ピュアキッズの遊び場は何がある?ボールプールやトランポリンは楽しいの?

  • ピュアキッズの遊び場は何がある?ボールプールやトランポリンは楽しいの? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

ピュアキッズに関するお得情報その3です

その1はこちら その2はこちらです


スポンサーリンク

さてピュアキッズは大人も子どもも同じ料金

(時間無制限で990円)ですから

大人が2人入場すると結構な料金になります

ですからここは

ママにフリータイムをプレゼント

するのがおすすめです

または1時間ずつフリータイムをとり

交代で入場することもできますから

それもありですね

子どもは絶対夢中で遊びますから

途中で大人が交代したことに気づかないと思います

それくらい魅力があります

ところで「遊び」っていうのは

本当に子どもに必要な活動です

幼児と一緒にままごとや砂遊びをすればわかりますが

脳の疲れ方は半端ないです

だって

「アンパンマンにパンを食べてもらいましょう」

と言って

「パクパク」

とか言いながらティッシュの切れはしとかを

アンパンマン人形の顔に近づけるわけです

そして声を変えて

アンパンマンらしい声とイントネーションで

「ありがとう」

とか言うわけです

何に疲れるかというと

脳を想像力モードにして

仮想世界の構築をするエネルギーを生む作業です

これをAIがやれば結構電力を食うでしょう

現実の世界を把握するのに脳は大した労力を使いません

たとえばトランプ大統領が失礼なことを言ったとか

明日は寒くなるとかいった情報です

しかし 想像 創造 ともに

脳のパワーはかなり使います

私がこの記事を

「教育」カテゴリーに分類しているのは

さすかNIKKE(ピュアキッズの運営会社)さん

学生服のトップメーカーだけあって

子どもの未来に貢献しようとする姿勢の表れでしょう

こうやって「遊び場」を提供することで

子どもは脳を使います

そこで子どもの想像力や創造力がどれだけのばせるか!

20年後は知識よりもアイデアの時代が来るでしょう

その時 子ども時代に遊ばなかった子は苦労するでしょう

もしも日本がこのまま

ままごとよりも英才教育みたいな風潮で推移すれば

国力の衰退は明らかです

NIKKEさん 日本を愛していますね

いや世界を愛しているのでしょう

 

さあ入国です

まず 靴を脱ぎましょう

ロッカーがありますのでそちらへ直行します

ちなみに施設内にトイレもあります

つかしんでは一番奥です

行列にならんで尿意限界という場合はまずそちらへどうぞ

さらに荷物もロッカーに入れた方が賢明です

お財布とケータイだけ

ポケットに突っ込むか

ななめがけバッグに入れて

遊び場にGO!


スポンサーリンク

まずおすすめしたいのは

というか絶対行ってほしいのが砂場(サンドパーク)です

これどこの砂?と思わせる白くてさらさらの砂!

しかも抗菌とのこと

もうさわっているだけで癒されます

いやいや大人がうっとりしている場合ではありません

しかし いつもは公園の砂場で絡んでくる孫娘が

1人でもくもくと遊ぶ姿に

やはり砂の違いは大きいな と実感!

ここで15分はあっという間です

砂場エリアから出るときは

ブラシで砂を落とします

冬は結構折り返しのある服を着たりしているので

そこに砂がたまります

暖房が効いていますから

大人も子どもも思い切って薄着になったほうが

砂をためずにすみますし

そのあとの遊具でも動きやすいですし

ブラシも簡単にすみます

 

続いてオススメが

乗り物パークにある1人乗りの車です

車と言ってもペダルでこぐのでなく

すわった状態で歩く(地面をキックする)のです

不思議な乗り物ですが

見ていてもわくわくします

乗りたそうにしていましたが

大人気で結局乗れませんでした

次は 乗せてやりたいです

 

そして次は遊びの王道 滑り台です

親子で滑って良いので幼児でも安心です

ここまでで軽く30分は経過します

 

続いて これも定番のボールプールです

これはとにかくでかい!

プール内にいる人数を数えてみました

大人と子どもで約50人!

それでもまだ少し余裕あり!

ここでの注意は

すりあしで歩くこと(特に大人)

ボールに乗ってしまいころんだら恥ずかしいですよ!

他の子にぶつかっても危ないですしね

 

ボールプールには空中トンネルが付属していて

幼児だと立って移動できます

ところどころ透明ですから

何というか 海遊館みたいな水族館感覚が味わえます

 

続いてのオススメは

滑り台の近くにある 巨大トランポリンです

ドーム型なので 落ちる心配がありません

おとなしいお子さんは 絶対向いていませんが

うちの孫娘はキャーキャー言って跳んでいました

というか大きい子が跳ぶ勢いで勝手に自分が跳ぶのです

ここでの注意点は 特に付き添いの保護者に対してです

「酔います」

いわゆる船酔いです

いっしょになって盛り上がると

気分が悪くなる可能性があるので

酔いやすい人は注意しましょう!

 

そのほか ステージでは

おねえさんが子どもたちをステージに上げて

楽しませてくれます

 

昔 遊園地にあった

レールの上を走るミニ列車もあります

(うちの孫娘はいやや!といって乗りませんでしたが)

 

いろいろなパーツのあるブロックのゾーンもあって

ブロックが好きな子にはとても良いです

 

そして 着せ替えコーナーでは

アナ雪のようなドレスから

もう こんなのまであるの?

という服が置いてあり そ

れを着て スタジオ風な背景で

スマホ撮影ができます

キラキラ系の子ならここだけで1時間過ごせそうです

 

というわけで 他にもいろいろあって2

時間なんてあっという間というピュアキッズです

 

しかも置いてある遊具のクオリティが高いので

子どもの脳にも良い刺激が入ります

ぜひ行ってみてください

そしてコメント欄で情報を交流できると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました


スポンサーリンク

  • 2017 01.28
  • ピュアキッズの遊び場は何がある?ボールプールやトランポリンは楽しいの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー