卓球日本代表上田仁の所属会社協和発酵キリンって何を作っているの?

  • 卓球日本代表上田仁の所属会社協和発酵キリンって何を作っているの? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

Pocket

平昌オリンピックの一方で卓球でもBIGイベントが開催されます

その名はチームワールドカップ2018

2月の22日から25日にイギリスのロンドンで行われます

 

参加国は男女各12カ国

卓球の世界一はどの国になるのでしょうか


スポンサーリンク


優勝のチャンス

 

もちろん本命は中国でしょう

しかし中国は育成を目的としてこの大会に臨んでいます

日本にも十分優勝のチャンスがあると見ていいでしょう

 

 

さてこの大会での注目選手は上田仁選手

今回は彼の所属する会社が生産している製品を紹介します


協和発酵キリン

 

その協和発酵キリンという会社は製薬会社です

しかし発酵という名前の通り元々はお酒を作っていました

しかしお酒を作っていた部門はアサヒビールへ移り

その後、キリンに吸収されたというのが皮肉ですね

そんな歴史があり、現在は製薬部門中心になっています

CM に登場するような薬ではありませんので

聞いたことがない人も多いと思います

 

 


 

処方箋

 

病院に行くとお医者さんが処方箋を書いてくれますが

それを持って薬局に行くともらえるのが

協和発酵キリンの薬ということになります

 

それでは紹介します

まずパーキンソン病の治療剤です

これは専用の器具で症状の悪くなる時期に使う薬です

つまり自分で注射をするというものです

 

 

他にはてんかんの薬もあります

 

この薬は躁鬱病の躁状態の治療にも用いられます


アレロック

 

アレルギーに対する薬も生産しています

花粉症のくしゃみ鼻水鼻づまりに効果を発揮します

この薬アレロックを薬局で処方されたことがある人も

多いんじゃないでしょうか

 


スポンサーリンク


 

甲状腺

 

また最近増えている甲状腺の病気の薬も作っています

サッカーの本田選手や

歌手の絢香さんが苦しんでいた甲状腺の病気

 

副甲状腺ホルモンの分泌が多くなりすぎる

という症状を抑えるものです


高血圧

 

また最近の日本では国民病とも言える

高血圧の薬や

血小板の数を増加させる薬

さらに貧血を改善する薬もあります

また、癌の化学療法によるリスクを軽くする

も作られています


健康で長生き

 

というわけでコマーシャルに登場するような

薬ではありませんが

病気の苦しみをやわらげ

健康で長生きできるようサポートをしてくれる会社といえます

 

 

そんな会社の元気・健康といったイメージ

体現しているのが卓球部というわけです

 

 

協和発酵キリンという看板を背負って戦う上田仁選手

彼の会社が生産している薬についても知っておくと

より応援に熱が入るかもしれませんね


スポンサーリンク

  • 2018 02.21
  • 卓球日本代表上田仁の所属会社協和発酵キリンって何を作っているの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー