トランプ大統領は頭がいい?どこの高校や大学を卒業したの?

  • トランプ大統領は頭がいい?どこの高校や大学を卒業したの? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

ボンジョルノ! ウッチーです!

 

いよいよトランプ大統領が日本へ来ますね!お騒がせ、非常識、支持率が最低の大統領ということで何となくワクワク感が高まっています。

 

いかにも「高学歴」っぽくない人物のトランプですが、実際はどうなのでしょう?彼が卒業した学校を調べてみました。


スポンサーリンク


出生地

 

まず彼は1946年生まれで日本いえば昭和21年ですから結構なおじいさんです。しかしあの元気さはちょっとすごいですね。

 

奥さんも若いし、話してもハキハキしているし、71歳とは思えません。

さて、そんなドナルド・トランプが育ったのはニューヨーク州のフォレストヒルズという街です。

 

ニューヨークといえば、高層ビルとかネオンとか人ごみっていうイメージがあると思いますが、フォレストヒルズは違います。


フォレストヒルズ

 

 

まず場所はここです。

一般的にドラマや映画の舞台になるニューヨークというのはマンハッタン島の上にある市街地のことです。911のテロもここで起きました。

 

マンハッタン島はハドソン川とイースト川に挟まれた三角洲です。大阪で言えば中之島みたいなものです。

 

そこから、イーストリバーを渡ると住宅地になります。ニューヨークへ通勤する人の家が並んでいます。

 

マンハッタンに近いほど物件は高いわけですが、トランプの生まれたフォレストヒルズはマンハッタンから約5キロと結構離れています。


父が学校評議員

 

それでもこのあたりの家は、かなりの豪邸です。事業に成功した人や共働きで収入の多い人でないと住めない地域であることに間違いありません。

 

東京で言えば世田谷、関西で言えば芦屋あたりのイメージです。

トランプはまず、この高級住宅街にある小学校へ入ります。彼の父が学校の運営委員をしていたのです。

 

アメリカの学校における運営委員というのは、日本で言えばPTA会長みたいなものです。日本のPTA会長は学校の方針に口を出せませんが、アメリカは出せます。


7年生

 

口を出す代わりに寄付もします。音楽室のピアノが古いといえば運営委員がポンと買う、とか運営委員が寄付を集めるとかするわけです。

 

大きな寄付があれば、先生を増やすこともできます。そうして学校の評価が上がれば州からの予算も増えて学校のクオリティが上がるというのがアメリカの学校です。

まあ格差を作ってモチベーションを上げさせるという移民の国らしいやり方です。

 

トランプはこの学校で8年生途中まで過ごします。日本の中2です。


スポンサーリンク


教師に暴力

 

しかし8年生の時には転校しています。ニューヨーク・ミリタリー・アカデミー(以下NMA)という学校です。

 

その理由は、先生に暴力をふるったからです。音楽の男性教師があまりにも偉そうにしているのに立腹して殴ってしまうのです。

トランプ曰く、「音楽の事をわかっていなかった」とのことです。

 

学校評議員の父親にしてみれば、良い学校にしようとしていたのに、自分の息子がぶち壊したという構図です。


転校

 

当然父と息子は学校を去りました。そして父が転校させたのがスパルタ教育の男子校NMAだったのです。

 

場所はこちらになります。

自宅からはこうなります。

車でおよそ1時間半離れたところにあります。当然通学できませんので、寮に入りました。

 

というか全寮制なのです。父にしたら軍人を養成する学校で息子を鍛えてもらおうという計算だったのでしょう。

トランプはこの学校が合ったようで、攻撃的な自分の性格をポジティブに運用するスキルを身につけたと言っています。

 

ここで5年間を過ごして18歳になります。普通なら士官学校に入るところですが、トランプはそれを選びませんでした。


また転校

 

彼は事業がしたかったのです。そして父もそれを望んでいました。そこで彼はフォーダム大学に入学します。

 

この大学は特に法律学科が有名でアメリカではトップクラスです。有名な卒業生としては、アフリカ系アメリカ人初のオスカー(アカデミー主演男優賞)をとったデンゼル・ワシントンがいます。

しかし経営を勉強したかったトランプにとっては合わない学校でした。3年生になるときにペンシルバニア大学への編入試験を受けて合格します。

 

場所はこちらになります。

 

ニューヨークからは近いですね。

 

アメリカの大学は、学部が独立した学校のようになっており、大学の評価をするときは各学部の評価を足し算して行います。


東大以上

 

アメリカでは、大学名を聞いてもステイタスってあまりないのです。まあもちろんハーバードとかMITなどは大学名だけでインパクトがあるわけですが、多くの大学は学部によって社会的評価が違うのです。

 

日本ではほとんど知られていないカーネギーメロン大学なども、コンピューターの分野では泣く子も黙るレベルです。

そしてトランプが編入したペンシルバニア大学の経営学部は、これまた天下に名声が轟きまくる「経営学の雄」です。

 

大学自体も世界ランキングの13位くらいにあって、東大の20位あたりを遥かに凌駕しています。


まとめ

 

ですから、いかにも知識のなさそうな振りをしているトランプですが東大生を遥かに超える知性を持っているといっても良いわけです。

 

とくに経営学部は世界ランキングでいえばベスト5に入るという人もいるくらいの名門です。

トランプ自体は学歴をひけらかすことはありません。むしろ「そんなに意味はない」と言っています。

 

しかし「学歴で人を判断する人が多いのも確か」「その際ウォートン・スクール(ペンシルバニア大学経営学部)は絶大な威力がある」とも言っています。


以上が、ドナルド・トランプの学歴でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんなブログですが、毎晩更新していますので良かったらブックマークしてください!


スポンサーリンク

 

 

  • 2017 11.01
  • トランプ大統領は頭がいい?どこの高校や大学を卒業したの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー