小林誠司の用具メーカーは?出身と家族そして甲子園決勝秘話とは?

  • 小林誠司の用具メーカーは?出身と家族そして甲子園決勝秘話とは? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2017年のワールドベースボールクラシック(WBC)も3月20日現在、準決勝と決勝を残すのみとなりました。この大会でチームの中心は誰か?と聞かれれば多くの人が捕手の小林誠司選手をあげるのではないでしょうか。今回は彼の経歴や用具メーカーなどについてまとめます。


スポンサーリンク


大阪出身の関西人

小林選手の出身は大阪府堺市です。大阪府の中心よりは南にある人口約85万人の大都市です。大都市ではありますが、最も有名なのはおそらく「大仙古墳」です。日本最大の古墳で、仁徳天皇の墓ともいわれるものです。1989年生まれの小林選手は、古墳だらけの街で中学まで育ちます。

大仙古墳(引用元:wikipedia)


水泳一家

お父さんはなんと!国体400メートル自由形の優勝スイマーです。国体ってオリンピック選手も出ますよね。すごいDNAですね。お母さんもスイマーで、職業がスイミングスクールのコーチ(インストラクター)です。小林選手も当然、赤ん坊の時からプールに入り、英才教育を受けました。


しかし心は野球へ

可動域の大きい肩や肘そして強肩は、水泳のトレーニングでできあがったものでしょう。彼自身も「肩や肘に深刻な故障が無いのは水泳のおかげ」と言っています。そんな彼ですが、小学校2年生で始めたソフトボールにハマってしまいます。大阪府南部はソフトボールと野球の盛んなところです。大阪府知事が橋下さんの時、全校の芝生化をやりましたが、ソフトボールや野球の練習ができないといって、保護者が重機をもってきて芝をはがした岸和田市は堺市の近くです。


カミングアウト

「どうやって水泳をさぼろうか、いつも考えていた」という彼が、両親に水泳をやめて野球をしたいと打ち明けたのは小学校6年生の時だったそうです。両親は残念だったでしょうね。そして中学では泉北ボーイズに所属して投手兼内野手として硬式野球をプレーしました。しかし目立った選手ではなかったようで、大阪桐蔭や履正社といった大阪の名門には声がかかりませんでした。


広島の高校へ

大阪の名門をくぐれなかった彼は、広島の広陵高校へ野球留学します。ここでも投手としては2番手以降の扱いで、1年生の途中から監督に捕手をすすめられます。監督の中井さんは「プライドの高い子なら、(投手をあきらめろという提案を)受け入れなかっただろうけど、小林は受け入れて真面目に取り組んだ」と語っています。


そして甲子園

彼は同級生の一番手投手である野村選手(元広島東洋カープ)が投げやすい捕手になろうと努力します。このバッテリーはすばらしいコンビで連戦連勝し、2年の3月にはセンバツ8強、3年の夏は準優勝をします。決勝戦で審判の判定に対してミットを地面にたたきつけ、監督の中井さんを見つめた行為はあまりにも有名です。しかし、ミットを叩きつけたことで投手が同様し、逆転の満塁ホームランを打たれたことを反省し、捕手は何があっても冷静でいるべきという教訓を得たようです。

参考→夏の甲子園2017の対抗馬を予想!優勝候補の大阪桐蔭を倒すチームはどこだ?


スポンサーリンク


大学で4連覇そして日本生命

高校卒業後は地元関西へ戻り、京都の同志社大学へ進学します。入学してすぐに正捕手となり、関西学生野球の同志社4連覇に貢献します。大学を出るときには「ドラフト1位以外は社会人野球」と宣言しました。そしてドラフト1位指名はなく、日本生命へ入社します。ここで3年間プレーして「社会人ナンバーワン捕手」の評価をもらうまでに成長します。そして2014年のドラフト会議でジャイアンツの1位指名を受け、プロ選手となります。


阿部慎之助という壁

しかしジャイアンツには阿部慎之助というすごい捕手がいました。1年目の2014年、翌年の2015年ともに阿部選手の控え捕手という立場でした。ただし菅野投手が投げるときは、出場することが多くありました。小林選手のリードは「イケイケ」とのことです。普段はそんなに攻撃的なキャラクターではありませんが、配球は攻撃的だそうです。それが菅野投手には合っていたのでしょう。


27歳で正捕手へ

3年目の2016年は阿部選手が故障ということもあり、多くの試合に出場しました。捕手としては珍しく規定打席にも達しました。そして2017年のWBCに選出されたわけです。しかし、ここまでの活躍を誰が予想したでしょう。さわやかなイケメンで女性にも大人気ですが、イマイチの彼が超一流に変化したのは、どうやら2016年のシーズンオフに阿部選手と、グアムで合宿トレーニングをしたことと関係ありそうです。


丸刈り指令

グアムキャンプに阿部選手は「丸刈りで来い」と命じます。つまりさらさらヘア―を売りにしていた小林選手に「髪形を気にしている捕手は二流」と突きつけたわけです。確かに守備の時に唯一ヘルメットをかぶるポジションである捕手は、頭がむれて髪形など維持できません。しかし20代の独身男性なら、ヘアースタイルはこだわりたいものです。そこに阿部選手から「活」が入ったわけです。おそらくキャンプ中も、一流選手のメンタルを徹底的に叩きこまれたのでしょう。そうでないと、WBCという異常なプレッシャーの中で活躍できるはずがありません。


まとめ

彼のマスク、ミット、プロテクターはZETTです。その中でも胸部と腹部を守るプロテクターに全く凹凸がなく薄っぺら。すごく目を引きます。こんなので大丈夫?といった感じです。しかし新素材でしっかり衝撃を吸収するらしいので、つけている小林選手にとっては軽くて楽でしょうね。これから野球人気を盛り上げる中心選手になりそうな彼に注目です。

参考→徳山壮磨のストレートは最高時速何キロ?身長と体重そして出身地は?


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!


スポンサーリンク

  • 2017 03.20
  • 小林誠司の用具メーカーは?出身と家族そして甲子園決勝秘話とは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー