障害者施設ねむの木学園の創立者は宮城まり子で代表曲は手のひらを太陽に?

  • 障害者施設ねむの木学園の創立者は宮城まり子で代表曲は手のひらを太陽に? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

NHKで放映された
ねむの木学園の番組が話題になっていますね
この番組で初めて学園の存在を知った
という人も多いと思います
宮城まり子さんという人物についても
現代では名前を知らない人がほとんどです
彼女はなぜ自分の財産を使って
障がい者の施設を作ったのでしょうか?


スポンサーリンク


彼女が設立したねむの木学園は
静岡県にあります
設立されてから約50年です
ねむの木は漢字で合歓の木と書きます
よろこびが合わさるという字に
彼女の理想を感じます
さらにその花は
ふわっとしていてきれいなピンクです
障がいを持つ人たちに対して彼女が感じた
印象とマッチしたのかも知れません

さて現在は障がいを持っていても
義務教育を受けることができますが
当時は学校へ行っていませんでした
それは国の政策で
「行かなくてもよいです」ということにして
障がいのある子どもたちを受け入れる
体制を作らなかったのです
社会全体もそれに対して
疑問を持っていなかったわけです

日本はその頃まで高度経済成長期で
働けば豊かになる時代でした
そんな中で第2次産業の労働力としては
使いづらい障がい者は
見下されていたともいえます

しかし心ある人たちの運動によって
また時代もオイルショックを経て
ヒューマニズムの高まりが
あったのかも知れません
1979年に大きな変化がありました

それは障がいのある子どもも
必ず学校へ行かせるように
国から指示が出たのです

それまでは障がい者に対して
気持ち悪いとか
怖いとかいった偏見がありました
やはり子ども時代に身近で接した機会が
ないとそうなってしまいがちです

そういう意味で
この1979年の方針転換は
大きな意味を持っています

ぼくらはみんな生きている
手のひらを太陽に透かして見れば
真っ赤に流れる僕の血潮
みんなみんな生きているんだ友達なんだ

同じ人間なんだと肌で感じることは
理屈をこえて理解できる最善の方法です
この歌をNHK「みんなの歌」で歌ったのが
宮城まり子さんです

ねむの木学園を設立するずっと前です

ひょっとしたら彼女は
この歌を自分のポリシーにしている
のかも知れません
彼女がどういう機会に
重度な障がいを持った
肢体不自由の人たちと知り合ったのか
わかりませんが
彼らが持つ合歓の花のような
やさしく美しい心に触れたことが
彼女の人生を変えたのでしょう


スポンサーリンク


実際に出会って
コミュニケーションをとってみれば
コントロールできない自分の顔や
舌の筋肉を懸命に動かして
感謝の気持ちを伝えようとする姿に
心が動かされる人も多いはずです

宮城さんは歌手です
アーティストでありクリエイターです
彼女がもう一つ感動したのは
その美的感覚でしょう
学園では様々な活動がありますが
美術の創作に力を入れています
現在も各地で展覧会を開き
多くの人をひきつけています

人間は押しつけられて行うことよりも
自発的にそしてクリエイティブに
表現した方が幸せです
障がいをもつ人たちも
何かを生み出し
社会の一員として人生を送りたい
と願うのは当然です
そこに絵があったということでしょう

さて昨年は障がい者施設で
大量殺人が行われるという悲しい事がありました
ナチスが行った障がい者の虐殺に
影響されたとの報道もありました
今度アメリカ大統領になるトランプ氏は
障がい者のモノマネをして笑いをとった
として非難されました
そういう思考になる人はやはり
子どもの時に学校や近所に
障がいを持つ子が
いなかったのではないでしょうか
「ぼくらはみんな生きている」感覚を
大人とともに味わっていれば
そうはならないと思います

トランプ氏のような人を責めるのではなく
そういう人を作った教育を責めるべきです
ナチスに関しては
当時のドイツ社会を
そしてドイツを追い込んだ世界を
責めるべきでしょう
偏見は自分にもつながっているという
意識をわすれないようにしたいです

日本の学校では
障がいをもつ子どもと健常な子どもが
できるだけ一緒に学べるように
インクルーシブ教育が導入されました
昨年は障害者差別禁止法ができました
宮城さんが目指してきた理想の社会に
日本は近づいてきました
しかしトランプ氏を支持する人は多くいますし
2chでは差別的な書き込みも見られます

他人を見下すのは ある意味 楽です
しかし人生を楽しくするために
時々自分の心にある偏見と闘う必要も
あるのではないでしょうか


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!


スポンサーリンク

  • 2017 01.11
  • 障害者施設ねむの木学園の創立者は宮城まり子で代表曲は手のひらを太陽に? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー