大山悠輔の過去在籍チームまとめ!虎ドラフト1位の2年目年収はいくら?

  • 大山悠輔の過去在籍チームまとめ!虎ドラフト1位の2年目年収はいくら? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

Pocket

2018年の阪神タイガースで

一番期待される選手といえば大山悠輔!

攻守走三拍子そろった選手です

今回はこの大山悠輔についての経歴を詳しく紹介します


スポンサーリンク


出身

まず年齢は23歳

つまり2018年は白鴎大学を出てから

2年目のシーズンということになります

 

出身は茨城県の西部にあり

栃木県との県境に位置する下妻市で

小学校時代に軟式野球をはじめました

多くのプロ野球選手は中学の時に

硬式野球のクラブチーム所属ですが

彼は公立中学校の野球部で活動しました


つくば秀英

高校は隣のつくば市にあるつくば秀英高等学校に進学します

これも多くの選手が野球留学をして

甲子園を目指すパターンとは異なっています

現在あれだけの活躍を見せている大山ですから

中学時代からその実力の片鱗を見せていたと思いますが

自分の力に対して謙虚な姿勢でいたということですね

派手さはありませんが玄人好みの選手である彼の特徴は

こんな経歴から来ているのかもしれません


甲子園

常総学院など強豪の多い茨城県の高校野球

つくば秀英高校は甲子園に出場していません

大学も隣の小山市にあります白鴎大学に進学します

 

自宅からつくば秀英高校そして白鴎大学

どちらも10 km 程度という地元愛人間です

多くの高校球児が野球推薦で

東京六大学を狙うのとは全く違うタイプです


ハクオウ大学

いわゆる地に足の着いたというタイプだと思います

ちなみに大学の名前を読めない人が多いと思いますが

ハクオウ大学です

できてからまだ30年と言う新しい大学ですから

特に西日本では名前を知らない人も多いでしょう

しかし教育学部などは教員養成の実績もあり

高い評価を受けている大学です


全日本大学選抜

大学時代に大山は実力をぐんと伸ばし

全日本大学選抜に選ばれます

そのチームで四番を任されるほどの選手でした

しかしドラフトの目玉

と言われるほどの評判ではなかったんですね

タイガースが1位で指名した時

意外に感じたのは私だけではないでしょう

 


金本監督の目

しかし1年目の活躍を見るとタイガースのスカウトと

金本監督の目は確かだったと言わざるを得ません

彼にとって幸運だったのは

タイガース2軍の監督が掛布だったということです

現役時代はそんなに大きくない体でホームランを

ぼかすか売っていた掛布

その掛布にスイングを矯正されて

プロの投手に対応できる打者に変わりました


掛布を思い出す

ここでも大山の謙虚な姿勢が功を奏したと言えるでしょう

いわゆる懐の深いバッティングをする小山ですが

掛布を思い出すのは私だけでしょうか

低めのカーブを打つときや

外角を右方向に弾き返すバッティングには

思わず「うまい!」と呟いてしまいます

そんな大山のプロ入り初ヒットは

何とホームランなんですよね


守備

さらにピッチャーとキャッチャー以外ならどこでも守れる

というユーティリティプレイヤーでもあります

私的にはサードが一番いいと思います

グラブさばきが軽快で送球も非常にスピードがあるからです

足も速いので守備範囲の広いショートもいいかもしれません

一年目は阪神の分厚い選手層の中で

半分くらいの試合に出場しました

クライマックスシリーズでは一塁で先発し大活躍でした

 


侍ジャパン

そして2年目開幕を迎える前に侍ジャパンに選出

サプライズ選出とも言われていますが

大山ならあるかもと思っていた人も少なくないでしょう

契約時の年俸は大卒最高額の1500万円

2017シーズンの活躍で2500万円にアップしています

2018年シーズンはロサリオの調子も良さそうですし

大山も多いに期待できます

阪神タイガースにはかなり期待できそうですね


スポンサーリンク

  • 2018 02.24
  • 大山悠輔の過去在籍チームまとめ!虎ドラフト1位の2年目年収はいくら? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー