カーリースとシェアとローンだったらどれがいい?月1万円の車を購入してみた

  • カーリースとシェアとローンだったらどれがいい?月1万円の車を購入してみた はコメントを受け付けていません。

この記事は6分で読めます

Pocket

ボンジョルノ! ウッチー(mattt@リトグリとワンオク好き)です!

 

最近、ウチの娘、車が欲しいって言うのでいろいろ調べて検討したんですよ。

 

就職したばかりでお金は無いし、親の私と妻もポンと買ってやるような方針じゃないので、娘のpay能力からして「支払いは月1万円」をテーマにして購入しました。

 

今回は、その一部始終を報告します。


スポンサーリンク


結論

 

まず、結論から。

 

ウチは、「ローンで中古車購入」を選びました。

 

買った車は、日産マーチです。

 

まず車の紹介です。

 

排気量は1300cc 色はシェリーグレー(薄いピンクのかかった灰色)平成18年式 走行距離5万5千キロ、ETCなし、ナビ動作不良、傷やへこみ数カ所あり、車検切れというものです。

 

車両価格は17万9千円。

 

今のマーチに比べて、ビートルっぽい外観なので20代前半の娘には「かわいい」という印象だったようです。

 

キーレス(タッチするとロック解除)ですし、ヘッドライトもオートモード(暗くなったら勝手につく)なので、かなり嬉しい装備です。

 

走行距離も少ないので10万キロくらいで交換するブレーキパッドなどの消耗品もまだいけそうです。

 

キーレスやオートライトって、軽だったら無い車も多いですし、普通車でもオプション(追加料金発生)の場合が結構多いです。

 

傷やへこみについては、ウチの親子ってゼンゼン気にしないタイプなんです。

 

ちゃんと走ればOK的なポリシーですから。

 


なぜ軽自動車じゃないの

 

それなら、なぜ軽を選ばなかったかというと、やはり助手席との間隔ですね。

 

常に一人で乗る人なら軽でも良いとおもいますが、やはり複数で乗る場合、軽だと運転席と助手席との間隔がないので窮屈感があります。

 

それって、ウチのDNAではNGなんですね。

 

くっつきすぎるのを嫌う伝統があるので。

 

それと、軽の場合4人乗りなので、5人乗りたい時に不便です。

 

乗るのは多くても二人、しかも肩が当たるくらい近くてもOKっていう人は軽が良いと思いますが、そうじゃない人は普通車がオススメです。

 

だいたい、車とかって自分の生活を便利にするものですよね。

 

つまり、人生のストレスを軽減する目的があると思うんですよ。

 

別に、バスや電車で移動してもいいわけですからね。

 

ケチって軽にして、ストレスの軽減が図れなかったら意味ないんじゃないかな、と。

 

そして、1300ccの普通車って、軽よりも燃費が良いことが多いです。

 

まあ乗り方にもよるのですが、軽って660ccの小さなエンジンで大きな力を出すためにガソリンの消費は大目になります。

 

1300ccだと力に余裕がある分、ガソリンを食わないんですよ。

 

マーチの1300ccでリッター20キロいったっていう人も私の知人でいますからね、田舎の人ですけど。

 

軽でリッター20キロは、あんまり聞いたことないです。

 

それと長距離運転での疲労度が違います。

 

やはり軽は街乗りっていうか近距離向けです。

 

学生なんかだったら、軽で東京大阪間走っても平気でしょうけど、社会人っていうことになると、そこでたまった疲れを引きずって仕事ってなるとやっぱりツライものがあります。

 

というわけで、我々のような人生の方針を持つ者は1300ccの中古車に行きつくのです。


スポンサーリンク


では次にお金の話(リースって?)

 

まずリースですが、実は一度リース車に乗ったことがあります。

 

その車は現在も所有しています。

 

つまり最後は、買い上げたってことです。

 

この車は、1日500円のリースってことで借りていました。

 

シボレークルーズっていう1300ccです。

 

シボレーっていいながらスズキ車です。

 

1日500円って言っても最短で半年契約なので、1ヶ月15000円×6ヶ月、つまり最初に9万円+消費税で約10万円を払います。

 

リースの良いところは、自動車税や重量税、車検整備代が不要ってところです。

 

リース代以外に負担するのは任意保険代、故障やワイパー、オイル、タイヤ交換代だけとなります。

 

だから1年乗ったらリース代が約20万円で任意保険代が安くて5万円、オイル交換などでプラス数万円。

 

結局1ヶ月で割ると2万円以上にはなります。

 

でもウチの娘は、ひょっとしたら結婚してダンナの車に乗る可能性もあるわけで、こういう半年づつ延長するシステムはありがたいわけです。

 

今回もこの形でリースを考えたのですが、このサービスを提供している車が関西には1台も無かったのです。

 

たぶん儲からないんでしょうね。

 

3年前には10台くらいはネットに出ていましたけど・・・・残念!

 

でもまあ月1万円っていう目標からは大きく外れているのも事実です。

 

今、「月1万円 リース 車」で検索するとオリックスとか大手のリース会社が出てきます。

 

でも月1万円っていうのはありません。

 

1万5千円/月っていうのがあって「これや!」ってクリックしてみると、「ボーナス月5万円」とかです。

 

さらに、そういう安い車って5年間のリース契約なんで、ちょっと長いなーと。

 

だからメールで、5年契約の車を半年で解約してもいいですかって尋ねてみました。

 

すると返信があり、「半年で解約すると、かなり違約金がかかります」とのこと。

 

というわけで、リースはアウト!

 


次にカーシェア

 

私自身はタイムズプラスっていうやつの会員で、カーシェアを利用したこともあります。

 

スマホで予約して、会員カードを車に近づけるとロック解除、ドライブ開始!

 

用事がすんだらもとの場所に返してカードを近づけるとロック完了、支払いはカードで翌月っていう楽ちんパターンです。

 

ガソリンを満タンにする必要もありません。

 

ガソリンが無くなったら、車内にあるカードで給油すれば良いのです。

 

しかも、給油したら契約時間が15分延長されます。

 

6時間かりると約4000円です。

 

これも月に数回の乗車ならいいですね。

 

さっきの500円リースと比較すれば、月に5回乗るくらいならこれがベストでしょう。

 

任意保険に入る必要もありません。

 

しかしウチの娘は通勤に使うので、月に20回くらい乗るわけです。

 

休日も乗りますし、スタッドレスを履いてボードに行く可能性もあります。

 

というわけでカーシェアもアウト!


スポンサーリンク


そして残ったのは中古車または新車!

 

しかし新車をボーナス払い無し、月1万円の支払いで買うのは無理ですから中古車ショップへ行きました。

 

買った後の事を考えるとやはり自宅から近いところにあるショップが良いですね。

 

中古車でも1ヶ月保障とかありますし、何かと相談できます。

 

というわけで、自宅から3キロほど離れた大きめのショップへ行きました。

 

「中古車をさがしています」といって事務所に入ると、当然大歓迎です。

 

そしてテーブルに座ってコンピューターの画面で検索していきます。

 

まず、中古車ショップにすればできるだけ高い車を売りたいわけです。

 

「ご予算はどれくらいですか」と聞かずに、最初は100万くらいの車を提示します。

 

実際、展示されている車の8割は80万円以上の車です。

 

ですから、時間短縮のためにもすぐに「こみこみ50万円でお願いします」と伝えました。

 

展示されている値段プラス10万円から15万円かかりますから。

 

つまり30万円台の車を狙っているという意味になります。

 

実は、事前に車のローンを試算していたのです。

 

そうすると、月1万円、ボーナス月にプラス1万円という設定なら支払いはマックス50万円と結論が出ていました。

 

そして1300ccつまり普通車小型クラスを検索してもらうと、ホンダフィットだと最低でも50万円のものしかありませんでした。

 

それだと諸費用込みで60万円以上になってしまいます。

 

「マーチやミラージュはありませんか」と尋ねると、画面に現れたのが「かわいい」マーチだったのです。

 

しかも17万9千円って安い!

 

娘も「よさそう」と直感したようだったので、「現車ありますか」「あります」ということで展示場へ移動しました。

 

そして車をみると、傷やへこみはそんなに目立たないし、色は地味だけどちょっとおしゃれだし、タイヤもまだまだ使えそうでした

 

娘が運転席に座ってみると、163センチの身長にジャストって感じで一気に「これ!」って感じになりました。

 

もしも半年後に不要となれば、息子がローンを引き継いで乗るという口約束も成立していました。

 

まあそれが不成立となったら娘が乗り続ければ良いだけの話ですし、ずっと乗っても良いっていう相性の良さも感じたみたいでしたからビンゴ!

 

車検を通してもらって、ナンバーを取ってもらい、登録してもらう費用が15万5千円、つまり総額33万4千円でした。

 

値切ろうかなと思いましたが、この価格で値切るのもな・・・と思っていると「4千円はサービスします」とのことで33万円ぴったりとなりました。

 

というわけで、月1万円のローンで車を手に入れるというミッションは完了したわけです。

 

任意保険が5万円、そして4月には自動車税34500円が来ますから40万円ほど借りるということで、月1万ボーナス月はプラス1万で1年間14万円。

 

ろうきんの利率2.7%ローンが利用できるので約3年で完済します。

 

1年で走る距離は最大で1万キロくらいなので、3年から5年くらいは車検とタイヤ交換意外には大きな出費のないまま乗れる可能性が大きいです。

 

中古車ショップさんは、最初にこういう車をすすめる事はありません。

 

恥ずかしくても、最初に予算をはっきり告げることが大切です。


スポンサーリンク


まとめ

 

以上、就職2年目の社会人が安く車を手に入れた実話でした。

 

私も金銭的援助をする方針はありませんが、知識や知恵の援助は惜しみません。

 

今回、一緒に行動して「経験・知識・知恵」が実生活でどれだけ役に立つか実感したと思います。

 

学歴や資格も大事ですが、無駄のない人生を送るにはそれ以外にも重要なファクターがあります。

 

それでは、長文にお付き合いいただきありがとうございました!

  • 2018 01.06
  • カーリースとシェアとローンだったらどれがいい?月1万円の車を購入してみた はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー