平野歩夢の銀メダル採点基準は?平昌五輪で審判がジャッジした5項目とは?

  • 平野歩夢の銀メダル採点基準は?平昌五輪で審判がジャッジした5項目とは? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

Pocket

ピョンチャンオリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで

 

銀メダルを獲得した平野歩夢

 

前回15歳で臨んだソチオリンピックに続き

 

2大会連続の銀メダルです

 


スポンサーリンク


大きなプレッシャー

 

平野自身が世界で初めて成功させた

 

連続4回を2回目の演技で見事に決めてトップに立ちました

 

 

ここでアメリカのショーン・ホワイトに

 

大きなプレッシャーがかかったわけです

 

ホワイトは前回のソチオリンピックは4位でしたが

 

その前のオリンピックでは優勝

 

さらにその前のオリンピックも優勝と

 

スノーボード界では神様的存在です

 


平野とホワイト

 

現在の男子スノーボード界では平野とホワイトが

 

トップ2を形成していると言われています

 

このオリンピックも平野とホワイトの一騎打ち

 

という予想されていました

 

その予想通り一本目はホワイトが1位で

 

2本目は平野が1位でした

 

 

3本目のホワイトは平野を逆転するために

 

難易度の高い技を連続して決める必要がありました

 

しかも大きなミスは絶対に許されません

 

そうしないと金がとれないという

 

崖っぷち状態でした

 


採点基準

 

ハーフパイプの採点基準は以下の5項目です

 

1 ジャンプが高いかどうか

 

2 難しいトリック(技)をしたかどうか

 

3 そのトリックを美しくおこなったか

 

4 綺麗に着地したか

 

5 演技全体がカッコ良いか

 


見事な演技

 

 

プレッシャーの中アメリカのホワイトは見事な演技を見せました

 

ホワイトが最後の着地をした瞬間に平野は負けたことを確信したでしょう

 

平野のコメントも「負けた思った」というものでした

 

ホワイトのトリックはボードでなくブーツを掴んでいたという批判もありますが

 

それ以外は完璧で本当に感動しました


スポンサーリンク


10億円以上

 

 

ホワイトは過去に100点満点を2回出したことのある

 

スーパースノーボーダーです

 

スポンサー契約の総額は10億円以上と言われています

 

1億円以上の年収があるスノーボーダーはホワイトのみです

 

平野はとんでもない選手ですが

 

やはりまだ差があります

 

 

今回はブーツをつかんでいたということで97点台でしたが

 

見る者に与えた感動という点では

 

100点以上だったように思います

 

やはり31歳という年齢は多くの経験を積んでいて

 

演技の厚みを感じました


高さと着地の違い

 

19歳の平野は美しく高くかっこいい演技でしたが

 

感動という点ではやはりホワイトに及んでいませんでした

 

それを平野は「高さと着地の違い」とコメントしていました

 

私もその通りだと思います

 

 

 

しかしホワイトの年齢になるまでまだ12年もあります

 

つまりオリンピックを2回経験できるのです

 

平野がホワイトの年齢になった時

 

どんな演技を見せてくれるのか

 

本当に楽しみですね


スポンサーリンク

  • 2018 02.17
  • 平野歩夢の銀メダル採点基準は?平昌五輪で審判がジャッジした5項目とは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー