釣りバカ日誌のスーさん!三國連太郎が水平社宣言を読んだ理由は?

  • 釣りバカ日誌のスーさん!三國連太郎が水平社宣言を読んだ理由は? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

釣りバカ日誌のスーさんで有名な

故 三國連太郎さんが以前

水平社宣言を朗読したという話を聞いたことがあり

最近ふとそのことを思い出しました

 

なぜ水平社宣言を朗読したのか?

部落差別とは何か?

今回のテーマです。


スポンサーリンク


 

三國連太郎さん自身は

被差別部落の出身ではないそうですが

養父が出身者であることから

部落差別を無くす活動には情熱を持っていたようです

 

さて部落差別というのは

私から言わせれば「都市伝説」です

簡単に言うと江戸時代に

「えた・ひにん」と呼ばれた身分の人たちが住んでいた

というか住まわされていた集落に住んでいる人や

その集落出身の人を今も差別している問題です

 

ですので部落というのは集落と同じ意味の言葉です

現在60歳以上の人でしたら

町名や地名の後ろに部落をつけて

○○部落と呼んでいた記憶があると思います

 

現在は部落というワードは使われず

「○○地区」と言いますね

日本中どこへ行ってもそのようです

やはり部落という単語は差別につながるので

日本中で避けているということでしょう

 

部落という言葉にまったく問題はありません

それは集落をあらわす普通の日本語です

 

なぜ差別をするのか?

この理由は人それぞれですが

どれも全く根拠の無いものです

 

たとえば「異民族」説というものがあります

えた・ひにん身分の人は

大和民族(イコール日本人:まちがいですが)

ではないというものです

大和民族は多民族の混血です

江戸時代までは

他国からの民族が移動してきた

なんていうのはありません

鎌倉時代に元が攻めてきたのは

南宋の農民を移住させるためだった

とも言われていますが

まあ結局失敗しています

戦国時代にはポルトガルから宣教師が入っていますが

彼らはカトリックであり一生独身です

ただし 秀吉の朝鮮侵略の時

朝鮮人の焼き物職人を拉致して大勢連れてきています

佐賀県の有田焼など いくつかの窯は

その子孫が伝統をつないでおり

祖先が朝鮮人であることをオープンにしています

しかしその集落はえた・ひにん身分ではありません

つまり えた・ひにん身分の人たちが

違う民族である可能性は200%ありえないということです

 

なぜ そんな都市伝説が生まれたのかというと

えた・ひにんの起源がはっきりしないからです

しかしこれも変な話で 起源がわからないと言えば

武士だって起源はわかりません

しかし武士は異民族だった

という都市伝説は生まれませんね


スポンサーリンク

他の差別理由をあげると

「犯罪人の子孫」説があります

えた・ひにんは犯罪者が

罰として落とされた身分だというものです

これもありえません

犯罪者は遠島(えんとう)といって島流しです

重罪なら死罪です

だいたい塀もないところに

犯罪者を集住させるわけありませんよね

 

他には「奴隷」説があります

古代の日本にはヌヒという身分があった

という説が有力ですが

これは中世までに一度崩壊しています

だいたい 古代のヌヒは

高い身分の人間が各家庭や職場に持つ労働力であり

集まって住むわけがありません

 

そして極めつけは「人間ではなかった」説です

いやマジでいるんですよ そう思っている人が

 

これを信じている人は 南総里見八犬伝で

人と犬の子どもが生まれるストーリーがありますけど

信じちゃうんでしょうね

 

そういう人に いや人間の祖先は人間だから!

と言っても信じないでしょうね

しかし科学的にそれを証明する力は私にありません

 

では どんな人が えた・ひにんとなったか?

これはさっき書いたように不明です

江戸のひにんの一部は

飢饉などで故郷を捨てて江戸へ出てきた人

(住所不定:原則江戸時代は自由な引っ越し禁止なので)

をひにんとしたようですが

それにしても移住の原因は地方の失政です

 

というわけでえた・ひにんの起源は

武士の起源と同じで「なんとなく」だろうと言えます

といっても江戸時代までは

えた・ひにんは「職人の職業名」であったわけで

その職業は太鼓作りだったり

警備だったり芸能だったりですから

まあ手先が器用な人や体の強い人

表現力のある人たちが

身分が崩壊した時代を中心にして

その職業になっていったのではないでしょうか

 

それから起源にこだわるのでなく

現在「ガラの悪い人が多い」とか「犯罪発生率が高い」

といった差別理由を言う人がありますね

これってどうなんですかね

ガラの悪い人って 上品じゃない人の事ですか?

それってどんな集落にも一定の人数いるのでは?

全員がお上品な集落って一度見てみたいです

 

私は被差別部落出身者がたくさんありますけど

全然下品でないです

むしろ気い遣いです

そして 犯罪発生率が高いって どの資料ですか?

集落別犯罪者率なんて統計はありません

だいたい

犯罪者がいるからって

その集落の住人全員を差別するのは

変ですよね

というわけで

先入観とか偏見というものが

いかに事実をゆがめるかということですね

マスコミも被差別部落の人が絡んだ

飛鳥会の事件などをことさら大々的に報じたりして

「やっぱり被差別部落の人はろくなもんじゃない」

という偏見に乗じて発行部数をかせごうとしますね

 

芸能とか水平社宣言について書こうと思っていましたが

長くなったので次回にします


スポンサーリンク

  • 2017 01.26
  • 釣りバカ日誌のスーさん!三國連太郎が水平社宣言を読んだ理由は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー