高梨沙羅のメイクはアイラインが韓国風?可愛い化粧のやり方まとめ

  • 高梨沙羅のメイクはアイラインが韓国風?可愛い化粧のやり方まとめ はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

Pocket

ピョンチャンオリンピック冬季大会は大会4日目の2月12日

 

ノルディックスキージャンプ女子を行いました

一回目103.5 M で3位につけた日本の高梨沙羅が
二本目も103.5メートルを飛び銅メダルを獲得しました


スポンサーリンク


ベストジャンプ

金メダルを期待していたファンには残念な結果だったと思いますが
高梨沙羅にとってはベストなジャンプだったということで
笑顔の溢れる表彰式となりました
その高梨沙羅
韓国でもすごい人気があるっていうことをご存知でしょうか
ジャンプ競技の会場にも韓国系メディアが山のように押し寄せていました
人気がある理由はもちろん第一にその実力です
アジアのトップ選手であるという点が大きいでしょうね
そして見逃せないのがそのメイクです
日本で流行しているメイクと韓国で流行してるメイクは微妙に違うのですが
高梨沙羅のメイクは韓国風メイクのポイントをきちんと押さえた本風メイクとなっています
そこが日本韓国両国で人気のある理由の一つとなっているのです
17歳でソチオリンピックに出た彼女を覚えている人ならば
高校を卒業した頃から急に大人びた表情になったのを覚えている人もあるでしょう
もちろん彼女の精神的成長が表情に現れているわけですが
きちんとお化粧をし始めたという点も見逃せません
それでは今回彼女が採用している韓国風メイクについて解説していきましょう


スポンサーリンク


眉毛

韓国風メイクの特徴はアイラインにあります
そしてそれと調和した眉毛がポイントです
強い印象を出すアイラインに負けないまゆが必要です
ですので日本で流行しているまゆよりも若干太めの眉毛が描かれま
そして目とほぼ平行になるように眉毛を作ります


アイシャドウ

そしてアイシャドウは薄い茶色またはホワイトが使われます
つまり韓国式メイクではアイシャドウはあまり重要なアイテムではありません
そして最大の特徴であるアイラインはくっきりとした黒色を使いま
日本のメイクは目を大きくつまり丸く見せるのが目的であるのに対して
韓国のメイクは横に長く見せるのが特徴です
目じりをしっかりひらがなのくの字で囲むように描くのがポイントで
その際やや垂れ気味にラインを伸ばします
少し前までは少し吊り上げ気味に伸ばすのが韓国では流行でしたが
最近ではやや垂らして幼くて可愛い雰囲気を出すようになってきました
高梨沙羅のアイメイクもこの流行に沿っているように見えますね
チークは日本で濃いめに塗られます
色もピンクやオレンジ系と言った鮮やかな色が好まれます
しかし韓国ではチークを塗らない人も多いのです


涙袋

そして最後の仕上げは目の下にある涙袋です
韓国風メイクではここをしっかりと強調します
高梨沙羅はもともと涙袋が大きいタイプなので特に強調しているメイクには見えませんがやはりある程度強調しているようですね
涙袋のメイクにはライナーアイシャドウを使います
以上2018年ピョンチャンオリンピックで見事に銅メダルを獲得した高梨沙羅のメイクについてまとめてみました


スポンサーリンク

  • 2018 02.14
  • 高梨沙羅のメイクはアイラインが韓国風?可愛い化粧のやり方まとめ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー