燃費アップのコツは発進と加速にある?プラス2㎞/Lのテクニックまとめ

  • 燃費アップのコツは発進と加速にある?プラス2㎞/Lのテクニックまとめ はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

最近は燃費のいい車に人気が集まっていますが

 

燃費を向上させるコツがあるのをご存知でしょうか

 

 

今回は私が実践した燃費向上方法を紹介します


スポンサーリンク


発進の仕方

 

燃費を左右する最大の要素は発進の仕方です

 

 

アクセルを踏むとガソリンが

 

エンジンの中に噴射されるわけですが

 

噴射されるガソリンの量が

 

100%のパワーになっていないのが発進時です

 

もしも100%パワーになっているとすれば

 

それはすごい馬力のエンジンであるか

 

すごい軽い車であるかのどちらかです

 

しかし現実は車の重量に対して

エンジンの力は十分ではありません

 

前後左右に車がいない状況で思いっきり

アクセルを踏んで見ると分かりますが

踏み込んだ量に比例して

スピードが上がっていないことに気づくでしょう

 

つまり大量のガソリンをエンジンの中に噴射しても

重量や路面との摩擦などに負けて

ガソリンが燃焼せずに排出されていくのです

 


ゆっくりアクセルを踏む

 

ですから簡単に言うと

ゆっくりアクセルを踏むといいのです

加速している感覚と踏みこんでいる感覚が

一致するのがベストです

 

特に重要なのは時速0 km が1 km になる瞬間です

 

摩擦というのは止まってる状態が動き出すときに最大です

これを最大静止摩擦と物理の世界では呼びます

 

 

オートマチック車では

アクセルを踏まなくても発信しますから

止まった状態から動き出す時は

このクリープ現象を利用しましょう

 

クリープで少し動き出してからアクセルを踏むと

ぐっと燃費が伸びますよ


早めにクリープの用意

 

 

そんなことをしていたら前の車についていけない

と思われる方もいらっしゃるかもしれません

 

私はそのために直前の車ではなく

5台くらい前の車を見るようにしています

 

 

そうすることで早めにクリープの用意をして

車の流れを途切れさせないように注意しています

 

 

さて最大静止摩擦が最大であるという知識があれば

 

実は減速時にも大きな燃費向上の秘訣があることに気付くと思います


できるだけ止まらない

 

できるだけ止まらないというのも燃費向上のコツです

 

と言っても前の車が止まってるところに止まらないなんてことをすると追突してしまいますから

 

私が申し上げる止まらないコツというのは

 

前方に車がいない状態を前提にしています

 

車が空いてる時に信号が変わり始めるというタイミングがあると思います

 

私は歩行者用の信号を見て点滅が始まっているかどうかを見るようにしています

 

 

もしも100 M 以上前方の信号で歩行者用の点滅が始まると

 

自分の車が信号付近へ来た時に赤信号に変わる可能性が高くなります

 

まあ今の道路交通法は黄色も止まれになっていますから

 

もちろん黄色も止まらないといけません

 

私ももちろん黄色で止まるようにしています

 

これを歩行者用の点滅信号に注意せずに走行した場合

 

急に黄色に変わって急停車

 

まあ黄色は駐停車に陥る場合は通過していいのですが

 

 

スピードが乗った状態で黄色から「赤」に変わり

 

いっちゃえという形で赤信号になりたての交差点を突破する車も多いですよね

 

しかしこれは無理だなと感じたら急停車することになります

 

これが燃費を悪くします


スポンサーリンク

 


ブレーキパッドの減り

 

歩行者用の信号が点滅している状態でアクセルから足を離し

 

減速を始めればその地点のガソリン消費はほぼないわけです

 

しかしその後もアクセルを踏み続け

 

信号の近くでこれは無理だと思ってブレーキを踏む

 

こうすると無駄にガソリンを使ってることになります

 

燃費とは直接関係ありませんが

 

こういう運転をしているとブレーキパッドの減りも早くなります

 

車検の時にブレーキパッド交換2万円

 

と請求されて結局大きな出費になってしまいます

 

 

ですから歩行者用の信号を見て

 

急停車しないように気をつけるというのはとても大切です


停車せずに加速

 

歩行者用信号の設置場所によっては

 

交差する歩行者の信号が見えることもあります

 

これが点滅を始めると

 

進行方向の赤信号がもうすぐ青になるというタイミングになります

 

この場合前後に車がいなければ

 

かなり前から速度を落とし

 

信号の直前で青になるように調節してみましょう

 

そうすると停車せずに加速できます

 

これで最大静止摩擦を回避することができます


環境にも優しい

 

 

そんなことに気をつけてたら疲れちゃうよ

という方もあるでしょうが

ガソリンをできるだけ使わないという走り方は

地球環境にも優しいですよ


経済的メリット

 

もちろん長い目で見れば

経済的メリットも大きいわけで

経費削減と叫んでいる経営者の方などは

実践すべきじゃないでしょうか

 

 

ちなみにこんな乗り方をしている私と

いわゆる普通の乗り方をしている妻では

リッター当たり2 km 程度の差が出ています

 

以上、参考にしていただければ

幸いです


スポンサーリンク

 

  • 2018 02.12
  • 燃費アップのコツは発進と加速にある?プラス2㎞/Lのテクニックまとめ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー