クレヨンしんちゃんの新しい声優小林由美子は独身?過去作品と年齢は?

  • クレヨンしんちゃんの新しい声優小林由美子は独身?過去作品と年齢は? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

 

アラサー以下の人にとっては、「こころの友」的な存在である「野原しんのすけ」。

幼児の「あるある」をこれほどまでに体現したキャラは過去も現在もありません。

もともとは成人向けマンガの連載だったものが、これほどまでに人気が出たのはなぜか?

それは間違いなく、しんのすけの声を演じた矢島晶子さんのおかげでしょう。

27年つまり約30年、しんのすけを演じた矢島さんの引退発表にショックを受けたのは私だけではないはず。

 

そんなショックを払しょくしてくれそうなニュースが飛び込んできました。

そうです。新しい「しんちゃん」が決定したのです。

間違いなく、あたらしい「しんちゃん」は好評を博するでしょう。

今回はその理由を中心にまとめてみます。

 

関連記事→クレヨンしんちゃんの映画が面白くなくなったのはマンネリ化ギャグのせい?


スポンサーリンク


 

○小林由美子の年齢は?

矢島晶子さんに代わって、あたらしい野原しんのすけを演じるのは「小林由美子」です。

1979年生まれなので、しんちゃんを演じ始める2018年に39歳になります。

失礼ながら、意外と「おばさん」なんですね

でもでも、そんな小林由美子が野原しんのすけになった理由は私なりに納得しています。

まあそれはあとで紹介するとして、とりあえず小林由美子の年齢は「アラフォー」でした。

ちなみに、この1979年生まれというのはサッカーの「小野」「稲本」「高原」といった「黄金世代」と同級生になります。

彼らもまだプレーヤーとして活躍していますから、「おばさん」扱いは失礼ですかね?

 

○小林由美子は独身?

いえ、既婚者です。

旦那さんは、声優など「業界人」では無いようなのでお名前などの公表はしていません。

結婚は2006年ですから、彼女が26か27歳の時です。

晩婚化の進む現代では、初婚の平均年齢が約30歳なので、「割と早め」の結婚ですね。

その後、2011年に女の子を出産。

今年は、その子が小学校に入学しています。

さらに、昨年は男の子を出産。

現在は、二児の母として充実した日々を送っています。

 

○小林由美子の過去作品は?

はっきりいって、「あーあの役だったんだ!」というようなメジャーなキャラはありません。

「おそ松さん」の栄太郎とか「ガンコちゃん」のゲンくんなど、まあ「脇役」が多いですね。

ただ、共通して言えるのは「無邪気な少年」役が多いということです。

野原しんのすけのキャラに続く、この路線を昔から歩んできた声優さんというわけです。

 

○しんのすけ役に選ばれた理由は?

さきほど、メジャーな役を演じてこなかったと書きましたが、彼女が今回選ばれた理由の一つはそれでしょう。

つまり、過去に大役をこなしていないという点です。

もしこれが、たとえば「名探偵コナンのゲンタだった」なんてことだったらどうでしょう?

あああの声か~、とイメージがすぐに湧きますよね。

でもそれって、逆に「新しい野原しんのすけ」というイメージ作りには邪魔になります。

 

 

やはり「今度のしんのすけってどんな声だろう?」と期待している人たちには、「へーっ、こんな声なんだ」と思わせる方がいいと思うのです。

 

主役級の声優って、そのキャラ以外を演じると視ている方が「違和感」を感じてしまいます。

 

そういう意味では、今回の人選では「まだ色のついていない声優」っていうのが、アニメスタッフのリストには書いてあったんじゃないでしょうか。


スポンサーリンク


 

○子育てとの両立はできる?

そんな小林由美子ですが、小1の娘さんと1歳の赤ちゃんを育てるママです。

国民的人気者の「野原しんのすけ」を演じる余裕はあるのでしょうか?

私は、「大変だろうけど、だからこそ小林由美子を選んだ」のではないかと思います。

つまり、野原しんのすけを演じる声優は「育児中のママ」が適任だからです。

あのアニメって実は「親子で見る」のです。

私もそうでした。

現在31歳の娘を育てながら、一緒に笑ったり感動したりしていたのです。

 

しんちゃんのわがままに「あるある」と思ったり、そのやさしさにじーんと来たりしました。

そして、みさえやひろしのバタバタぶりに、親として「わかるわかる」と思ったりしました。

だから「クレヨンしんちゃん」は国民的アニメになり、「野原しんのすけ」は埼玉県春日部市の名誉市民になれたのでしょう。

 

○矢島晶子さんの謎

では、独身だった前任の矢島晶子さんはどうやって、あのリアルな幼児を演じたのでしょう。

彼女いわく、「弟をイメージしてキャラを作った」との事です。

つまり、彼女には弟がいて、子どもの頃に一緒に過ごした時、姉として手を焼いたみたいなんです。

その時のイメージが残っていたので、あんなすばらしいキャラが生まれたらしいのです。

矢島晶子さんの弟に拍手ですね。

でも今回の声優さんは「弟」ではなくて「息子」です。

「昔を思い出しながら」演じるのではなく、「現在進行形」演じる事ができます。

 

 

これって最高じゃないでしょうか?

おそらく、人選に当たったスタッフも「6歳と1歳の子どもがいる」という点で、小林由美子はイケルと判断したのだと思います。

もちろん、その声や演技力があってのことでしょうけど。

 

○小林由美子はなぜ無名だったの?

 

さて、こんなに実力が評価されている彼女がなぜ、これまで大役を任されなかったのでしょう。

これは私の勝手な想像ですが、「セリフの多い仕事を断っていた」んじゃないかと思うのです。

なぜかというと、2006年に結婚して、2011年に出産していますよね。

つまり5年間、子どもができなかったわけです。

これって結構長いです。

その間、「治療」などいろいろ苦労もしていた可能性があります。

そうすると、やはり長時間束縛される仕事をツライでしょう。

だからプライベートを優先して、大きな仕事は断っていたんじゃないかと思うのです。

 

 

さらに、2011年以降は育児で忙しく、大役を引き受けられなかったというところじゃないでしょうか。

つまり今回、「野原しんのすけ」が小林由美子になったのは、それらの偶然が矢島晶子さんの引退とピッタリハマったという事だと思うのです。

 

○まとめ

というわけで、私は個人的に小林由美子の「野原しんのすけ」を心から応援しています。

女性も働くことが普通になりつつ時代でもあります。

私は現在50代のおっちゃんですが、家事育児を妻と分担して4人の子育てをしてきました。

野原一家は、そんな私の同志です。

実は、コミックもほとんど買いました。

子育てに勇気と涙と笑いを与えてくれた「クレヨンしんちゃん」は私にとって宝物なのです。

あと「トイストーリー」も宝物ですけどね、それはまた別の記事で紹介します。

 

とにかく、働くママである小林由美子の「野原しんのすけ」を楽しみに待ちましょう!

最初は違和感があると思いますが、それを払しょくするパワーが小林由美子にはあるはずです。

だって、現役の「みさえ」ですから!

 

クレヨンしんちゃんをいつでもどこでも視られるのはコチラ!(過去作品も)

 

関連記事→クレヨンしんちゃんの映画が面白くなくなったのはマンネリ化ギャグのせい?


スポンサーリンク

  • 2018 06.16
  • クレヨンしんちゃんの新しい声優小林由美子は独身?過去作品と年齢は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー