ロヒンギャはテロリスト?家を焼かれて女性や子どもが殺される問題は解決しないの?

  • ロヒンギャはテロリスト?家を焼かれて女性や子どもが殺される問題は解決しないの? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2017年8月末から激増しているロヒンギャ難民。何年も前からミャンマーから逃げ出すロヒンギャはいたものの、ここ1ヶ月の動きは異常です。40万人と言われる人たちが陸続きの国境を越えて隣国へ避難しています。

しかし隣国バングラデシュもロヒンギャを受け入れる意志を全く持っておらず、「とりあえず黙認」「支援も救援もせず放置」「そのうちミャンマーへ帰ってもらう」という態度です。船に乗ってタイやインドネシアを目指した人々も上陸を拒否されています。

お金を払って運よく上陸できても人身売買のブラックマーケットが彼らを闇から闇へ葬り去るという悲惨な状態です。タイは臓器売買の組織がうごめいている国です。特に子どもの臓器は手に入りにくく、市場では高値がつくようです。


スポンサーリンク


テロリスト

避難途中に亡くなる幼児や高齢者もいます。避難先では食料や水、トイレなどがありません。様々な救援組織やユニセフが彼らを支援しています。私も少額ですが寄付をしました。それらの支援は寄付金で成り立っているのです。

支援先はこちら→ロヒンギャ緊急支援

ここも活動しています→国境なき医師団

この問題の出口はどこにあるのか見えない状態です。いわゆる泥沼化と言われています。しかしそうでしょうか。解決は簡単です。故郷に帰ればいいのです。ではなぜ帰れないのか。問題はそこです。

自分の家に帰れない理由、それはミャンマーの軍隊が彼らをテロリストとして皆殺ししようとしているからです。ではなぜ皆殺しされるのかというと、100万人以上いるロヒンギャの中に武装してミャンマーの軍や警察を襲う人がいるからです。

 


旧日本軍

そしてミャンマーの軍は犯人を特定できずにいます。それなら皆殺しだという論理です。テロリストがいるかも知れないから可能性がある家は全て焼く、大人の男は全て殺す。女は性暴力で痛めつける。

日本軍と中国との戦争が泥沼化した時に似ています。中国軍の兵士は民衆にまぎれて神出鬼没なゲリラ作戦を展開しました。日本軍は「人を殺す、村を焼く、財産を奪う」という作戦を実行しました。いわゆる三光作戦です。

日本軍兵士の性暴力も増加していったため、陸軍の要請で売春業者が動きました。そして中国各地に売春施設が作られたのです。「従軍慰安所」です。そこで「戦地の看護師助手(慰安婦)として働きませんか」という募集に応じた朝鮮半島の若い女性を働かせたのです。


スポンサーリンク


従軍慰安婦

貧しい実家を助けようと募集に応じたら仕事は売春だったというわけです。そんなひどい事をしたのに「そういうことをしたのは日本だけじゃない」と開き直る人がいるから70年以上経った今も日本へのバッシングがあるわけです。歴史の汚点は簡単にクリーニングできません。

しかしそれももう少し原因をひもとけば、中国を甘く見たということに行きあたります。1937年7月7日、強引に軍隊を侵攻させ、北京そして上海を占領したので一気に首都南京を支配して半年で降伏させようという考えが間違いだったのです。

結局その後は中国をアメリカやイギリスが応援する形となり、中国内部の争いもひとまず仲直りとなり、弱いと思っていた敵が強くなったのです。そうして長期化し、何のために戦争をしているのかという大義も薄れたために兵士のモラルが下がったわけです。


人殺しにも大義名分

ミャンマーの兵士も当時の日本兵も、家に帰ればやさしいお兄さんやお父さんなのでしょう。そんな男たちが人を殺し、女性を襲うのです。戦いに意味を見いだせない時、人は壊れます。

戦争が善か悪かといえば悪であるのは間違いありません。しかしナチスやヒトラーと戦った人たちは悪と言えないでしょう。ユーゴで虐殺が行われた時にクリントン大統領が加害者側の拠点を空爆しました。これも賛否は分かれますが正義という人も多いわけです。

しかし日本軍が中国でおこなった行為や今回のミャンマー軍がロヒンギャに対しておこなっている行為は100年経っても正当化されないでしょう。善悪の価値は時代とともに変化するとしてもそういう行為は許されるはずがありません。「


制裁すべき政府は

最善の解決策は彼らが故郷に帰ることです。今は焼かれてしまったとしても土地はあるのです。世界からの援助があれば住居の再建はすすむでしょう。そしてミャンマーはロヒンギャに市民権を与えるべきです。過去は水に流すべきです。

生活のインフラを整え、教育の権利を保障し、一般の国民と同レベルの福祉を受けられるようにすべきです。その待遇の中でテロリストは生まれません。そして国連は朝鮮に経済制裁を決めたのですから、今のミャンマーにも制裁をちらつかせるべきです。

ロケットを飛ばして誰かが亡くなったのでしょうか。ロシアから供給されたエンジンを使って飛ばしたロケットで多くの難民が生まれたでしょうか。「ええかげんにせんかい!」と叱る相手を国連は間違えています。

関連記事→朝鮮のミサイルを正距方位図法で確認したら北海道上空を通過していない?

関連記事→ロヒンギャってどんな民族?難民が増えるとどうなるか分かりやすく説明してみた


スポンサーリンク

  • 2017 09.25
  • ロヒンギャはテロリスト?家を焼かれて女性や子どもが殺される問題は解決しないの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー