べっぴんさんの神戸はパワースポット!生田神社にキリスト教会?

  • べっぴんさんの神戸はパワースポット!生田神社にキリスト教会? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket


はじめに

2016-2017NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」

初回のブログでは その人気について分析しました

前回前々回はその舞台である神戸について

実際に歩いてレポートしました 今回はその続きです


スポンサーリンク


5 生田神社

異人館から今度はトアロードを海に向かって降りていきます

海に向かって坂道を下るって

恋人同士なら最高のシチュエーションです

さて北野工房のまちを過ぎ

インターナショナルスクールも過ぎたらNHKの交差点です

ここを渡らずにNHKの方 つまり左へ曲がります

大韓民国総領事館を過ぎてすぐ信号です

これを右に渡ってください

渡るとVWのマーク

つまりドイツ車フォルクス・ワーゲンのマークが見えます

その横にある細い道へ入るとすぐ樹木が見えてきます

これが生田神社です

そこにも入口はあるのですが神社の裏に入ることになるので

まっすぐ進みます つきあたると東急ハンズです

かなりおもしろいものを売っていますので

余裕があれば入ってうろついても楽しいです

つきあたりの東急ハンズを左に曲がれば

神社の正面に出ます

陣内智則さんと藤原紀香さんが2007年に結婚式を挙げてから

急に人気スポットになりました

今は強力なパワースポットともいわれていて

休日は拝むのに並ばないといけないくらいです

先日はお守り売り場にも行列ができていました

私の親戚もここで結婚式をしたので

結構親しみがあったのですが

最近は人が多くてちょっとMY神社って感じじゃなくなりました

でもパワーはあると思いますよ かなり

 


6 相楽園

ここは興味があるかどうか

考えてパスしてもいいところですが

都会の中にこの空間?

という和風テイストを味わいたい方には行ってほしいのか相楽園です

せまい土地にいろんなものがぎっしり詰まった神戸の中で

ぽっかりあいた安らぎの空間です

すばらしく手入れされた広い日本庭園と

北野から移築された異人館

古い洋風の厩舎

姫路藩主が使っていた屋形船の屋形部分など

最近の建築では味わえないものが揃っていて

それらがすばらしく調和しています

私はそのまとまりの中心にあるのが樹齢500年と伝えられる大くすのきだと感じます

野坂昭如さんの「火垂るの墓」で有名な

神戸大空襲を生き延びた くすのきです

さらにいえば 神戸の海で活動した勝海舟や坂本竜馬を

江戸時代には 西国街道を行く大名行列を見おろしたくすのきです

ちょっと触ってみてください

生田神社の裏門から出て韓国総領事館にもどり

NHKの前を通り過ぎて信号を渡り

とにかくずっとまっすぐ進みます

約10分で相楽園です


スポンサーリンク


7 神戸栄光教会

ここも教会に興味のない人はパスしてください

プロテスタント教会なので派手さはありませんが

震災で壊れたため きれいになった とても大きな教会です

誰でも中に入れます とても癒されます

キリスト教の信者でなくても 大歓迎という牧師さんです

教会の椅子に腰かけて 少し黙想すれば

心と体の疲れがすっと抜けます

ここへは 相楽園から2分くらいで着きます

すぐ近くですが 県庁の茶色い建物が間にあって見えないので

相楽園の人に道を尋ねるのがいいでしょう

 


7 南京町

さあ 洋風 和風と味わったところで 中華といきましょう

生田神社からでしたら正面の鳥居からまっすぐ海側へおりて行くと

(このあたりは下り坂ではありません)

スタバがあります

そこを通り過ぎていくと

スタート地点のマクドナルド前に着きます

そこからもう一度高架下商店街に入り

信号を1つ渡ってトアロードまで行きます

今度は山側へ行かずに左側(海側へ曲がります)

すると神社に出会います

さんのみや という地名の由来となった三宮神社です

この神社で右に曲がります

すると巨大な交差点に出会います

左が大きな百貨店(ダイマル)です

この百貨店に沿って海側へ少し歩くと

右手に中華街の入り口が見えてきます

どんな感じかって? 見たら一瞬でわかります

見たら必ずわくわくします

さあ信号を渡って 中華街に入っていきましょう!

それでは続きは次回!


スポンサーリンク

  • 2017 02.05
  • べっぴんさんの神戸はパワースポット!生田神社にキリスト教会? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー