ガンバ大阪のファンがナチスの旗で応援した理由は?問題の原因は?

  • ガンバ大阪のファンがナチスの旗で応援した理由は?問題の原因は? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

2017年4月のJリーグ、セレッソ大阪対ガンバ大阪の試合で、ガンバを応援する人たち(以下ガンサポ:ガンバサポーター)の一部がナチスの旗を振って応援していたことが批判を浴びています。多くの人が批判する一方で、それがなぜ大問題なのか理解できない人も多くいます。今回はなぜナチスの旗を使ったのかという点と、なぜ問題なのかという点をまとめます。


スポンサーリンク


私はガンサポ

実はわたくし、ガンサポです。万博スタジアムというふるーいふるーい施設には結構行きました。吹田スタジアム建設にも少しですが寄付しました。Jリーグがスタートした頃に釜本監督のもと、黒星を積み重ねていた頃からのファンです。

いまも使われている巨大応援幕に「勝て勝て勝て勝てホームやぞ!!」って書いていあるやつがあります。あれ、私自身はもうやめたらどう?って思いますけど、釜本監督の頃には誰も違和感がなかったのです。それくらいホーム(地元開催試合)で負けていました。

ちなみに当時は浦和レッズも弱いチームでした。


黄金期

西野監督時代にはJリーグ優勝、アジアチャンピオンリーグ優勝など黄金期を迎えます。当時は浦和レッズも黄金期に入っていて、ガンバ対レッズの試合がナショナルダービーといわれるようになります。

ナショナルダービーとは、その国を代表するチームの対戦を意味します。ちなみに和製英語です。英語ではクラシック・ダービー。スペイン語ではエル・クラシコです。

レッズとの試合がアウェイである時(埼玉で開催の時)は、遠くの埼玉まで多くのガンサポが応援に行き、スタジアムがレッズの赤とガンバの青(蒼)に分かれて美しい景色を作ってきました。


ガンバのサポーターについて

Jリーグの応援は、どのチームのそうですが、サポーター連合がおこなっています。ゴール裏の席でずっと立って応援している人たちが、同じ歌を歌って、同じように動いているのを初めて見る人は不思議に思うでしょう。あれは、リーダーに従っているのです。

サポーター集団は、たくさんあります。作るのは勝手です。別に許可制ではありません。しかし、それぞれが違う歌をうたって応援していたら何を言っているのかわかりません。チームへの応援は、声を揃えてはじめて届くのです。

ガンバのゴール裏にいるサポーター集団をまとめているのは、GANBINOというサポーター集団だそうです。私も何回かゴール裏で応援しましたが、いつも同じ人が応援リーダーをしています。とても良いリーダーです

そのリーダーさんは拡声器(ハンドマイク)をもっていて、さらに無線でいくつかのスピーカーに声をとばしています。ですからゴール裏のどこにいても彼の声が聞こえて、次のチャント(応援のパターン)が何かわかります。


どのサポーター集団が?

今回、ナチスの旗を使ったサポーター集団がどこなのかはわかりませんが、2017年4月21日の記者会見で、関係するサポーター集団が60人から70人と報告されました。かなり大きな集団です。

以前からこの集団は、服装の一部にもナチス的なマークをつかっていたとのことです。やはり、すべてのサポーター集団にガバナンスが効いている(やっていいことと悪いことの指令が行きとどいている)わけではないということですね。

もう一度、チームとサポーターが話し合って、パブリックコメントなども募集して、あたらしいスタイルを作る必要がある気がします。


スポンサーリンク


なぜナチスの旗を使ったのか

ひょっとしたら神奈川県の事件にヒントを得たのかも知れません。あの障がい者施設での大量殺人事件です。ヒトラーが障がい者をまとめて殺したという歴史的事実に容疑者は影響をうけたと報道されました。

その時に、初めてヒトラーやナチスを知った人が、「ヒトラーって悪い人なんだ」と気付いて、悪人にパワーを感じた可能性があります。生活環境に恵まれない人の中には、悪い人に魅力を感じる人もあります。

ガンバを応援する旗をつくろう! と思いつき、「どんなデザインが目立って、パワフルで魅力的かな」と考えていたら「ヒトラーのやつがいいんじゃない?」「いや、それやばいんじゃないの?」「だからいいの!ワルってクールだから!」「たしかにそうだな」っていう展開があったのではないかと推測します。


なぜ問題なのか

作った人たちは「ちょっと問題のある方が目立って良い」という発想だったでしょう。いってみれば、学校で禁止されているのに茶髪で登校するような感覚じゃないかと思います。

ナチスの旗を使った人たちは、次のような事実を知らないでしょう。

・ユダヤ人を何百万人も強制収容所へ閉じ込めて囚人として強制労働をさせた。

・収容所内のガス室で百万人以上を殺した

・収容所内では病気や栄養失調で多くの人が死んだ。

・もちろん、女性や子どもも殺された。

・死んだユダヤ人の髪の毛で絨毯を作った。

・死んだユダヤ人を焼いて油をとり、石鹸を作った。

・ドイツはもちろん、オーストリア、ハンガリー、イタリア、オランダなど、当時のドイツが支配した地域のユダヤ人は、ことごとく捕まえられて収容所へ送られた。

・ナチスというのは、ヒトラーをリーダーとした党の名前である。

・ヒトラーはポーランドを侵略し、第二次世界大戦が始まった。

・ナチスの旗は、1935年から10年間、ドイツ国旗として使われた。

・ナチスのユダヤ人大虐殺は世界史上最悪の人権侵害とされている。

・ナチスの旗は、ヤフオクでも取引できない

知っていたら絶対に使えないはずです。


チームのコメントは

先日行われました4/16(日)セレッソ大阪戦において、政治的思想を連想させるフラッグの掲出がありました。

ガンバ大阪を応援していただいているサポーター・ファンの皆様を始め、多くの皆様に不快な思いをさせたことについて、心よりお詫び申し上げます。

(引用元:ガンバ大阪公式サイト)

「多くの皆様に不快な思いをさせた」ってちょっと違うと思います。不快ではない人もいると解釈できてしまいます。しかもお詫びをしているのは、「不快感」を与えたことに対してです。

そうじゃないでしょう。お詫びをすべきは、「人類史上最悪の人権侵害をおこなった政治的集団の旗を、スポーツの応援に使った」ことに対してでしょう。そして、それを試合が終わるまで、いや、「ネット上で騒がれるまで気付かなかった」点でしょう。

だいたい、「政治的思想を連想させる」なんて遠まわしな表現でいいのでしょうか。不快なのは誰なのか。「ガンバ社長の私が不快です。」それでいいのです。ガンサポの私はとにかく「悲しく」「はずかしい」です。


 

まとめ

中学校の社会科教員である自分としては、少し責任も感じます。ひょっとしたら私が担当した生徒さんが今回の事件を起こしているかも知れません。まずそんなことはないと思いますが。

アウシュビッツについて、ナチスについて歴史の事実をきちんと伝えようと自分に誓った今回の事件でした。

ガンバ社長も、かなり重大な事と受け止めているようです。

直後の公式戦、ガンバは6-0で勝ちました。Jリーグではめったにない点差です。選手たちの怒りがあらわれたんじゃないかと一人感動しました。やっぱりガンバが好きです


スポンサーリンク

 

 

  • 2017 04.21
  • ガンバ大阪のファンがナチスの旗で応援した理由は?問題の原因は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー