小出恵介はパッチギが出世作?スキャンダルで消えた主役って誰?

  • 小出恵介はパッチギが出世作?スキャンダルで消えた主役って誰? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2017年6月に、未成年との飲酒そして不適切な関係によって無期限活動停止となった小出恵介。様々な映画やドラマに出演している売れっ子だったので、上映中止や放映中止などのあとしまつで大騒ぎとなっています。

そんな彼と同様に転落の人生を歩んだ4人の元共演者がいます。今回は、その共演者と共演作についてまとめます。


スポンサーリンク


2005年の記憶

今回の淫行事件をニュースで見て、「どこかで見たな」と思っていたところ突然思い出したのが映画「パッチギ!」です。

私は子どもが生まれてからここ30年、テレビや映画とは疎遠になっていました。例外は「おかあさんといっしょ」「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」「名探偵コナン」「アンパンマン」にやたらと詳しくなったことくらいです。

そんな私がここ30年の日本映画でベスト3に入れたいのが「パッチギ!」です。まあ、それほど多くの映画を見ていないので分母数が小さいのですが、これは本当に感動しました。

その映画に出ていた小出恵介を思い出したのです。


人権活動家の間で話題の映画

パッチギは2005年の映画です。金城一紀や梁石日(ヤンソギル)など在日コリアンの小説に夢中になっていた私のアンテナがキャッチしたインディーズ映画が「パッチギ!」でした。

在日の問題を描いた面白い映画ができたらしい」「大手が配給しないらしい」「パッチギというタイトルらしい」など、口コミなどで伝わってきたのです。

そしてようやくDVDを手に入れて鑑賞しました。もう本当に衝撃的で感動的で、要するに揺さぶられました。

当然ですが特典映像つきのDVDを購入し、それも見ました。

当時は中学校に「選択授業」があったので、私の講座を選択した生徒にも見せました。


マッシュルームカット

10年以上ぶりに小出恵介を見ても「どこかで見たな」と思いだせるくらい何回も見たのです。

頭の中でいろんな場面がカラーで再生できるくらいです。マッシュルームカットで鴨川沿いの桜並木にたたずみ女子高生に笑われていたシーンが蘇ります。

パッチギで小出恵介は主演だった塩谷瞬の友人という設定でした。時代設定がグループサウンズの頃なのでそんな髪形が登場したのです。

当時の小出恵介は21歳なので、良く考えたら慶応大学在学中だったのですね。


スポンサーリンク


デジャブ

さて主演だった塩谷瞬ですが、2012年に大きくニュースになりました。その時も「どっかで見たな」と今回と同じ感覚があり、「パッチギの主役じゃん!」とひらめいたのです。

その後、大ブレイクしていたことを知らなかったのです。どれだけ浮世離れしていたのでしょう。

そういう意味では、今回はデジャブでした。「どっかで見たな」と思ったら「パッチギ」で、なおかつ女性問題で話題になっているという点が重なったのです。

塩谷瞬は二股交際が公になり痛々しくお詫びする姿を見ました。パッチギでの役柄とかぶっていてちょっと驚きました。

「パッチギ!」監督の井筒和幸が塩谷瞬を主演に抜擢した理由をDVDの特典映像で「昭和っぽい懐かしい顔だから」と述べています。wikipediaをみると「初々しく純粋な・・・」などと書いてありますが言い換えればそうなるかも知れません。

井筒監督は、塩谷瞬を使ってみて実は全然使えない事に気づきます。しかしクライマックスのシーンは感動的です。ラジオ局で「イムジン河」という曲をぼろぼろになって泣きながら歌い、そのあと橋の上でギターをたたきつけて壊すのです。

その時、ギターの弦で手を切ったことに私は気がつきました。「すごい演技だな」と心から感じました。


子どもを泣かせるテクニック

しかし実は監督が何回もNGを出し、それだけでなく「大根役者」「悔しかったら演技しろ」などと罵詈雑言を浴びせて塩谷瞬をぶちぎれさせて泣かせた結果、撮れた映像だったのです。本当にひどい人です。

しかしすごいプロです。こいつはガキだからガツガツ詰めたら壊れるだろう、やりたくないけどそうしないと良いシーンが撮れないな。と考えたのでしょう。

井筒監督は塩谷瞬がスキャンダルを起こした時に感じたと思います。「やっぱりな」と。

私も特典映像を見て感じました。塩谷瞬はものすごく幼くて弱いのです。その幼さが初々しさとか純粋さとかになったのでしょうが、人気者になった時に地に足のついた人生を送るのは難しかったということです。


ブレイクと転落

井筒監督がすごいのは、パッチギ!の試写会か何かの映像の中でステージにならぶ当時無名の出演者たちに向かってこう言ったのです。

「ここからみんなブレイクすると思う。あとは勝手にやってくれ。」

大手の配給じゃないのにこの自信は何だったのでしょう。そして本当にその通りになるのです。そしてブレイクした4人はすべてスキャンダルを起こして転落するのです。これは偶然なのでしょうか。いや偶然とは思えません。

「パッチギ!」が生み出した莫大なエネルギーを十分に咀嚼せず、自分の力でブレイクしたという勘違いをしたことが転落劇を産んだような気がしてなりません。


まとめ

「パッチギ!」は単なる映画ではありません。「歴史学習映画」「人権啓発映画」「青春映画」「懐メロ映画」です。

ある意味、興味本位に探られてしまう出自をさらけだし、在日コリアンが大勢協力して作られた映画です。映画のヒットと役者のブレイクには在日のネットワークも大いに役立ったでしょう。

そのコリアンたちは日本の植民地支配によって生まれた被害者です。日本でも半島でも差別される難しい立場に放り出されて生きています。

そんな人たちと作った映画に感謝して、世界平和に貢献することが恩返しとなり、未来が開けるのではないでしょうか。塩谷瞬は醜聞と大病でそれに気付き、ネパールや東北でボランティアをしているそうです。

小出恵介も今回の転落を良いきっかけにして、「パッチギ」の位置にもどり、世界平和に貢献してもらいたいものです。

4人のうち、あと二人については別の記事で書きます。

参考→小出恵介の過去作品はどうなる?韓流批判で消えた元共演者の末路は?

参考→小出恵介が愚行で俳優活動停止?かつて共演した沢尻エリカは復活した?


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

  • 2017 06.09
  • 小出恵介はパッチギが出世作?スキャンダルで消えた主役って誰? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー