眞子さまの国際基督教大学は学費や留学費用が高い?奨学金制度はあるの?

  • 眞子さまの国際基督教大学は学費や留学費用が高い?奨学金制度はあるの? はコメントを受け付けていません。

この記事は5分で読めます

Pocket

皇族の婚約で話題となっている国際基督教大学。International Christian University 略してICUとはどんな学校なのでしょう。

ネット上では、在校生や卒業生の情報が少ないのはなぜしょう。また、エリート校というレッテルを貼られているようですが実際はどうなのでしょう。

そして皇族が二人もこの大学を選んだ理由は何でしょう。なぜか、ナゾの多いこの大学です

実は私の息子は数年前にICUを卒業しています。皇族と同時期に在学していました。私自身も何回か大学を訪問しました。今回はそんな経験からICUという学校の本当の姿をまとめます。


スポンサーリンク


学生数は?

2016年のいわゆる高偏差値・難関大学の在学生で比較してみましょう。(百人以下を四捨五入しました。)

早稲田大学 4万2千人

慶応大学 2万9千人

上智大学 1万3千人

明治大学 3万1千人

青山学院大学 1万8千人

立教大学 2万人

同志社大学 2万7千人

立命館大学 3万3千人

というわけで、有名難関校は2万人から4万人の学生をかかえています。そんな中で上智大学の1万3千人が極端に少なく見えます。しかしその上智も日本に700以上ある大学の中で、学生数では30位です。十分にマンモス大学と言えるでしょう。

そしてICUは

たったの

3千人

です。

正確には2,813人です。4で割ると学年で約700人です。そのうち帰国生が90人、指定校180人、さらに留学生も多く、入試でとる学生は345名という少なさです。

大学の情報が謎に包まれていて、ネット上でも当事者がつぶやいたり発信したりしていることが少ないのはそういう理由です。圧倒的に当事者が少ないのです。

さらに、ICUの在校生・卒業生の特徴として、自分の母校についてネット上に書き込む習性があまりないのでしょうね。


東京の大学?

1学年700人のそんな「小さな」大学、ICUは東京都三鷹市にあります。といっても三鷹市に行ったことのある人はほとんどいないでしょう。私も息子がICUに入学しなければ一生行くことはなかったはずです。

三鷹市といえば杉並区の隣なのでまだ東京都心に近いイメージもありますが、大学の最寄り駅(JR中央線)は武蔵境(むさしさかい)という小金井市の駅です。つまり三鷹市の中でも小金井市との境に立地しています。

東京駅から大学までバ電車とスを乗り継いで約60分。60分間都心から離れればだいぶん景色も変わります。都会にあこがれて東京の大学を受験する地方の学生にとって、東京駅から1時間かかる大学は選択肢から外されるでしょう。

ICUはそういうところにあります。


設立者と建学の精神

設立者は日本のキリスト教指導者たちです。太平洋戦争で負けたあとすぐに、敵国アメリカのキリスト教指導者と協力して「平和」を目指す大学を作りました。それがICUです。

戦前は天皇機関説が不敬罪で告発されるなど学問の自由が保障されていませんでした。その時代の反省もあって、ICUは「権力に左右されない」スタンスをとっています。

入学者は、大きなチャペルで下の宣誓をおこないます。

(引用元:ICU公式サイト)

大学の目的と理想は上に書いたように、世界平和の実現です。世界人権宣言は、国連が戦後すぐに出したもので、地球上から差別をなくすこと、支配と被支配の関係をなくすことなどが書かれています。

入学生に世界人権宣言の原則に立つことを宣言させる大学はここだけでしょう。


知名度の低さは半端無い

私はいろいろな情報からICUが唯一無二の非常におもしろい大学であることを知っていました。といっても自分が受験生の時には全く知りませんでした。

兵庫県の田舎で育った私の周りには早稲田や津田塾に行った同級生もいましたが、ICUを目指した同級生はいなかったと思います。

息子が高3の時、ICUを選択肢に入れたとき、私は嬉しい驚きがあって、即「いいね」と反応しました。しかし妻は「なんなんそれ」と大反対でした。聞いたことのない大学よりもその時在籍していた高校のままエスカレーターで大学に上がれば良いと考えていたのです。

関西でICUといえば、今も病院の「集中治療室」という答えが一番多いでしょう。皇族入学でかなり名前が売れたかもしれませんが。

 


スポンサーリンク

 


海外志向は日本一

ICUに入学すると、は1年目に徹底的に英語を学びます。能力別に少人数のクラスに分けられて、たくさん宿題を出され、英語の論文を読み、自分の考えを英語で書き、話し、討論できるように鍛えられます。

大学に入ることが目的である日本の中で、入ってからここまで追い込む大学は珍しいでしょう。日本語が全くできない生徒でもICUでは単位が取れます。英語のみでおこなわれる授業が豊富にあります。大学の公用語は英語と言っても良い環境です。

私が大学を訪問した時も、学生会館や学食で交わされる会話に英語が多いことに驚きました。海外からの留学生や、帰国子女でまだまだ日本語が未熟な学生が多いから自然とそうなるのでしょう。


ブランドを捨てた大学?

卒業した大学を看板にしたい人にとってICUは全く役に立たないところです。それなら上智や早稲田、慶応を狙うでしょう。ですから日本の高校を卒業してICUに入ってくる学生は「マイノリティ(少数者)」といってさしつかえないでしょう。知名度は低いし、入ってからは厳しいし、いわゆる一流企業への就職に特別強いわけでもありませんから。

しかし、学生達は日本で教育を受けた子どもには珍しい「流されない」習性を持っているといえます。

息子が在学中に皇族の入学があったわけですが、世間では「皇族が初めて学習院以外へ進学」という騒ぎがあったにもかかわらず、学内は彼女の入学後もなんの変化もなかったそうです。そういう雰囲気の大学なのです。皇族にとってみればストレスのない快適な環境でしょうね。


メジャー(専攻)の無い大学?

ICUには学部学科が1つしかありません。教養学部アーツサイエンス学科です。これは理系や文系の枠をこえて広く深く学ぶ学科です。2年生の終わりまでは、自分の好奇心のおもむくまま様々な勉強ができます。物理学や経済学はもちろん、音楽や美術、心理学やジェンダー学にいたるまであらゆる分野を自由に学べます。

私の息子も、生物と経済で迷った末に経済を選んだと言っていました。

アメリカには普通にあるシステムのようですが、日本ではほとんどありません。最近、桜美林大学がこのシステムを取り入れました。また、ICUを手本にした(と思われる)秋田県の国際教養大学もこのシステムです。


留学

学生達の多くは、在学中に留学します。私の息子は、1年生の時にメルボルンへ6週間の語学研修に行き、2年生の途中から1年間はクインズランド大学の経済学部へ留学しました。

留学費用は生活費のみです。オーストラリアの大学はかなり学費が高いのですが、無料です。というか、ICUに払っている学費が向こうの大学に回されているのでしょう

大学の環境が良く、留学の成果もあって在学中に息子はトーイック925点を取りました。ICUはそんな大学です。

息子の同級生にはカーネギーメロン大学(マサチューセッツ工科大学:MITと並ぶアメリカの名門理系大学)に留学する生徒など、すごい人がいっぱいいると言っていました。よい刺激を受けられる環境にあるわけです。

東大が一番と思っていた私も、息子がICUに行ってくれたおかげで東大も世界では20位くらいの評価であることを知りました。そして大学によっては、特定の分野で世界のトップであることもあることも知りました。

その数年後、中国へ行き、現地の中学生がハーバードやMITを目指しているのを見て「こりゃ日本はダメだな」と痛感しました。中国の大学が世界的には低評価ということもありますが、彼ら彼女らの第二希望が東大なのです。日本も第二希望が東大という子どもが増えるべきでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか? 国際基督教大学の事が少しはわかっていただけたでしょうか? 本当にユニークな大学です。 研究が好きな子、広い世界を知りたい子には最高の環境です。ただし学費は私学平均の1.5倍くらいします。それだけの値打ちはありますけどね。

しかし、卒業生が寄附をして集めたお金で、返さなくても良い奨学金制度(ピースベル奨学金)もあります。キリスト教の精神が生きています。数年前には在日コリアンの生徒も受給していました。本当にピースだなと思いました。

すばらしい変人になりたい人は是非ICUへ!

さらにdeepなICUを知りたい人はこちら→眞子さまの国際基督教大学の特徴は?英語力は就職に有利だけど問題はアレ?


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです。
ブログ村にも参加しています。よろしければクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

 

  • 2017 05.28
  • 眞子さまの国際基督教大学は学費や留学費用が高い?奨学金制度はあるの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー