子連れでオススメの温泉は大江戸きのさき?周辺観光スポットは何がある?

  • 子連れでオススメの温泉は大江戸きのさき?周辺観光スポットは何がある? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2月の中旬、兵庫県北部に行ってきました。その旅行記・2本目です。

1本目→特急こうのとりで城崎温泉へ!福知山線と山陰線を移動しました(1)

特急こうのとりに乗って、2時間半。終点の城崎温泉駅で下車して、雪をみながら10分ほど歩くと、「大江戸温泉物語きのさき」が見えてきました。今回は、このホテルについて、詳しく報告します


スポンサーリンク


到着

着いたのは18:15頃。2月なので真っ暗です。除雪された雪が玄関脇に積まれていました。きれいな玄関でわくわくします。

チェックインをすませ、好きな浴衣を取り、部屋へ入りさっそくお風呂へGO! なんと2か月前まで改装工事していたらしく、ピカピカの大浴場! きれいなサウナ、そして大きなヒノキの露天風呂が二つ。とても充実したお風呂です。そしてさすが1000年の歴史を持つ名湯きのさき。すばらしいお湯であっというまに滝汗で、体中の毒素が全部出ました。ではお楽しみバイキングへ。


バイキング

いやーすごい人! 繁盛しています。それでも取り場が広くメニューが豊富なので、待ち時間はありません。唯一ステーキを焼いているところだけは人が並んでいました。鶏肉コーナーへ行くと、鶏肉だけでも何種類かあります。

野菜コーナーで 菜の花の和え物をゲット。さらに魚コーナーでフレンチ風の料理を何種類が取り、スープを加えてとりあえずスタート!味は、んー最高ランクよりやや下くらいかな。でも1万円以下の宿泊で、この味なら大・大満足!

それにとにかく種類が豊富! ステーキは焼き立て、天ぷらは揚げたて、白米、まぜごはん、うどん、自分で作るミニ鍋、豊富な豚肉料理、寿司、ソフトクリーム、小さい子の大好きなチョコレートの流れるタワー、ケーキ、おはぎ、サラダ、フルーツなどなど。家族連れから、会社の親睦会風の人までいましたが、みなさん本当に幸せそうでした。

お酒の種類もかなり豊富で、ホットカクテルもあります。これらはワンショット500円くらいです。飲み放題だと1500円でいろいろ飲めます。友人はアツカン(日本酒)を頼んでいました。


ゲームコーナー

私は行きませんでしたが、お風呂の近くに、明るい感じで、結構広いゲームコーナーがありました。お父さんと子どもが、何組か楽しそうに遊んでいました子どもにとっては一生の思い出でしょうね。


夜の街へ

おなかいっぱいになったので、夜の城崎で出動です。大江戸温泉きのさきから温泉街までは、少し距離があるので15分おきにマイクロバスが出ています。しかし雪や雨も降っていないし、風も吹いていないので、友人とぶらぶらと歩くことにしました。役所の前を通過して、歩行者用トンネル↓をくぐれば、そこは温泉街です。

 


川沿いに旅館

先週降った豪雪でJRが運行不能になり、城崎から帰れなかったという報道がされたせいか、または金曜日のせいか、ぶらぶら歩いている人の数は多くありませんでした。それでも城崎名物の、外湯(そとゆ)めぐりをしている人はいました。

旅館にも風呂はありますが、城崎には大きな銭湯が7つあり、多くのお客さんは、旅館の浴衣姿で7つの銭湯を「はしご」します。それを外湯めぐりといいます。その途中で土産物店などに寄るのも楽しいです。


スポンサーリンク


スナックへ

「綾」というスナックへこんばんはー。入口は狭いですが奥は広い店です。長いカウンターが目を引きます。ママさんは日本舞踊の師範というお方。10数年ぶりにカラオケシステムをみましたが、すごい進化ですね。タブレット端末が何台かあって、お客さんが、自席で選曲し予約。再生が始まるとタブレットでキーの調整、テンポの調整が可能、とすごいですね。2時間近く過ごして、二人で3500円也。再び温泉街へ出て川沿いの写真を撮り、ホテルに帰りました。


部屋

私と友人の泊まった部屋は6階でしたが、おもしろい設計で、入口のドアをあけると廊下があり、突き当りがトイレ、左に、(セミ?)ダブルベッドが二つあるゆったりした部屋。右は階段でそこを登ると、ベッドルームの上に14畳の和室。ということは6人で泊まっても十分な広さです。トイレのウオッシュレット便器には、2016年製造とのシールがありましたから、どうやら最近リフォームされたようです。新しい畳の匂いもプンプンしました。


起床

気持ちよく起きてみると、窓の外はなんと雲海! 目の前に円山川(まるやまがわ)という大きな川があるのですが、その向こうにある山がきれいに隠れて山頂部だけ見えていました。

しばらくすると太陽が見えて、川面がきらきら光り絶景でした。

大自然の美しさに、しばらく見とれていました。6階だったから余計に絶景でしたね。


朝のバイキング

朝の景色を楽しんだ後は朝食バイキングへ。朝のメニューも夜と同じで豊富でした。その中でも特においしいのは、みそ汁、ポトフなどのスープ類です。これは夜もそうでしたが、本当にすばらしい味です。パン焼き機もハイパワーですぐに焼けます。ウインナーや卵料理もおいしくいただきました。


朝風呂

朝食をとった後は、お風呂です。午前11時まで入れるので良いですね。昨日とは男女の風呂が入れ替わっているので、その違いも見に行きました。こっちの風呂は、浴槽が大きいですね。露天は半露天で屋根付きでした。サウナにも入ってみましたが、4人ぐらいで一杯かな? でもいい感じの熱さで、良いサウナです。

昨日もそうでしたが洗い場のシャワーがとても良いです。なぜなら水圧が高いし、ワンプッシュで結構長時間お湯が出ます。水圧が低かったり、すぐストップしたりするホテルでは、頭を洗っている間は蛇口を連打、みたいな経験もあります。ここのシャワーは本当に気持ちいいです。それでは朝風呂からあがります。次はチェックアウトです。

続きは次の記事で!

周辺観光スポットといえば出石(いずし)です。
城崎から出石へバス移動!なんでもありの但馬のバスはすごいね(3)


私の旅行記を読んでいただきありがとうございました。

感想や質問をぜひお送りください。

下のコメント欄からお気軽にどうぞ


スポンサーリンク

  • 2017 02.19
  • 子連れでオススメの温泉は大江戸きのさき?周辺観光スポットは何がある? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー