ピュアキッズに車で行く時の注意点は?駐車前にオススメの持ち物は何?

  • ピュアキッズに車で行く時の注意点は?駐車前にオススメの持ち物は何? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

1歳半の孫娘を連れてピュアキッズに行ってみました

今回は 現地での経験をもとに

役立つ情報をお伝えします


スポンサーリンク


娘に娘が生まれたのが2016年7月

初孫ということなんですが

私自身おじいさんと呼ばれるのには

抵抗がありますので

孫にはbossと呼ばせています

 

まだ52歳ですし

腹筋も割れてますから

まあbossでいいでしょう


さてピュアキッズは正式名称が

Pure Heart kids land です

純粋な心の子どもたち

というネーミングがまず良いですね

施設のコンセプトが感じられます

 

運営しているのがなんとNIKKE!

驚きますね!

教員である私は 特に驚きます

なぜなら日常的にこの会社ロゴを目にしますので!

学生服のトップメーカー日本毛織株式会社

通称ニッケです

しかし驚きながらも納得できます

テニス愛好家である私は

これまでもNIKKEが

プロテニスの大会スポンサーになったり

プロテニスプレーヤ―と契約していたり

したのを知っていましたから

 

おそらく経営方針として

「夢を応援」的なものがあるのだろう

と感じていました

なので 私がピュアキッズの入口ゲートで

NIKKE

のロゴをみたとき 」「えっ!・・・・」

「でもわかる!!」という感じでした

 

さて私が行ったのは

「尼崎(あまがさき)つかしん店」です

まあ他の店も基本的なところは似ているようですので

今回の情報は生かしていただけるでしょう

 

その土曜日はお仕事(部活動指導)も無く

妻の母と娘 そしてその娘に楽しんでもらおうといざ

3人を乗せてエンジンスタート

 

妻はごろ寝の土曜日を満喫です

 

10時半ごろ「つかしん」駐車場到着

妻の母は

「つかしん温泉 湯の華廊(ゆのかろう)」

が目的なので まず「にしまち駐車場」を目指します

ピュアキッズだけが目的の場合は

「ひがしまち駐車場」に停めましょう

でないとかなりの距離を歩くことになります

ここはタイムズの営業ですので

駐車券をとらないといけません


スポンサーリンク

今は多くのモールで

入場時にチケットをとるシステム

になっていると思います

昔のつかしんは駐車場も直営で

出る時だけのチェックでしたから

入るときに渋滞することは少なかったのですが

今は駐車券で一旦停車しますから

必ずといってよいほど渋滞します

といっても10分程度です

他のモールにしてもそれくらいは

覚悟した方がよいでしょう

しかし景色も何もない10分は

結構ストレスで

特に幼児にとってはつらいものがあります

景色が変化しているときに落ち着いていた子が

トンネルの中で渋滞にはまるとぐずる

というのは あるあるです

ですから必要なものとして

カーナビ用 アニメDVDです

まあこれはほとんどの車に常備してあると思います

しかし 今日はいらないだろう

と甘く見て積み忘れると最初の渋滞で

ストレスレベルがかなりあがること間違いないです

DVDも見飽きたものでない方が良いです

あ 前に進まないなー アンパンマンでも見るか!

っていうノリが大切です

当然ですが 水筒は必須アイテムですね

子どもがぐずぐず言う3大原因は

「ねむいとき(退屈を含む)」

「おなかがすいたとき」

「のどがかわいたとき」です

育児・育ジイ歴30年:私の経験では

「サースティ」の可能性が一番高いです

現地の自動販売機で買えばいいや

と思っていると駐車場での渋滞時に

どうにもなりません

お茶だとイライラがおさまらない時は

ヤクルトや

リンゴジュース(ストロー付き)が効果的です

とにかく何事も 最初が肝心です

大人にとってはちいさなイベントですが

ピュアキッズに行くというのは子どもにとって

海外旅行くらいの価値があります

入国で台無しにならないように気をつけましょう

大人もホットコーヒーなどミニ水筒に入れておき

それを飲みながら一緒にDVDを見て盛り上がる

くらいの余裕が欲しいですね

あれ もうゲートだ くらいだと最高です

さあ車を止めてモールへ入ります

あ すでに結構な文字数になってしまいました

続きはこちらです

読んでいただきありがとうございました


スポンサーリンク

  • 2017 01.28
  • ピュアキッズに車で行く時の注意点は?駐車前にオススメの持ち物は何? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー