24時間テレビ2017のランナーブルゾンちえみの現体重そして走る場所は?

  • 24時間テレビ2017のランナーブルゾンちえみの現体重そして走る場所は? はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

Pocket

なんと30回記念の24時間テレビはブルゾンちえみを走らせましたね。「告白」というテーマなのになぜ?と感じましたが、みなさんはどうですか。

特に太ったキャラで人気のブルゾンなので意外だった人も多かったのではないでしょうか。過去に太ったランナーはいませんでしたから。

今回はそんなブルゾンちえみについてまとめてみます。


スポンサーリンク


プロフィール

ブルゾンちえみは

・1990年生まれ、今年(2017年)27歳

・岡山市出身

・岡山の名門高校・大安寺卒

こちらはバリバリの進学校です。

・島根大学教育学部入学

・しかし3年で中退

・その後岡山で劇団に所属(20歳頃)

・その後大阪の音楽専門学校

・その後ワタナベコメディスクール

・ワタナベプロダクション所属の芸人としてデビュー

大学を中退したところが彼女のターニングポイントと言えますね。

 

 

関連→24時間テレビスペシャルドラマ2017のモデルになった阿久悠はどんな曲を書いた?


前日のブログ

彼女は24時間テレビの前日、ブログにこう書いています。

走るかもしれないし、走らないかもしれない!
私もまっっったくわからないので、
走るバージョンと、
走らないバージョンの荷造りをしたところです。
どっちだー!
とにかく、実感が湧くのは、ランナーの発表をされてからですね!
もし、ランナーになったら夜更かしは禁物なので、
早いですが、そろそろ寝ようと思います!

ランナーになったら夜更かし禁物って当たり前のようですが、それを行動に移せる人って偉いです。文章からは、「心と体の準備はできています」という雰囲気が感じられます。

おそらく、走るのならば距離はどれくらいかを知らされてはいたのでしょう。今日のスタート地点から考えれば武道館まで25キロ程度です。陸上のほんちゃんだったブルゾンなら現役のときより肥っていても3時間以内で走ってしまうでしょう。

ですからおそらく迂回を繰り返して40キロくらいは走るのではないでしょうか。スター時の彼女を見ましたが、以前70キロと言われていた体重は60キロくらいまで落ちている感じがしました。相当絞ったのでしょう。

 

 

関連→24時間テレビのチャリティパーソナリティーって何をするの?どのコーナー担当?


長距離選手

彼女は中高と陸上部でした。しかも長距離の選手です。そして総体ではなんと県で7位にはいっています。女子の3000メートルです。

参考→平成20年度岡山県高校総体陸上記録

3000メートルの上位は、都大路(全国高校駅伝)を狙う学校の陸上部員です。見てもらえばわかりますが、上位3人は私立の陸上強豪校で、4,5,6位は商業高校の選手です。そこに進学校の陸上部員が食い込むなんて奇跡です。とんでもない選手です。

そして引退後は、国立大学合格ですから文武両道っていうのはこういうことですね。


スポンサーリンク


島根大学

実は私の母校です。しかも学部も同じ教育学部です。何か偏差値が大したことないとかよくいわれますが、それはおそらく国立大学を受験したことのない人が言っているのでしょうね。

普通の公立中学でクラスに40人いるとして、クラスで3番以内でなければ島根大学の教育学部へは入れませんよ。まあ4番目や5番目でも可能性はあるでしょうけど苦しいでしょう。

まず受験科目数が私立大学の2倍ありますからね。私は関西大学の経済にも合格しましたが、私立は3科目ですから勉強量は比較になりません。想像でしかありませんが、私立の3科目に集中していたら関大より難関の私立大学へ合格した可能性もあります。

さて、そんな島根大学の教育学部ですが、卒業生の95%は教員になります。今はスポーツ推薦入試もあるので企業を目指す学生もいるでしょうが、国立大学の教育学部というところは前身が師範学校だけあって、100%教員養成虎の穴です。

 


3年で中退

ブルゾンは3年で中退したそうですが、これって本当に珍しいです。ごくたまに不登校みたいになって中退する学生はいますが、20人以上いた私の研究室の同期も全員卒業して企業へ行った人が2人であとは全員教員になりました。

2人のうち一人は私で、その私も結局教員に転職したのです。そんな教育学部を3年で中退する理由があるとすれば、「教育実習」です。全員が大学の付属小学校や中学校へ実習行くのです。

そこで、「この世界は自分のカテゴリーじゃない」と気づいたのでしょう。そりゃそうでしょう。あそこまで表現力のある人は大学にも付属にもいません。いや一般の学生に比べればずっと表現力のある学生が多いのです教育学部は。しかしブルゾンは別格です。

そして付属の子どもたちはすごく「良い子」です。ちょっとやんちゃな一般の公立中学にでも実習へ行っていればブルゾン的な先生は居場所があるかもしれません。しかし国立大学とその付属学校に彼女がフィットできる空間はなかったと思います。

 

関連→24時間テレビ2017のテーマは告白だからマラソンランナーは生田斗真?


走る場所

さて彼女が走っている場所は、多摩川沿いを中心にして川から逸れたりもどったりしています。今後もそのパターンを繰り返すのではないでしょうか。

そう考えると、川崎市を経由して東京に入り、武道館へと向かう可能性もあります。いずれにしてもキーワードは多摩川になりそうです


まとめ

国立大学の教育学部に入れば、まず間違いなく公立学校の教員になれます。まあ人によっては何回か採用試験に落ちる人もいますが、数年内に合格します。その後一生安定した生活が保障されます。

それをほぼつかんだ時に自分の感覚を信じて大学をやめた彼女をものすごく尊敬します。陸上でのとんでもない記録といい、センター試験を受けて国立に合格した能力といい、並みの人ではありません。

そして、その人生を応援した両親も偉いと思います。教員一家とのことですので、よくあるものとしては「世間体を気にする」という態度です。もしもそういう親御さんだったら大阪の音楽学校やワタナベコメディスクールの学費も出してもらえなかったでしょう。

今回、ブルゾンちえみの人生を調べてみて思いっきりファンになりました。後輩ですしね。ひょっとしたら、ゴール後に両親へ「感謝の告白」をするのでしょうか。だとしたら今年のテーマである「告白」に沿った最高のマラソンになりますね。


あなたはこの記事にどんな疑問や感想を持たれましたか。下のコメント欄へお気軽に入力してください。共感または納得していただけましたら下のツイッターまたはフェイスブックのアイコンをクリックして拡散していだだけると幸せです。

 

参考→24時間テレビスペシャルドラマ2017のモデルになった阿久悠はどんな曲を書いた?


スポンサーリンク

 

 

  • 2017 08.26
  • 24時間テレビ2017のランナーブルゾンちえみの現体重そして走る場所は? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー