は、その使い方をまとめます。


スポンサーリンク


まずはアプリ!

スマホに向かって「オーケーグーグル」と言います。

すると、画面が白くなりますので「スマートパーキング」と言います。

おそらく検索の1番目か2番目に「S」のマークが出てきます。

カクカクしたSです。

それをタップして出てくる質問全にて「OK」をタップするとインストールできます。


次に設定

続いて、名前などの個人情報を入力していきます。

で、おしまいです。

これでいいの?っていうくらい簡単です。

登録時にはクレジットカード情報の入力はありません。

最初の駐車利用で入力が要求されるようです。


駐車場検索

いったん終了して、アプリをタップします。

すると自動的に現在地周辺の地図が現れます。

すると、自動的にさっき見た白いコーンの場所が「空」の文字と共に表示されています。

さっそく「空」をタップしてみます。

するとこんな画面が出てきます。

 

安い!

なんと、24時間最大400円!

すぐ近くの機械式パーキングは700円なのに!

そりゃそうですね、料金支払い機などの設備投資が必要ないのですから。


行ってみる

続いて「この駐車場へ行く」をタップします。

次に「グーグルマップで開く」をタップすると、グーグルマップで道が表示されます。

「スタート」をタップするとナビゲーションが始まります。

もちろん予約もできます。


スポンサーリンク


現地に着いたら

白いコーンを邪魔にならないところへ移動させて駐車します。

次に、コーンにスマホを近づけます。

画面に「本当に入庫しますか?」というメッセージが出てきます。

「はい」をタップすれば完了です。


出庫は

再びスマホをコーンに近づけます。

「本当に出庫しますか?」というメッセージが現れます。

「はい」をタップすると、クレジットカード情報入力へと移ります。

出庫した後にコーンをスペースの中央に戻します。

これで完了です。


どれくらいあるの?

ちなみに関東の地図にしてみるとこんな感じです。

 

すでにすごい数の駐車場オーナーが登録していますね。

私の住む関西でも大量に登録されています。

地図をスクロールすると、長野県にもありますが、やはり関東、中部、関西の3大都市圏と東海地方に集中しています。

やはり、アパートの駐車場が空いていたり、月極めの駐車場が空いていたりするのでしょう。

田舎だと駐車スペースはあちこちにあるので需要はあまりないでしょうが、都市部では結構あるでしょう。


どんな時に使う?

ウチでいえば、独立した息子や娘が帰省してきたときにありがたい駐車場になります。

これまでは、少し離れた機械式パーキングに24時間700円で停めていました。

これからは、すぐ近くで、しかも400円ですから大助かりです。

路地裏観光にもいいですね。

大通りから少し入ったところにあることが多いので、一人でドライブしてちょっとこのヘンぶらぶらしてみようかなっていうときには重宝します。

または、ちょっと仮眠とろうかなとか、スマホのラインをじっくり確認しようかなとか。

駐車場のない小さなお店をネットで見つけた時にも使えます。


もう1つのスマートパーキング

さて実は、もうひとつ「スマートパーキング」があるのです。

それは「docomoスマートパーキング」です。

こちらはその名前からわかる通り、ドコモの運営です。

違いと言えば、

・関西ではまだオーナーが多くない。

・停める前(アプリのインストール時)にカード情報を入力する。

・ある程度の時間キープ(予約)できる。

といった点です。

アプリの名前はPeasyです。

先にカード情報を入力するので、1回目の駐車は楽ですね。


スマートパーキングアシストとは?

ちょっと余談ですが、スマートパーキングと聞けば「あの、縦列駐車をやってくれるやつ?」と思う人もいるでしょう。

そうです、ホンダでは駐車するときに運転手を支援する装置をそう呼んでいます。

しかし正式にはスマートパーキングアシスト なんですね。

こっちの方が歴史が古いので、ちょっと混乱しそうです。

どうせなら白いコーンの駐車場は「スマホパーキング」に変えた方が良い気がします。

ドコモは「ドコモパーキング」とかの方がわかりやすいのではないかと思います。


スポンサーリンク


まとめ

以上、スマホパーキングじゃなくてスマートパーキングの説明でした。

自宅の駐車場も貸し出せますし、不正駐車で困っている地主さんにも朗報です。

なぜなら、アプリには不正駐車を通報する機能もあるからです。

世の中どんどん便利になって良いことですね。

  • 2017 12.26
  • スマートパーキングの使い方は?白いコーンについて簡単に説明してみた はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー