新幹線は刃物持ちこみ可能で危険?身を守る携帯護身グッズは何がいい?

  • 新幹線は刃物持ちこみ可能で危険?身を守る携帯護身グッズは何がいい? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

2018年6月9日の夜、東海道新幹線の車内で刃物を持った男が暴れて、止めに入った男性が亡くなるという痛ましい事件がありました。

 

被害女性を助けるため1人立ち向かい犠牲になった方のご冥福をお祈りいたします。

 

容疑者は「誰でもよかった」と供述しているそうです。

 

何気ない日常の中、突然誰かに襲われ命を奪われる。

 

誰にでも、そんな可能性があるということです。

 

今回は、そんな日本で暮らす私たちが身を守る方法をまとめてみます。

関連記事

新幹線で一番安全な座席は?不審者にセンサーや探知機で危険回避は可能?

 

新幹線は不審者の刃物が不安!飛行機のチケットを簡単に安く取る方法は?


スポンサーリンク


○新幹線内での刃物事件とは?

 

報道でわかる範囲では、新横浜から小田原を走行中ののぞみ265号で事件は起きました。

 

東方神起のコンサートの帰りの乗客も多く、多くの女性でにぎわう新幹線の中、指定席12号車で起こった事件でした。

 

事件の始まりは新横浜駅から乗車した犯人の隣に座った女性が突然ナタとナイフのような刃物で襲われ、次に道を挟んで隣に座った女性が襲われ、助けに入った男性の方が犠牲になってしまいました。

 

今回はあまりにも突然、そして新幹線という狭い空間の中で起きた事件です。

 

そんな状況で、できることは限られていたと思います。

 

 

○自分の身を守る方法は?

 

このような残念な事件は起こらないことが一番ですが

自分の身は自分で守るという意識も必要です。

 

では、私達はいざという時に何ができるのか?

 

今回はこの事件を踏まえながら、いくつかの知識で自分の身の守り方をお伝えしたいと思います。

 

まず、とっさの時に身の危険を感じたら死にものぐるい逃げる。

 

これはすべての大前提として挙げておきます。

 

他の護身でも一番必要な事です

 

ただ、今回のように逃げる場所が限られている場合はどうしたら良いのでしょう。

 

○道具を使って身を守る

 

道具を使うのは有効です。

 

今回の事件では車掌か乗客から「シートで身を守るように」と声がかかったようですが、これは賢明な対応だったと思います。

 

新幹線のシートは持ち上げるだけで簡単に取り外し可能なそうなので、今後のためにも覚えて起きたいですね。

 

いざという時は使える道具はすべて使って身を守りましょう!


スポンサーリンク


 

 

○刃物にはどう対応するか?

 

人は腕をつかまれると反射的に力が入ります。

 

さらに興奮状態なので【刃物を持つ人の腕を掴み下手にもみ合うと刺される確率が上がる】可能性が高いのです。

 

刃物の相手に立ち向かうとすれば、相手の腕をつかまずに、わずかな時間で確実に刃物を落とさなければならないのです。

 

要するに、相手に刃物を振らせて(攻撃させて)、それをかわすと同時に、手首を持って捻るという技が必要です。

 

これは素人には無理です。絶対に無理です。

 

まず、攻撃をかわすというのが無理です。

 

○護身グッズ

 

ですからやはり、常に「武器」を持っておくべきなのです。

 

しかし、もちろん日本では銃の携帯はできません。

 

刃物は持っていても、たぶん護身には役立ちません。

 

それに6センチ以上の刃物は所持していると違法です。

 

では、どんなものを持って置けばよいのでしょう?


スポンサーリンク

 

○防犯ブザーや電子ホイッスル

 

人間は、恐怖を前にすると声が出なくなります。

 

逆に人を襲う者は、どこかが壊れています。

 

そういう状況に有効なのが、大音量を発するブザーです。

 

相手と離れた状況で使えるのも良い点です。

 

相手をひるませて、逃げるチャンスを作ることができます。 

こちらの商品は特に大音量なので効果的です。

 

○催涙スプレー

 

これも離れた状況で使えるので有効です。

 

刃物を使おうとする人は、絶対に目を開いています。

 

目を剥いていると言ってもいいでしょう。

 

そこへしっかり吹きつければ、目を開けられません。

 

めったやたらと振り回してくれれば、こっちのものです。

 

さっさと逃げましょう。

 

こちらの商品をスマホにつけておけばかなり安心ですよ。

 


 

○スティンガーやクボタン(コブタン)、スタンガン

 

これは絶対にだめです。

 

相手との距離(間合い)近すぎます。

 

夜道で抱きつかれたとかいう場合は、有効でしょう。

 

しかし、刃物を持っている相手には使うべきではありません。

 

○棒

 

厳密に言うと、条例違反とかにはなるのですが、カバンに入れていれば大丈夫です。

 

アマゾンでも売っています。(家に置いておくという前提ですが)


 

私は剣道3段で、現在も定期的に稽古をして鍛えているので、これくらいの棒があれば対抗できる自信があります。

 

 

○バット

 

これは結構いいと思います。

 

ただし、ちゃんと野球部が持っているケースに入れておかないとダメです。

条例違反で警察官に取り上げられるでしょう。

 

しかし、長さ、重さともいい感じなので、素人が振り回しても結構な武器になります。

 

実際は、振るよりも突く方が有効ですけどね。

 

しかも、お腹を突くと見せかけて、喉を突くとかすると、有効です。

 

人間の目は左右についているので、上下の動きに対応しにくいのです。

 

フォークボールが三振をとりやすいのと一緒です。

 

○スティック(杖:つえ)

 

これは持っていても合法ですし、伸縮できて、さらに強度もあります。

 

ある意味、最強かなと思います。

 

バットやラケット、竹刀など、何か振る競技を経験した人なら結構な護身具になるのではないでしょうか。

 

○傘

 

 

これもいいですね。

 

できれば、大きめ(長め)のものがいいです。

 

バットよりも持っていて不自然さがありませんし。

 

これも「突き」で攻撃することです。

 

○ベルト

 

これは正面から使うと受け止められるので、後ろから攻撃する時に使いましょう。

 

バックルが頭部にうまく当たれば、相当の衝撃を与えることができます。

 

ただし、連続攻撃しにくいので、一撃したらすぐに逃げましょう。

 

○靴

 

いよいよ追い込まれたら、仰向けに寝て、キックで応戦しましょう。

 

頭部や首、手首などをやられるとやばいですが、脚なら少々やられても大丈夫です。

 

それにビジネスの革靴なら簡単には切れません。

 

そして、相手の股間を狙いましょう。

 

間合いを詰めてきたら、土ふまずを股間に思い切り当てましょう。

 

犯罪者は興奮しているので、下半身に隙ができている事が多いそうです。

 

○まとめ

 

物騒な世の中です。

 

警察が全てを守ってくれる時代ではありません。

 

自分の身は自分で守る意識は常に持っておきましょう。

 

ここで紹介したグッズや護身法を参考にしていただければ幸いです。

 

しかし、最も大切なのは、走れる能力を維持しておくことです。

 

逃げるのが一番ですから。

 

そして、走力があれば体も動くので、道具を駆使しての応戦もできるのです。

 

三浦カズ選手みたいに50代でキレのある動きをするのは無理かも知れませんが、彼を見習って動ける体を維持するのが、「最高の護身」になるでしょう。

関連記事

新幹線で一番安全な座席は?不審者にセンサーや探知機で危険回避は可能?

新幹線は不審者の刃物が不安!飛行機のチケットを簡単に安く取る方法は?


スポンサーリンク

 

 

  • 2018 06.14
  • 新幹線は刃物持ちこみ可能で危険?身を守る携帯護身グッズは何がいい? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー