清宮たちプロ注目イケメン打者は2017夏の甲子園に出られるか?出場予想してみた!

  • 清宮たちプロ注目イケメン打者は2017夏の甲子園に出られるか?出場予想してみた! はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

いよいよ2017年の夏がやってきました。甲子園の都道府県予選が続々と始まっています。

今年も才能あふれる選手が甲子園を目指して戦っているのですが、はたして予選を通過することはできるのでしょうか。

センバツ2017で活躍した選手を中心に、各地区予選の予想をまとめてみます。


スポンサーリンク


清宮 幸太郎(きよみや こうたろう)

まちがいなくここ数年では断トツのバッターです。打者としての魅力とともにスターのオーラが半端なくあります。

ゴジラ松井が記録した高校時代の本塁打記録60本を軽く超えて現在は3ケタです。

184センチ、100キロというメジャーリーガー並みの体格でピンポン玉のように硬式の野球ボールを飛ばします。

今年のセンバツにも出場しましたが、高校1年生の夏にも甲子園で大活躍しました。

今回は、東京大会(西と東の合同)開会式で選手宣誓する場面が全国放送されるなど注目度は高いものがあります。

しかし早稲田実業のある国分寺市は「西東京」なんです。そしてその西東京には町田市が含まれており、そこにある日本大学第三高校、通称日大三高という強豪校があります。

日大三高は今年のセンバツで1回戦負けだったために、記録にも記憶にも残っていない人が多いでしょう。しかし、その1回戦の相手は準優勝した大阪の履正社だったのです。

日大三高のエース櫻井は、大会屈指の投手で清宮キラーとして有名です。打線も強力です。センバツ1回戦負けの雪辱を晴らそうと高いモチベーションで西東京大会にのぞんでいるでしょう。残念ながら西東京地区の本命は日大三高と言わざるを得ません。

非常に残念ですが、清宮を甲子園で見られる可能性は低いでしょう。

 

関連記事→西川愛也の出身チームのプロOBは?花咲徳栄のイケメン打者はドラフト候補?


野村 大樹(のむら だいじゅ)

清宮とクリーンナップを形成する野村は2年生ながら、早実の4番です。早大進学を選ばなければ来年のドラフトでは目玉となるでしょう。

強豪乱立の出身地・関西を避けて東京へ進学したのに、ここも戦国時代だったとはなんたる皮肉でしょう。

大型ではありませんが、長距離バッターです。左右のスタンドに楽々と放り込む様子は恐ろしくさえあります。

清宮が敬遠されず、本塁打を量産できるのは後ろに野村がいるからです。敬遠したら余計にピンチになってしまいます。

こちらも清宮同様、甲子園でみられる確率は低いと言わざるを得ません。実家が甲子園のすぐ近くにある宝塚市ですから応援も多いでしょうが・・・・。


金成 麗生(かなり れお)

日大三高のレオはハーフのイケメンです。しかも193センチの長身です。もともとは投手でしたが櫻井と同じ左腕のため、2年の夏から一塁手になりました。その後打者として大ブレークしたのです。

しかしセンバツでも櫻井が9回でバテて、5-5から試合が崩れたということもあり、センバツ後にチームは金成を投手と一塁の兼任にしました。

5月の関東大会では、投手として149キロを出し、プロのスカウトたちを驚かせました。

投手としても打者としても、さらにルックスもプロ注目の選手です。こちらは西東京大会の本命中の本命です。甲子園でダルビッシュ以来の大スターになる可能性は高いでしょう。

 

関連記事→花咲徳栄の校名には由来があるの?とくはるにはどんな意味がある?


スポンサーリンク


安田 尚憲(やすだ ひさのり)

センバツ準優勝チーム・履正社のキャプテンです。

こちらもメジャーリーガー並みの大型左打者で、188センチの92キロです。今年のドラフトでは清宮と安田の争奪戦が繰り広げられるでしょう。

しかし安田も不運な星の下にいると言わざるを得ません。

大阪大会の大本命は、やはり大阪桐蔭高校だからです。春の府予選では大阪桐蔭に当たる手前で強豪の東海大仰星(ぎょうせい)高校に敗れるなど、戦国時代の大阪を勝ち抜くのは難しいでしょう。

今年の3年生の打者ツートップである清宮と安田を甲子園で見たいファンも多いでしょう。

そのためには、投手の復調が鍵となりそうです。


岡田 悠希(おかだ ゆうき)

名門龍谷大平安の左バッター。身長は182センチで体重は83キロとプロ向きの体です。

2017センバツには出ていませんが、この年代屈指の強打者です。

生活態度の悪さから登録をはずされるなど監督の厳しい指導が身を結び、広島出身の悪ガキも真面目に野球をするようになりました。

力みの無いスイングで上手にボールを芯でとらえるという天才肌の選手です。春の京都府大会も制していますし、おそらく甲子園への切符を手にするでしょう。

清宮、安田のツートップが見られない場合、金成と岡田の大会になるかも知れません。


増田 珠(ますだ しゅう)

横浜高校の4番バッター。長崎から同じく港町の横浜へ進学した九州人。

180センチ81キロとしっかりした体で、打つ守る走るを高いレベルでプレーできるプロ注目の外野手です。

前後の打者との実力があるため、神奈川県大会では勝負を避けられる傾向があります。そこは後ろに強打者野村を要する早実の清宮との大きな違いです。

しかし逆に言えば、神奈川大会の本命が横浜高校とも言えるわけです。増田と勝負できる投手がいないということですから。

常に長打を狙うのではなく、チームのために自分を押さえることもできるところがスカウトをうならせます。

九州出身ということもあり、ソフトバンクが狙っているという噂もある増田。甲子園では目の肥えたファンをうならせることでしょう。


嶋谷 将平(しまたに しょうへい)

山口県宇部鴻城の遊撃手。180センチ83キロの堂々とした体でプロ選手のような軽快な守備をみせます。

バッティングにもパンチ力があり、「石毛以来の逸材」との声もあります。

2017センバツでは1回戦で4打席無安打と悔しい思いをしました。おそらくプロ注目選手となったプレッシャーに負けたのでしょう。

山口県では無敵の現状からして確実に甲子園にやってくるでしょう。そしてその華麗な守備と強い打球で大会を盛り上げてくれるはずです。


まとめ

注目選手が甲子園に出られないかも知れないという残念な年ではありますが、ここにあげた選手以外にブレークする高校生がいるかも知れません。

今年も暑い夏を甲子園の打球音とともに楽しみましょう!!


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

  • 2017 07.08
  • 清宮たちプロ注目イケメン打者は2017夏の甲子園に出られるか?出場予想してみた! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー