東京駅で荷物やお土産をホテルに配達できる?サービスカウンターはどこ?

  • 東京駅で荷物やお土産をホテルに配達できる?サービスカウンターはどこ? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

ボンジョルノ! ウッチーです!

 

11月5日から7日までアメリカのトランプ大統領が来日します。私は10月28日に東京へ行きましたが、確かに渋谷駅のコインロッカーは全て赤く光っていました。

 
コインロッカーに時限爆弾を置くとかを防いでいるんでしょうか。いやトランプが電車で移動するはずはありませんから、コインロッカーを利用した悪事を防いでいるのでしょう。

 

それがどんな悪事なのかわかりませんが、困るのは大きな荷物を持って23区内を移動する観光客です。スーツケースを持って雷門とか疲れますし楽しめませんからね。

 

というわけで今回はトランプがアメリカに帰るまで、大きな荷物をどこに預けけたらよいか東京駅を中心にまとめます。


スポンサーリンク


佐川急便

 

宅配業者の佐川急便が荷物預かりサービスをしています。東京駅の日本橋口に大きなスペースがあり、飛脚の「飛」という大きな文字が目印です。

 

時間は朝の7時から夜の11時までなので、ちょっと一杯飲んで取りに行くのが遅くなっても安心です。料金は800円です。

 

なお、預かるサービス以外にもホテルへその日に届けてくれるサービスがあって便利です。ただし、12時までに預けないといけません。土日祝は10:30までです。

 

料金は多少高くなりますが、東京駅に新幹線で午前中に着いてすぐに観光し、夕方にホテルに入るっていう人にとっては東京駅に戻る必要がなくなります。

 

 

また、東京駅に戻って荷物をとって、そこから満員の電車に乗ってホテルへ移動という苦行を考えれば東京駅からホテルで送ってしまったほうが断然楽ちんです。

 

また、このサービスはスカイツリーや新宿、渋谷、銀座、雷門(浅草寺)でもやっています。午前中に買い物を済ませた時は、そこからホテルで送ってもらい手ぶらで午後の観光をした方が良いですね。お土産を持って歩きまわるのは苦行です。

 

トランプがアメリカに帰れば、コインロッカーに預けることもできます。しかしよく考えたら「旅を楽しむ」という点にこだわればコインロッカーが使えるようになっても「ホテル当日送り」は値段以上の価値がありますね。

 

佐川のサイトです→佐川急便てぶら観光サイト


スポンサーリンク


ヤマト運輸

 

観光の一大拠点東京駅には、その他にもヤマト運輸が手荷物預かりサービスを提供しています。こちらのメリットは500円という安さです。

 

ちりも積もればといいます。100円でも安いところを狙うならばここですね。ただし7:30から20:30なので夜遅くまでは預けられません。

 

佐川急便が日本橋口なのに対して、ヤマト運輸は丸の内北口ドームにあります。丸の内北口改札を出ると見つけられます。

 

 

当然こちらも宅配サービスがあります。


その他駅構内の手荷物預かり

 

東京駅というかJR東日本のやっている手荷物預かりも駅構内にあります。これのメリットは改札を出る前に預けられるということです。

 

地下1階のグランスタ内「銀の鈴待ち合わせ場所」近くにあります。こちらは8:30から21:00となっています。

 

料金は600円ですから佐川よりも安いですね。18:00までに預ければ翌日着で配達もしてくれます。

 


その他の手段

 

2日目の訪問地に遠いなど多少不便でも、ホテルに連泊してしまうという手もあります。多くのホテルでは、掃除不要のサインを出せば500円割引などの特典もあります。

 

多少交通費に無駄が生じても、手荷物を預ける費用を考えればお得かも知れません。スーツケースを夜にパッキングしなくても良いですし楽ちんです。

 

 

もしも1泊だけだったら、スーツケースを宅配便で自宅へ送ってしまうという手もあります。お土産も早めに買っておいてスーツケースに入れておき、最終日には必要なものだけを持って歩くということです。

 

そのためには、リュックとか大きめのトートバッグなどをあらかじめスーツケースに入れておく必要がありますね。ほとんどのスーツケースは2000円以内で送れますから、預けるのと大差ありません。


まとめ

 

以上、東京駅を中心にコインロッカーが使えない時の手荷物預け場所をまとめました。

 

トランプ大統領の来日にともなうテロ対策でコインロッカーが使えなくなり、一躍注目を浴びている手荷物預かり所ですが、こうして考えてみるととても便利なサービスですね。

 

私も「手ぶら派」です。肩にカバンをかけると肩が凝るので。

 

そんなに高額でもないので、上手に預かりサービスと宅配サービスを使って「楽に」東京を楽しみたいですね。

 

 

がんばって荷物を持って疲れ果て、旅行のあとに体調を崩して薬代や医療費がかかったとしたら「あー手ぶらだったらよかったな」ってことになるかも知れません。

 

私も積極的に「手ぶら作戦」を実行しようと思いました。

なお、他にも便利な情報がありましたらぜひコメント欄に投稿してください。


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんなブログですが、毎晩更新していますので良かったらブックマークしてください!


スポンサーリンク

 

  • 2017 10.31
  • 東京駅で荷物やお土産をホテルに配達できる?サービスカウンターはどこ? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー