大相撲で女性看護師が人命救助した時にアナウンスした若い行司の経歴や年齢は?

  • 大相撲で女性看護師が人命救助した時にアナウンスした若い行司の経歴や年齢は? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

Pocket

京都府舞鶴市で
4月4日に行われた
大相撲の春巡業で、
多々見良三市長(67)が土俵上に倒れました。

 

その救助にあたった女性たちに対し、
土俵から降りるよう求める
場内アナウンスがありました。


多々見市長は
あいさつの途中で意識を失い、
土俵上で倒れたようです。
当時の様子を伝える動画では、
土俵に倒れた市長を
男性たちが取り囲む中、
女性が中心部に入り、
心臓マッサージを続けています。
その後さらに女性数人が
土俵に上がったところ、
「女性の方は降りてください」
と2回、場内アナウンスが
繰り返されました。
直後、場内にはどよめきが起きています。

 

 

ちまたでは行司の名前を公表しろ

という声が大きいですが、

相撲協会はその名を伏せて

「若手」とだけ言っています。


スポンサーリンク


行司の経歴と年齢は?

 

ちなみに相撲協会で一番若い行司は

中学を卒業してすぐの

16歳です。

アナウンスを担当するのは

もう少し年長の行司でしょうが、

高校生年代である可能性は大きいといえます。

 

若い行司の経歴は、「中学校卒業」となります。

大卒も多い力士に比べて、一般的に行司の学歴は低いと言えます。

やはり年長者に対しては遠慮する傾向があるでしょう。

 

近くのこわそうな観客から

「女を土俵から下ろせ」

と言われたら

アナウンスをしてしまうのも

無理はないでしょう。

 

問題は、

そんなアドリブが

許されている体制じゃないでしょうか。

 

常識から考えれば

アナウンス担当者の近くには

巡業(イベント)の責任者が

いるべきです。

 

責任者がトイレに行く時には

サブの責任者がいるべきです。

 

「自分がこのイベントを仕切っている」

という自覚があるのなら

若い行司のアドリブが

許されるようなシステムで

動かすはずはありません。

 


 

スポンサーリンク


ネット上の声

以下はネット民の声です。


 

周りに集まってる奴が
全く役に立ってない
この状態で、
土俵に上がってくれなきゃ困る。


偉そうにアナウンスする前に
お前が飛んでって心マしろ
できなきゃ黙ってろ。


伝統と言うより
掟とかくだらない習慣
と言ったほうが良いと思う。

 


相撲の神様は
女性差別をする神様ですね!
日本の神様ではない気がします。
天照大神は女性ですので、
日本の神様は、
女性差別をしません。


まとめ

みなさんは、どうお考えですか?

今やセクシャリティは二つじゃない時代です。

手術で性を変える人。

ホルモン注射で性を変える人。

トランスジェンダーの人。

などなどが認められるようになってきました。

そんな時代に女人禁制という概念が

存在し続けるのは難しいと思います。


スポンサーリンク

  • 2018 04.07
  • 大相撲で女性看護師が人命救助した時にアナウンスした若い行司の経歴や年齢は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー