羽生結弦のコーチの国籍は?指導方針やキム・ヨナとの関係まとめ

  • 羽生結弦のコーチの国籍は?指導方針やキム・ヨナとの関係まとめ はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

2017年4月1日、フィンランドの世界選手権で、フリーの世界最高記録を出して優勝した羽生結弦さん。美しくしかも切れのある演技に、いつもうっとり見とれてしまいます。来年のオリンピックの金メダル本命選手です。さて、フィギュアスケートでは、コーチの役割がとても大きいと言われています。今回は、羽生結弦さんのコーチについてまとめます。

(写真の引用元:wikipedia)


スポンサーリンク


ブライアンさんの経歴

羽生結弦さんのコーチ、ブライアン・オーサーさんは、1961年(S36)カナダ生まれの元フィギュアスケート銀メダリストです。カナダというのは、少年の遊びといえばホッケーです。もちろん普段はアイスじゃなくて公園やテニスコートなどの陸上ホッケーです。そしてカナダの人気スターは、アイスホッケーの選手です。

彼も当然ホッケーに夢中になりました。6歳の時に、女きょうだいと一緒に初めてスケートリンクへ連れて行かれ、フィギュアの練習を始めます。その2年後にスケートリンクで、ドナルド・ジャクソンに出会います。

ドナルドはカナダの英雄で、世界選手権の優勝者でした。しかも当時、世界で唯一人3回転ルッツ(後ろ向きに滑って踏み切るジャンプ)を飛べる選手でした。

その日から、ブライアンのアイドルは、ホッケー選手でなくドナルドになりました。そしてブライアンの母は、息子のためにコーチをつけました。そのコーチは「ダグ(ダグラス)・リー」といって、当時19歳でした。

ダグは9歳のブライアンに、すごい才能があることを見抜きました。カナダのジュニア選手権で2位の実力を持っていたダグでしたが、ブライアンのコーチになります。そしてブライアンがプロに転向するまで、ずっとコーチを続けます。

このダグは、コーチとしては世界的に有名になっていきます。日本人の本田武史さんも彼のコーチングを受けたことがあります。

ブライアンはダグのコーチでどんどん実力を伸ばします。そして18歳の時にトリプルアクセルを1つのプログラムの中で2回成功させます。これは当時、世界で初めてのことでした。その後ジュニアの大会を卒業しますが、当時のニックネームは「ミスター・トリプルアクセル」でした。今もカナダでは、そのニックネームで通用します。下は当時の写真です。(引用元: the official website of Brian Orser)

1980年代の彼は、フィギュア男子のスターでした。サラエボやカルガリーのオリンピックでは銀メダル世界選手権では優勝もしました。

その後プロスケーターを経て、2006年からコーチに専念するようになります。キム・ヨナさんを金メダリストに育てたのは彼です。その後、羽生結弦さんのコーチになり、今度は彼を金メダリストにしました。

ブライアンさんは、同性愛者であることを公表しており、男性のパートナーがいます。カナダは2005年に同姓婚が認められていますので、おそらく結婚もしているでしょう。ちなみに2017年現在、20以上の国で同姓婚は認められています。


スポンサーリンク


ブライアンさんの指導方針

過去のインタビューを英文で読むと、「二人のチャンピオンを育てた、しかも、今も進化させている、どうやって push しているのか?」という問いに対して彼は次のように言っています。

“You should do this.“ と言うよりも、選手に ownership を持たせること。

つまり「こうしなさい」でなく、オーナーシップが大切だ、ということです。オーナーシップは普通「所有権」と訳されますが、ここでは「人に言われてやっているのではなく、自分の意思でスケートをしているという意識」を指しています。

日本語には、それを一言でいう言葉が無いのですが、あえて近い言葉でいえば「当事者意識」でしょう。それにしても普段使われる単語ではありません。

羽生結弦さんが練習拠点をカナダにして、ブライアンさんのコーチを英語で受けたことで、日本によくある「指導」ではなく、「本人が自分で考えて改善・進化する」というオーナーシップを得たと言えます。

今回(2017年世界選手権)ヘルシンキでの優勝後のインタビューで羽生結弦さんは

(演技前の)6分間練習で既に脚に来ていてしんどいと思ったが、最後の調整がちょっとした体力につながったと思った。

(引用元:デイリースポーツオンライン)

と答えています。直前練習を自分の判断でセーブしたようです。

自分の体は自分が一番わかっている。どんな準備をするかも、コーチが決めるのではなく自分が決めるというオーナーシップが感じられます。


 

まとめ

前回のオリンピックでは、金メダリストだった羽生結弦さん。23歳という最も良い年齢で迎えるピョンチャンオリンピックも、金メダルを狙っていることでしょう。誰も超えたことの無い前人未到の域へ到達して欲しいですね。そのためにも、コーチのブライアンさんと良い関係を維持してもらいたいものです。


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです。

  • 2017 04.02
  • 羽生結弦のコーチの国籍は?指導方針やキム・ヨナとの関係まとめ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー