鶴ヶ城公園のお花見2017の見頃は?オムツ替えトイレはいくつある?

  • 鶴ヶ城公園のお花見2017の見頃は?オムツ替えトイレはいくつある? はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

Pocket

鶴が城というよりも会津若松城とか会津城といった方が全国的には有名かも知れません。なんといっても2013年、NHKの大河ドラマ「八重の桜」でブレークしました。

山本(新島)八重を演じたのが綾瀬はるかさんでした。

福島の復興にも一役買ったドラマでした。

参考→福島県の花見スポットはどこ?お城の歴史と桜が楽しめる場所は?


 鶴ヶ城公園(つるがじょうこうえん)

住所:福島県会津若松市追手町1-1

明治維新の直後には、江戸幕府へ忠誠を誓った会津藩の武士たちが、このお城に立てこもって新政府軍と戦いました。外から大砲を撃ち込まれ、進入してくる兵士を八重が得意の鉄砲で応戦したそうで、ドラマでもリアルに再現されていました。

その戦いでは、結局1カ月の攻撃に耐えました。傷んだお城は、やがて解体されます。現在のお城は1965年に再建されたものです。お城は当時のものではありませんが、地形や石垣は当時のものです。

公園へは24時間入れます。

お城に入れる時間はこちら→鶴ヶ城公園公式サイト


見頃は?

2017年4月13日現在、満開です。14日は20度を超える予報なのでお花見日和でしょう。見頃は15日、16日頃と予想されます。なお、鶴ヶ城さくらまつり2017は、5月7日まで開催されています。


駐車場について

駐車場のお得情報はこちらのサイトが詳しいです。参考→鶴ヶ城周辺の駐車場情報


オムツ替え

公園内に水洗の公衆トイレが5ヶ所あります。5ヶ所ともオムツ替えのできる多目的トイレがあります。


新島八重とは

「ならぬものはならぬのです」

会津の女性は強いな、と感じさせてくれる人です。旧姓は山本で、会津藩士の娘でした。山本家は砲術指南という仕事に就いており、大砲を打つ仕事でした。大砲といっても当時は短い臼のような大砲でした。

武士の家に生まれたら、武士の嫁になるのが仕事だった時代です。しかし彼女は、銃に魅せられます。若い時から銃の練習をして腕前を上げていきました。

20歳で結婚し川崎八重となります。八重が22歳の時、1967年に大政が奉還され、江戸幕府(徳川家)が権力を手放します。その後始まったのが、その権力を武士に取り返そうとした戦争です。1968年が戊の辰年だったため、戊辰戦争と呼ばれます。

白河の小峰城を新政府軍が占領し、次は会津が戦場になるとわかった時、会津藩士の妻や娘などは薙刀(なぎなた)部隊を作って戦いました。しかし、八重は新政府軍と戦うには銃の方が良いことを知っていました。しかし銃を扱えるのは男だけと決まっていたので、髪を切り、男装して戦ったのです。

白河小峰城について→白河小峰城のお花見は歴史と桜が楽しめる!おとめ桜とは何?

そして戦いに敗れました。夫は捕虜となったため、会えぬ人となります。その後、同志社大学創立者の新島襄(にいじま じょう)と再婚して新島八重となりました。


西郷一族自決

この時、会津藩と東北連合を統率していたのが西郷頼母近悳(さいごう たのもちかのり)です。かなり晩年の写真ですがこんな人です。戊辰戦争時は38歳でした。大河ドラマでは西田敏行さんが演じました。

(引用元:会津武家屋敷公式サイト)

彼、西郷は会津藩の家老でした。今でいえば市長というか、県知事というか、政治の責任者でした。もちろん最高責任者は大名ですが、日々の政治は家老がやっていたのです。

それに対して新政府軍を統率していたのが薩摩藩の西郷隆盛でした。戊辰戦争の会津戦は西郷VS西郷だったのです。


スポンサーリンク

 


会津藩の西郷は、「この戦いに勝ち目なし、和睦すべし」と幹部に提案します。しかし、全員死ぬまで戦うという思想に囚われた武士たちには通じず、軟弱者と批判されて司令官を辞め、戦場から去ります。

戦場から立ち去るなど、無責任で軽い人のように感じられますが、実は究極の選択をしていたのです。彼の家には、妹や妻や娘など城での戦いに参加せずにいた女性が21人いました。武士の妻は、敵に捕まるような恥ずかしい目に会うことはできないと教育された妻は、敵に侵入されるようなことがあれば自決すると全員に言い、辞世の句を書かせました。もちろん娘にも書かせました。そして、白装束に身を包み、小刀を用意して屏風をさかさまに立てました。それは、武家に伝わる覚悟の自決のならわしです。

夫の和睦案は却下され、会津から出て行きます。残された妻や娘たちがどうなるか、夫の西郷はわかっていたでしょう。新政府軍の兵士が屋敷に踏み込んだ時には、西郷の長女が虫の息で、残りは全員死んでいたそうです。

現在その家老屋敷は、「歴史感動ミュージアム 会津武家屋敷」として公開されています。修復はされていますが、当時のままの豪邸です。自決の部屋も公開されています。美しいろう人形で再現された心中の様子は見る人の心を打ちます。お城からは少し離れていますが、白虎隊の飯盛山(いいもりやま)とともに、ぜひ訪れたい場所です。

参考→感動ミュージアム 会津武家屋敷公式サイト


まとめ

140年前に日本人同士が戦争をしていた場所で、平和なお花見をするのも趣がありますね。天気が良ければ、青い空と白い壁にピンクの桜がマッチして、とてもきれいです。

(引用元:会津若松観光ビューロー公式サイト)

アクセス:磐越道会津若松インターから国道49号・118号経由約15分

福島県のお花見スポットまとめ記事はこちら→福島県の花見スポットはどこ?お城の歴史と桜が楽しめる場所は?

 


あなたはこの記事にどんな感想をお持ちになりましたか?

ぜひ一言コメントを残していってください!!

共感していただけたら下のツイッターアイコンや

フェイスブックの「いいね」を押して拡散していただけると嬉しいです

  • 2017 04.12
  • 鶴ヶ城公園のお花見2017の見頃は?オムツ替えトイレはいくつある? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー