部活動は何が良いか悩んでる?バスケとサッカーよりもオススメは?

  • 部活動は何が良いか悩んでる?バスケとサッカーよりもオススメは? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

Pocket

4月から中学校に入るみなさんは、どの部活動に入るか悩んでいる人も多いと思います。特に小学校時代に、スポーツの経験がない人にとっては、どうやって決めたらいいか困りますね。今日は、そんな皆さんのために、現役の中学校ティーチャーであり、今までに陸上部、野球部、ソフトテニス部、剣道部の顧問をした私が、ちょっとアドバイスしてみます。部活動を決める参考にしてもらえたらうれしいです。


スポンサーリンク


野球とサッカーは特別

野球部とサッカー部は、スポーツ経験のない人は入らない方がいいです。この二つは学校の中心になっている部活です。ふんいきもけっこうキツめな事が多いです。そして、ほとんどが小学校からの経験者なので、追いつくまでの苦労がけっこうたいへんです。しかし、走るのは得意とか、ドッヂボールは結構うまい方だったとかいう人は、入ってみてもいいかも知れません。


野球部員は減っているけどサッカーは人気

私の市では、野球人口がすごく減っていて、初心者でもすぐにベンチに入ることができる学校がたくさんあります。そんなところだと、先生も先輩も大歓迎してくれるでしょう。サッカーは、1学年で20人以上いるところがざらにあります。そんなところに、初心者で入部したら3年間試合に出られない可能性もあります。でも本当に好きならチャレンジしてくださいね。


バスケットブームは去ったが・・

スラムダンクブームの頃は、たくさんの部員がいたバスケットボール部ですが、今はそんなに多くありません。しかし学校によっては、ほとんどが経験者という場合があります。そんな学校では、やはり初心者はつらいでしょうね。しかし、背の高い人が有利なスポーツなので、身長のあるひとは、体験入部をしてみたらいいと思います。鬼ごっこだったら無敵だったという人も向いています。私の知っている生徒で、初心者で入部しましたが、3年生のときに全国大会へ出場して、スタメンではありませんでしたが、試合に出ていた人がいました。彼は、勉強も部活も人一倍していました。身長もありました。


陸上部はすばらしい!

さて、私がスポーツ経験のない、足も遅いという人にオススメしたいのは、陸上部です。陸上は足が速くないとダメと考えている人も多いでしょう。しかし、正しい走り方をマスターすれば、ほとんどの人は速くなります。運動会で、風を切って走る姿をイメージしてみましょう。かっこいいですよ


スポンサーリンク


太っているし、人間関係が苦手・・・

太っているし、全然走れないという人は、円ばん投げや砲丸投げがあります。やっている人が少ないので、大会で表彰される可能性も高いです。さらに陸上部のよいところは、ほとんどの場合、上下関係がきびしくないという点です。駅伝をのぞけば、チームでたたかうスポーツではありません。みんなでトレーニングをして、自分の記録を上げていくスポーツです。人間関係よりも、一人ひとりがしっかりやることが大切です。人としゃべるのが苦手という人は陸上に向いています。チームスポーツは、人と上手に話せないとだめです。おしゃべりな人は陸上部だとツライですね。読書が好きだとかいうひとも向いています。


練習時間は短いよ

練習時間が短いのも特徴です。野球でしたら、全員が同時にノックを受けるとか、バッティングするとか無理です。ノックなら、一人ずつ、バッティングでも2人か3人ずつです。全員が終わるまで、けっこう時間がかかります。陸上は同時に全員が同じ内容の練習をします。ですから2時間以内で十分な練習ができます。自分の時間も大切にしたいという人には良いですよ。勉強との両立も楽です。


まとめ

レギュラーと補欠という区分もありません。全員がレギュラーです。自分の目標とする記録を目指すという意味では、全員が同じ目標をもって練習できます。ユニフォームやスパイクもそんなに高くありませんし、スパイクはサッカーのように毎日はくわけではありませんから長持ちします。陸上の欠点は、雨の日にきちんとした練習ができないという点と、イメージとして地味な感じがするという点です。でもメリットの方が大きいです。精神的にもすごく成長できます。ぜひ陸上部に!


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか? ぜひ一言コメントを残していってください!!質問も気軽にコメント欄へどうぞ

  • 2017 03.14
  • 部活動は何が良いか悩んでる?バスケとサッカーよりもオススメは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー