ゲーム障害の症状や特徴は?病院で脳を治療して依存症の恐怖から抜け出すの?

  • ゲーム障害の症状や特徴は?病院で脳を治療して依存症の恐怖から抜け出すの? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

2018年の初めころから噂されていた通り、世界保健機関(WHO)は6月18日に「ゲーム障害」を新たな精神衛生疾患と発表しました。

 

WHOの精神衛生・薬物乱用に関する専門部局がWHOの意思決定機関に提案したのです。

 

つまり、国際連合の一部であるWHOの中で「依存症」の研究をしているドクターたちが、

「ゲーム中毒は病気ですよ」とWHOの会長たちに報告したということです。

 

これはつまり、ゲーム中毒は保険証を使って治せる「病気」になるであろうということです。

 

それも世界中で。

 

今回はこの件についてまとめてみます。


スポンサーリンク

 

 

ゲーム障害の症状や特徴は?

 

第1の症状として、ゲームが他の活動よりも優先され、ゲーム以外の活動があまりおこなわれなくなります。

 

第2に、寝不足になるなど、たとえ生活に悪影響が出ていても中止できずにエスカレートしていきます。

 

第3に、対人関係や社会生活などに重大な支障をきたし、昼夜逆転や食生活の不規則化などの問題を引き起こします。

 

こうした特徴は、薬物依存症やギャンブル依存症に酷似していると専門家は指摘しています。

 

そうした行動パターンが1年以上続いた場合、ゲーム障害と診断されます。

 

 

ゲーマーとゲーム障害の違いは?

 

「世界中に何百万人もいるゲーマーは、たとえ集中的にゲームを行っていたとしても、ゲーム障害には分類されない」と専門家は強調しています。

 

つまりゲーム障害と診断される人は「極めて少ない」というわけです。

 

また、その診断は専門知識をもった医療専門家が行わなければならないとも話しています。

 

 

 

本当の狙いは何?

 

WHOでは、ゲーム障害を疾病に分類することで終了としたいわけではなく、論議を加速させ、さらなる研究や国際協力を促したい戦術のようです。

 

ただ、ゲーム障害を国際疾病分類に含めることに対しては、時期尚早だとして反対する意見も根強くあります。

 

医者からすれば、疾病としてコードを与えられれば、研究費などが落ちやすいというメリットがあります。

 

ゲーム大国(と日本人には思われている)日本でも小難しい顔をしてゲーム障害の研究をする医者も増えるでしょう。

 

昨今では医者のタレント化も激しく、テレビにとって都合のいい意見を披露してくれる医者が出てくるでしょう。

 

そして視聴率も稼げるという計算です。

 

その番組には、任天堂やソニーはCMを出さないでしょうけどね。


スポンサーリンク

 

 

ゲームが起こす問題とは?

 

オフラインのゲームでは時間の浪費が一番にあげられます。

 

それに対してスマホゲームでは課金課金でお金の浪費が問題になるでしょう。

 

一方でRPGなどのオンラインゲームでは、上記の問題に加えて、人間関係の問題が発生します。

 

「ゲーム=人間関係が希薄」という偏見を持つ人達も多いですが、他人との協力が必要不可欠なオンラインゲームでは、各個人のプレイスキルが、ゲームの結果すなわち参加者全員の結果に影響するために、ミスや準備不足に対する暴言は激しくなりがちで、現実よりも人間関係が荒れることも多いのです。

 

それが楽しいうちはいいのですが、そのうちにプレイスキルの底上げと日課の徹底が、それこそ仕事のように課されていく感覚に陥っていく人もいます。

 

確かに、そうした状態になったときにすら、そのゲーム自体のプレイを止めるという決断ができないとすれば、それは立派な病気であるといえるでしょう。

 

 

それって仕事中毒と一緒?

 

しかしこれは仕事でも同じことが言えてしまいます。

 

・インフルエンザでも出勤する衝動が止められない。

・他の興味や日常生活よりも仕事を優先させる。

・良くない結果が出ているのにプロジェクトを継続したり、残業時間を増やしたりする。

・個人や家族、社会、学習などで深刻な支障が起きている。

 

と変えてみれば、ゲーム障害の話なのか、仕事に熱心な人の話なのかわかりません。

 

特に「仕事があるから」と、子どもとの約束をやぶってしまう親というのは、世間一般では「仕事に一生懸命」とされるでしょうが、ゲーム障害が病気であるなら、十分に「仕事障害」という病気です。

 

家族を養うために仕事をしているのに、その家族に愛情を注ぐ時間も無いようでは、どう考えても間違っています。

 

その間違いに気づかないのは明らかに病気です。


スポンサーリンク

 

仕事中毒を救うゲーム

 

先日、NHKハートネットでもゲーム障害の特集がされていました。

 

内容的にはブラック企業に勤め、毎日自殺を考えていたような男性がゲームにハマったという話です。

ゲームはその男性の命を救ったのです。

 

なぜ現実社会で傷ついた人が、ゲームで癒やしを得るのでしょうか。

 

それは単純にどのような類のゲームにおいても、それなりの成功が約束されているからです。

 

誰もが快感を得られる仕組み

 

一人でプレイするゲームでも、みんなで遊ぶオンラインゲームでも、基本的にはプレイすればするほど自身のプレイスキルは成長します。

 

ガチャであれば、回し続ければいずれは大当たりが出ます。

 

その点においてゲームは私達にある程度、平等に成功体験をもたらしてくれるとうわけです。

 

 

現実の仕事はクソゲー?

 

仕事は一生懸命に働いても評価されないのはもちろん、自分の成果を何の関係もない上司が持って行き、下っ端は休みも取れないのに、上の人間は海外旅行でダラダラと過ごしています(例外もありますが)。

 

八方美人の同僚はあちこちでサボっているのに評価され、自分はその同僚の分まで働いているのに、低評価。

 

そんな話はいくらでもありますよね。

 

石川啄木は「はたらけどはたらけど なお我が暮らし楽にならざり ぢっと手を見る」と詠んだが、いまなら「ぢっと連打する」でしょうか。

 

ただ、ゲームが命を救ったとはいえ、その後の人生においてゲームが重荷になってしまうようなら、それは確かに問題でしょう。

 

本人が「ゲームを辞めたいのに辞められない」ということを強く思っているのであれば、ゲーム障害に対する治療も必要です。

 

 

悠々自適なゲーマーは障害?

 

一方で、例えば宝くじが当たり、あとは一生ゲームで遊んで暮らそうと考えている人が昼夜逆転で楽しんでゲームをしていたとして、それがなにか問題になるでしょうか?

 

世の中にはゲームのやりすぎで死んだ人も多少はいるようです。

 

しかし仕事による過労死では比較にならない人数が死んでいます。

 

長時間ゲームをしている人の多くは、それなりに適切に休んでいるし、食事もしています。

 

ボーッとした頭では仲間たちを納得させられるプレイもできませんからね。

 

まとめ

 

ゲーム障害とは、いわゆる社会生活に悪影響があるという前提で定義されています。

 

悪影響がなければ、病気としては認定されません。

 

これが薬物ならば、社会生活に影響があろうとなかろうと「病気」として治療されます。

 

今回、WHOの発表によって病院の外来に「ゲーム」という看板があがるのでしょうか?

 

やはりそれは難しいでしょう。


スポンサーリンク

 

  • 2018 06.19
  • ゲーム障害の症状や特徴は?病院で脳を治療して依存症の恐怖から抜け出すの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー