横浜DeNAのキャラクター名は何?あの怪獣グッズはどこで買えるの?

  • 横浜DeNAのキャラクター名は何?あの怪獣グッズはどこで買えるの? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

ボンジョルノ! ウッチーです!

 

ソフトバンクの3連勝で始まった2017年の日本シリーズ。 

 

あーやっぱりソフトバンク強いなーって私も職場で話してました。

 

同僚もやっぱり選手層がね・・などと応じていて、そこには6戦目しかも延長戦までもつれるという予想は全くありませんでした。

 

しかし私は数年前に横浜スタジアムへ(ワンオクのコンサートで)行った時に横浜DeNAの情熱を感じたので、この健闘はちょっと嬉しいです。

 

その情熱とは「市民球団でありたい」というものです。

 

今回はそんなベイスターズと市民をつなぐマスコットキャラクターについてまとめます。


スポンサーリンク


 

市民球団

 

街中にあるベイスターズの小旗や選手の顔が入った掲示物。

 

タイガースは地元の西宮市でそこまでしていませんからね。

 

なんとなく関西といえばタイガースっていう感じで、ピンポイントでここ!っていう地元はないんですよね。

 

 

まあもともと「大阪タイガース」だったのが「阪神タイガース」になって、本拠地は「兵庫県西宮市」っていうのがぼやけた理由でしょう。

 

広島の強さの1つは市民球団であるっていうのがあると思います。

 

だから中村奨成をドラフトでとれたっていうのもあります。

 

ファンとの距離が近い、そしてアツい。

 

そりゃ選手のモチベーションは上がりますよね。

 

自分のプレーがこの人たちを感動させるんだ、って実感できますから。


もともとは山口県

 

でも横浜DeNAってもともと「大洋ホエールズ」です。

 

60年くらい前の本拠地は山口県下関市だったのです。

 

その後大阪、そして神奈川県川崎市へ移転しました。

 

現在の横浜に来たのは1978年と比較的新しいのです。

 

 

まあでも40年たてば十分長いといえますね。

 

とくに球団名を横浜ベイスターズにしてからのイメージは大きく変わりました。

 

そのあとDeNAが入ったので、今も横浜ではDeNAと言わずにベイスターズっていいますよね。

 

チームカラーも海を意識したブルーになって、サッカーのマリノスとともに「青」と「横浜」のイメージは定着しました。


大魔神時代

 

そんな横浜ですが、昔はホントに弱小球団だったのです。

 

それが変わったのはやはり大魔神佐々木の存在です。

 

彼がメジャーに移籍するまえの数年間は本当に強かった記憶があります。

 

なんせ8回9回に佐々木が出てくると、ほぼ0点でしたからそこまでにリードしとかないと相手チームは勝てないわけです。

 

本当にとんでもない投手でしたね。

 

そして1998年には日本一になりました。

 

 

今年はその時以来、19年ぶりの日本一、まであと2勝だったのです。

 

今年もし日本一になっていたら筒香が今以上のスターになっていたでしょう。


スポンサーリンク


マスコット

 

そんなチームとファンをつないでいるのが二匹の怪獣で、名前はバート(BART)とチャピー(CHAPY)です。

 

大きい方がバート、小さい方がチャピーです。

 

バートは、怪力ですがぼーっとしているというモンスターです。一緒に横浜へやってきたチャピーを弟のようにかわいがっています。

 

リーゼントのカツラをかぶると突然パワーアップするのですが、これはプロ野球ファンなら理由がわかると思います。

 

 

そう、ハマの番長、三浦の髪形ですよね。

 

サッカーで横浜といえば中村俊輔、野球なら番長・三浦っていうのが常識でしょう。

 

まあ今は二人ともいないのですが・・・。


グッズを買うには

 

まず購入サイトはこちらです。

 

https://ec.baystars.co.jp/products/list.php?category_id=2869

 

でもやっぱり球場で買うのが一番良いですよね。

 

球場の外野側つまり横浜公園側にあるショップが「ベイストア・ガイヤ」、内野側にあるショップが「ベイストア・ナイヤ」です。

 

試合の無い日も月曜日以外は11:00~19:00オープンしています。

 

 

横浜観光のついでに寄ってみてはいかがでしょう。

 

試合のある日は、内野側4階のショップも営業します。

 

ベイストア両店もゲームセットから1時間後まで営業します。


横浜スタジアム

 

球場は甲子園とちがってスタンドの傾斜がゆるく、リラックスできる雰囲気です。

 

キャパもそんなに巨大ではないので、どの席からでも良く見えますし、球場の一体感があると(コンサートに行って)思いました。

 

神戸のほっともっとに似ている感じです。

 

時間があったら天気が良くて涼しい日のデーゲームを見てみたい気がします。

 

 

私は地元タイガースを応援していますが、市民球団大好き派なのでカープとベイスターズも好きです。

 

今年はセリーグのトップ3がその球団だったので良い年でした。

 

ちょっと雨のCSはかわいそうでしたけどね。


まとめ

 

それでは、ベイスターズのみなさんご苦労様でした。

 

2018年も応援します!タイガースの次に!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんなブログですが、毎晩更新していますので良かったらブックマークしてください!


スポンサーリンク

  • 2017 11.05
  • 横浜DeNAのキャラクター名は何?あの怪獣グッズはどこで買えるの? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー