石原真理子の事件は墨田区のどの地下スーパー?刑法の窃盗罪は何円から適用される?

  • 石原真理子の事件は墨田区のどの地下スーパー?刑法の窃盗罪は何円から適用される? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

2017年7月18日、万引きの疑いで警察に事情を聞かれたという石原真理子。ではその現場はどこなのでしょう。そして今後どんな処罰があるのでしょう。

今回は事件現場について、そして万引きの裁判を傍聴した体験の続きをまとめます。

参考→石原真理子は懲役の実刑?少額窃盗の万引きに刑務所行きの可能性はあるのか?


スポンサーリンク


墨田区のスーパー?

報道によると、事件現場は東京都墨田区のターミナル駅そばにある地下スーパーとのことです。これは地元の人なら迷うことなく確定できるそうです。というのは墨田区在住の知人に尋ねてみたのです。

「ぜったいあそこ」というその店は、錦糸町駅横、テルミナというビルの地下にある「ザ・ガーデン自由が丘」です。まず墨田区のターミナル駅というのは、錦糸町か両国です。そして両国駅近くの地下スーパーというのはありません。

この「ザ・ガーデン自由が丘」というのは、高級スーパーです。公務員で子育て中というレベルの庶民が買い物する店ではありません。まあそんな人もたまには奮発することがあるでしょうけど、独身者や高所得者など余裕のある人がメインターゲットです。

彼女のブログによると万引き疑惑を完全に否定しています。真相は不明ですが、報道されている店は錦糸町駅そばの地下「ザ・ガーデン自由が丘」で間違いないでしょう。


裁判の前半

さて記事の続きにもどります。前回は万引き裁判の傍聴体験を書きました。前回の大まかな流れとしては、

1、被告人の本人確認

2、どんな罪を犯したか確認

3、罪を認めるか確認

4、検察官が犯罪の中身を詳細に説明

5、処罰が軽くなるように弁護人が説明

というものでした。

前回石原真理子は懲役の実刑?少額窃盗の万引きに刑務所行きの可能性はあるのか?


証拠調べ

弁護人の弁護終了後に検察官から証拠が提示されます。分厚い書類に証拠の写真や証言が入っているようです。中身をざっくり説明して、それを証拠として採用するかどうか決めます。被告人が内容を事実と認めた後に裁判官へ手渡しされました。

ここでの目的は事実を明らかにすることです。被告人が無実を主張していたりすると時間がかかります。そうなると目撃者が証人として呼ばれて検察官から質問を受け「見ました」と証言したりするわけです。

しかしスーパーの万引きを見張っていたおばちゃんが証人に立つことはありませんでした。すでに被告人が罪を認めているからです。殺人や傷害事件ならば、この時間帯に証拠物(ナイフとか)、証拠書類(殺人を指示した手紙とか)などが示されることになります。

受け取った裁判官は、少し時間をかけてその書類を見ていました。「予習してないんだ」と初めて知りました。


被告人質問

次は弁護人、検察官、裁判官の順で被告人に質問をします。まず、弁護人は「万引きしたものを作業員に差し入れするつもりだった」ことと、「ずっと自腹を切っていて苦しかったこと」、そして「今回の逮捕で婚約がフイになったこと」を質問して強調しました。

続いて検察官は、水だけをレジで精算したという手口について質問しました。「そんな慣れた手口を使うということは、今回以外にも万引きをしているのではないか。」と詰め寄りました。

すぐに弁護士の手が上がり「その質問は本件とは関係ありません。止めてください。」と発言がありました。少しの沈黙があり全員が裁判官を注目しました。しかし「検察官の質問を認めます。」とアナウンスされました。

被告人は「この件以外にはやっていません。」と答えましたが、かなり疑わしい印象をあたえました。


スポンサーリンク


裁判官の質問

続いて裁判官が被告人のおっちゃんに質問します。

「あなたは3年前にも男性用下着を万引きしていますね。それはなぜですか。」「当時は収入も少なく、離婚後の慰謝料もあって生活が苦しかったからです。」

「では、お金に困ったら万引きをするということですか。」「いえ、そんなことはありません。この3年間は万引きしていません。」

「前回は逮捕されたものの、罰金刑で済んでいますね。その時に、次に万引きしたら罰金ではすまないと言われませんでしたか。」「いわれました。」

「罰金ですまないということは刑務所に入るということですが、わかっていましたか。」「はいわかっていました。」

「ではなぜ、また万引きしたのですか。」「・・・・・しどろもどろ・・・・結婚資金が・・」

「もう万引きしないと誓えますか。」「はい、誓えます。」

「なぜ誓えますか。」「今回は店長さんからとてもやさしい言葉をいただいきました。そしてこんな私をまだ雇ってくれる会社もあります。そういう人を裏切ってはいけないと思っています。」


求刑

最後に検察官から処罰の希望が宣告されます。「被告人に懲役1年を求刑します。」

続いて弁護人から、「被告人を執行猶予付きの刑にすべき」と希望が述べられました。つまり刑務所には入らずに観察期間が過ぎれば処罰なしにすべきということです。

・すでにお金を弁償している。

・被害者である店長が罰を希望していない。

・婚約の解消によって社会的罰を受けている。

という理由でした。

最後に、被告人がコメントを言います。「特にありません。よろしくお願いします。」とのことでした。


判決

ここまでが約1時間でした。被告人と仕事をしている法廷のみなさんには不謹慎ですが、おもしろくてあっという間でした。被告人の人生、被告人の人間性などがライブなだけに強く伝わってきました。

そして検察官からは、法によって社会秩序を守ろうという情熱が感じられました。学校の先生に共通するところがありました。弁護士からは、被告人をしっかり反省させた上で人生をやりなおさせてやろうという愛情を感じました。

裁判官からは、両方の意見をしっかり聞いて偏見や先入観なく、公平で愛情を持った判決を出そうという意思が感じられました。罪を憎んで人を憎まずという言葉が誰の心にもあった1時間でした。

判決は1週間後の10時に言い渡します。みなさん都合はいいですか。」「はい。(検察官と弁護人)」「被告人も来れますか。」「はい。」「では以上で閉廷します。」


まとめ

物を盗むのはなぜいけないかといえば、1つはやはり経済活動が正常におこなわれなくなるという理由があります。経済というのはある意味、国の最も重要な活動です。それぞれの国に貨幣があり、政治が景気をコントロールしています。

窃盗が横行する国であれば、お金を稼ぐ工夫や努力が意味をなしません。そうすれば、商品やサービスのクオリティは下がります。その結果、国は衰退するでしょう。国が衰えれば内戦や戦争が起こります。実は世界平和と結びついているのです。

そういう意味では、たかが万引きされど万引きです。炭酸飲料とブルボンルマンドで640円であっても検察官と弁護人と裁判官が1時間も議論するだけの値打ちがあるのです。書類を揃える時間も含めれば膨大な仕事量です。でも世界平和のためなんです。

司法に関係する人々の仕事は国と地球を支えていると実感した裁判傍聴でした。本当に元気をもらえました。「自分も日本と世界のためにがんばろう」と思えました。判決も聞きにいく予定にしています。

参考→裁判員に選ばれたら殺人写真の確認や死刑宣告もある?拒否はできる?

参考→大崎事件ってどこでいつ起きたの?なぜ無実のおばあちゃんが懲役10年?


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターや

フェイスブックのアイコンを押して拡散していただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

  • 2017 08.02
  • 石原真理子の事件は墨田区のどの地下スーパー?刑法の窃盗罪は何円から適用される? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー