優勝候補の大阪桐蔭を倒すチームはどこだ?夏の甲子園2017の対抗馬を予想!

  • 優勝候補の大阪桐蔭を倒すチームはどこだ?夏の甲子園2017の対抗馬を予想! はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2017年8月4日、ついに夏の甲子園組み合わせ抽選が行われました。優勝候補でも組み合わせによっては苦戦続きで決勝戦の頃にはボロボロなんていうこともありますから、クジ運は重要です。

今回の組み合わせで一番インパクトがあったのは、1回戦で秀岳館と横浜があたったことでしょう。少なくともベスト8以上での対戦が予想された2校が1回戦で対戦するという偶然に驚いたのは私だけでは無い筈です。

今回の記事は、今年の夏がどんな結果になるか、トーナメント全体を見渡して予想してみます。


スポンサーリンク


優勝候補(本命)

これは専門家か素人かを問わず「大阪桐蔭」と9割以上の人が言うでしょう。春のセンバツで大阪決戦を制し優勝。今回の大阪予選では再びその履正社を破って優勝ということで、ドラマの序章は終わり、あとは優勝への王道が待っていると多くの人が予想していることと思われます。

しかも今回の初戦は鳥取県代表の米子松蔭ということで、初戦で投手が大きく消耗することもないだろうと言われています。特に投手が抜群に安定している大阪桐蔭が優勝候補の筆頭であることに間違いはないでしょう。

しかし実は、2回戦で沖縄の興南または智辯和歌山にあたります。私の思うに、ここが結構難しい試合になりそうです。沖縄勢が夏に強いのは近年の傾向です。実際の気温は沖縄よりも甲子園のある兵庫南部の方が高いのですが、暑さ慣れという面では沖縄の高校は一番有利です。

さらに智辯和歌山は、近畿大会で何度も当たっているだけに不気味な存在です。今年は近畿大会で当たっており、6-3で勝っていますが圧倒的な差はありません。それに分析も進んでいるでしょうから勝つのは簡単ではないでしょう。

 

 

 

関連記事→花咲徳栄の校名には由来があるの?とくはるにはどんな意味がある?


対抗馬その1

大阪桐蔭は2回戦に少し高い壁がありますが、それでも優勝候補のナンバーワンであることに間違いはありません。そんな大本命に匹敵する実力のある学校はどこかと言われれば、やはり私は東海大菅生を予想します。

それは、早稲田実業を破ったからではありません。日大三高を破ったからです。今年のセンバツでは一回戦で準優勝の履正社と当たって敗退したものの、クジ運によってはベスト4以上に行けた実力を持つ学校です。

投打ともに高レベルで層が厚く、プロ注目選手も複数いるという強豪校でした。この高校を西東京の準々決勝で破っているのです。しかも5-0です。そりゃあ早実にも勝ちますよ。特にこの試合で8回無得点に抑えた投手・松本のフォークがすごいです。

さらに、投手が4枚という厚さも鉄壁です。近年の超高温気象は関西地方で特に異常な傾向です。テレビで見ていたらわかりませんが、甲子園まで自転車でいける距離に住む私としては「投手2枚では不安」な蒸し暑さがここにあります。

 

関連記事→西川愛也の出身チームのプロOBは?花咲徳栄のイケメン打者はドラフト候補?


スポンサーリンク


対抗馬その2

東海大菅生が対抗の筆頭とすれば、2番手には熊本の秀岳館が来るでしょう。センバツ出場チームが地方予選で次々と敗退する中、強豪の多い熊本予選を当然のように勝ちあがってきました。

秀岳館の強さは、超高校級の左腕投手が2枚いるという点です。まあこれは日大三高も2枚いたのですが、最近は左腕が有利な時代なのです。なぜなら最近は右投げ左打ちの選手が多いからです。

右投げ左打ちの選手は、左手でバットを押すよりも右手でバットを引く動作が強くなります。するとどうしても右の脇が開きます。脇が開くと内角のボールに詰まり、外角のボールにパワーが乗らないのです。

左腕からのボールは左バッターにしてみれば外角へ逃げます。ですからこころもちホームベースに近く構えます。すると内角が打ちにくくなります。というわけで秀岳館の二枚から得点を奪うのは容易ではないでしょう。

 

 

 

 


対抗馬その3

やはり投手が多い学校をあげたくなります。となればやはり愛知代表の中京大中京でしょう。

他の学校ならは全員がエースであろう140キロ台の投手が3人もいます。やはり都会の私立高校ならではの豪華投手陣です。同じく都市部の私立高である大阪桐蔭もエースの徳山が完投できるので目立ちませんが、他にも140キロ出せる投手が複数います。

そして攻撃力も破壊的です。日本一とも言われる激戦区の愛知で、5回戦が10-0、準々決勝が6-2、準決勝が14-2、そして決勝が9-1です。しかも中心打者である4番の鵜飼が故障でボロボロだったのです。

鵜飼も現在はケガも完治しています。全国でも10点を超える得点が毎試合見られる可能性があるチームです。それに対して投手は2点以下に抑える力を持っています。中京大中京が優勝しても私は全く驚きません。

 


まとめ

というわけで2017年夏の甲子園は、

本命:大阪桐蔭(大阪)

対抗1:東海大菅生(西東京)

対抗2:秀岳館(熊本)

対抗3:中京大中京(愛知)

この4校を軸に展開されるでしょう。公立校にも上位進出して欲しいところですが今年は難しそうです。ただし大阪桐蔭と近畿大会で当たって3-4と接戦を演じた公立進学校の彦根東は力があります。しかし3回戦が東海大菅生なんですよ・・・。

 

2017夏の高校野球関連記事

山本ダンテ武蔵の出身はどこ?50メートルは何秒で遠投は何メートル?

徳山壮磨のストレートは最高時速何キロ?身長と体重そして出身地は?

鍛冶舎監督の高校野球指導歴は何年?出身高校と大学は全国大会にでたの?

秀岳館が甲子園優勝?夏の全国高校野球2017は鍛冶舎監督最後の夢がかなう?

優勝候補の大阪桐蔭を倒すチームはどこだ?夏の甲子園2017の対抗馬を予想!

甲子園2017夏のプロ注目投手紹介!センバツとの連続出場は可能か?

清宮たちプロ注目イケメン打者は2017夏の甲子園に出られるか?出場予想してみた!


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターや

フェイスブックのアイコンを押して拡散していただけると嬉しいです。


スポンサーリンク

  • 2017 08.05
  • 優勝候補の大阪桐蔭を倒すチームはどこだ?夏の甲子園2017の対抗馬を予想! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー